【アニメ感想】アイドルタイム プリパラ 第45話「決戦!ゆいvsしゅうか」

 アイドルタイムプリパラの45話を見て感想を書きます。
 ガァララさんとの友情のために今までにない努力を見せるのが印象的でした。
 人のために一生懸命になることのできる彼女を尊敬せずにはいられません。

【内容】
 ガァララは眠りに落ち、しゅうかはゆいの不手際を責めて「頼りない」と一言。
 古代めがねはゆいとしゅうかが互いに壁であり、ライブ対決をして勝った方に「昼のコーデ」を与えると言い出します。
 一方、マスコットの方も五重塔のような試練を受けることになりました。

 ガァララが眠ってしまったことについて、その寂しさを理解するガァルルさん。
 しゅうかは自分が勝利してガァララを救い出す一方、らぁらは3つめのメガネを探し回ります。 
 ミーチルやにのはしゅうかには強力な夢があり、ゆいはそう簡単には勝てないと考えます。

 ゆいはあふれる夢を涙にして垂れ流して収拾が付かなくなっていました。
 ガァララが起きないことを心配するパックは涙を流し、しゅうかは必死の形相で練習を行います。
 そしてついにライブ対決の本戦が始まり、マスコットも塔の試練を突破します。

 先制のライブをするしゅうかには、「友達」であるガァララを救い出すという夢がありました。
 しゅうかは全力のライブで勝負に出て、神アイドルの姉ですらそのライブを絶賛します。
 対するゆいはどのように勝負に出るのでしょうか?

 兄であるショウゴは今のゆいでは勝てないのではないかと苦言を呈します。
 今までゆいに出会った人たちがみんな登場して彼女を励まします。
 仲間達の言葉に勇気をもらったゆいは小さな夢を集めて大きな夢にすればいいのではないかと気づきます。

 みんなが幸せなプリパラ、誰一人悲しむことのないプリパラを夢見るゆいがしゅうかを下して勝利を手にします。
 お兄さんにエスコートされてコーデを入手したゆいに、しゅうかも友情の握手を交わします。
 そして雪男が最後の古代メガネを出してきて、解読の結果「時の祠」の鍵が必要とのことですが……

 しゅうかは全財産で鍵を購入し、コーデを装備したゆい、にの、ミーチルにそれを託します。
 果たしてガァララを復活させるという奇跡を起こすことが出来るのでしょうか。

【考察等】
 3体1でようやく勝てたしゅうかさんは本作最大最強の壁ではないかと思われます。
 孤高を貫いていた彼女でしたが、友情を知り、そのために努力を惜しまない姿はもう一人の主人公かもしれません。
 これだけの人に努力を向けられるガァララさんがうらやましいと思う今日この頃です。
 
 しゅうかさんに押され気味だったゆいさんですが、彼女に救われた人は(私を含めて)とても多かったようです。
 仲間の夢をひとまとめにするさまはドラゴンボールの元気玉やドラクエのミナデインみたいな感じでしょうか。
 自分の夢だけでなくてみんなのことをも考えるその器の大きさは見事だとしか言いようがありません。

 次回は時間をさかのぼって重要アイテムを手に入れるお話のようです。
 彼女達の友情が時を超え、さらには奇跡を巻き起こすことを期待するばかりです。
 そして、最後はファララさんとガァララさんとの合同ライブを見てみたいなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイドルタイム プリパラ 第44話「みちるさまとお呼びなさい」

 アイドルタイムプリパラの44話を見て感想を書きます。
 にのさんに続き、今回はみちるさんが自分の壁を乗り越えます。
 某高木さんと同じテスト勉強のお話ですが、こちらも一筋縄ではいかないようです。

【内容】
 にのが壁を乗り越えたことで、やる気を出すみちるさん。
 一方、らぁらとゆいはメガネを探し回っていました。

 相変わらず妙なテンションで実験を続けるあろまさん。
 みちるの壁はあろまであることは明白ですが、肝心のみちるは無理だと走り去ります。
 そのあろま(とみかん)はテストの点数と(悪魔語の)回答そのものについて校長先生に怒られます。

 校長先生は追試で60点以上取れなければあろま達を追放すると言い出します。
 あろまは別の学園に行く気満々だったりしますが……
 一方、ガァララはあろまにツボを押されて無理やり起きていました。

 みちるは校長先生のコスプレをしてあろまとみかんに補習をします。
 みかんの方はなんとか言うことを聞かせますが、あろまは授業は必要ないと吐き捨てます。
 逆にあろまが「悪魔について」特別授業を始めてしまいました。

 あろまはあくまで「悪魔には必要がない」と言って去っていきました。
 みちるはあろまのポスターに怒る練習をし、イケメンにほめられます。
 最後の手段としてミーチルに変身することにしますが……

 悩めるみちるに対し、ミーチルはみちるとは一心同体だと告げます。
 魔王サタンに扮したみちるは壁越しにノートを投げつけますが、思い切りばれてしまいました。
 あろまは追放されるのならば追試を受ける必要すらないと言って立ち去ろうとします。

 ついにブチギレしたあろまは「逃げちゃダメ!」「追試を受けなさい!」と迫ります。
 パックはガァララのために女の子の夢を食べようとしますが、ヒツジに殴られてノックアウトされてしまいました。
 ガァララ本人に今度食べたら絶交と言われたパックはしょげてしまいます。

 あろまとみかんはテストに合格し、アボカド学園に残ることになりました。
 「みちるさまさま」というあろまの一言で、どうやらみちるは壁を越えることが出来たようです。
 その後はみちる(ミーチル)がライブをしてコーデを入手するのは規定路線でしょうか。

 ガァララはファララと面会して、大嫌いと言い残して眠ってしまいます。
 残りはゆいが壁を乗り越える番となりましたが……

【考察等】
 自分に自身がもてないみちるさんの性格は他人とは思えません。
 勉強を教えた経験も一応あるので、お勉強の苦労もなんとなくわかってしまいます。
 さすがに追試を受けた経験はありませんが……

 あろまさんの性格が性格だけに色々苦労させられるお話かと。
 おとなしい人を怒らせると一番怖いということなのかもしれません。
 色々ありながらも最後はちゃんとライブに行き着いたのでよかったです。

 次回はゆいさんのお話ですが、らぁらさんと戦うわけではありませんでした。
 それでもしゅうかさんと一対一での戦いは中々に厳しいと思います。
 ゆいさんがしゅうかさんに勝つために、何らかの秘策があるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイドルタイム プリパラ 第43話「燃えよにの」

 アイドルタイムプリパラの43話を見て感想を書きます。
 今後しばらくはそれぞれの試練を乗り越えるお話が続くことになるのでしょうか。
 しかし、シオンさんという壁は余りにも高いのかもしれません。

【内容】
 壁を乗り越えること、そして「獣」が鍵ではないかが判明します。
 しゅうかは太鼓を叩き、何が何でもガァララを眠らせないでおこうとします。
 ガァララはパックが夢を食べることをいさめ、代わりにコーヒー豆を食べさせます。

 みちるは聖なる獣はマスコットだと推測し、メガネがそれを正解と示します。
 あとは壁を乗り越えることでマスコットが聖なる獣として目覚めるのだとか。
 にのはシオンに再び勝負を仕掛けますが……

 レオナの提案でにのとシオンは「虚無僧勝負」をすることになりました。
 シオンは1000手の先を読む能力を持ち、ニノはその読みを超えることを考えます。
 今日中にシオンが頭につけた王冠を取ったらニノの勝ちということになりました。

 にのはシオンを狙いますが、中々彼女を捕らえることはできません。
 一方で、マスコットの方も「試練の塔」なるものを上ります。
 らぁらはもうひとつのメガネを探すことになりました。

 シオンはにのの行動を完全に読んでいました。
 にのは途中でおばあさんの荷物を持つことになりました。
 自然と体が動いたというにのに、シオンは彼女がとてつもない武器を持っていると告げます。

 ゲージがたまったシオンとにのはライブで勝負することになりました。
 2人はおそろいのコーデに身を包み、新曲でライブをはじめつつ王冠の取り合いを始めます。
 にのはシオンの読みを上回る「無我の境地」に至り、シオンの王冠を奪取することに成功します。

 シオンに勝利したにのはそのままソロライブを敢行します。
 スーパーアイドルタイムになり、イケメンにエスケーとされ手の甲にキスされ、コーデも入手します。
 にのに続いてゆいやみちるも試練を乗り越えることが出来るのでしょうか。

【考察等】
 タイトルどおりにのさんとシオンさんの対決となりました。
 シオンさんの囲碁で培った先読みは想像以上に強敵のようです。
 一方でマスコットさんもまた試練のときを迎えるとは思わなかったです。

 よくわからないうちにライブで勝負になるのはいつもどおりだと思います。
 アイドルアニメで「無我の境地」などという言葉が出るとは思いませんでしたが。
 流れが一部わからないものの、ライブの曲そのものはとてもよかったです。

 次回はみちるさんがあろまさんを乗り越えるお話のようです。
 そうなるとゆいさんの相手は神アイドルのらぁらさんということなのでしょうか。
 これらの試練を超えて、最後はハッピーエンドにいたることを願うばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイドルタイム プリパラ 第42話「ディア・マイ・トモダチ!」

 アイドルタイムプリパラの42話を見て感想を書きます。
 リアルでもアニメの世界でも、一番難しいのは人間関係なのかもしれません。
 ガァララさんもしゅうかさんとの出会いを通じて変わってきたように思えます。

【内容】
 自分のマイクが夢を奪う効果を持つことを知ったしゅうかさん。
 ガァララが自分をだましていたのではないかと感じ、彼女を拒否してしまいます。
 互いにすれ違う2人は一体どうなってしまうのでしょうか。

 古代めがねのレンズを探すゆい達は、ガァララに憤るしゅうかを発見します。
 しゅうかは一人でトップアイドルを目指すといいつつも、どこかで引っかかりを見せているようです。
 事情を知ったガァルルはガァララのほうが悪いのではないかと告げます。

 ガァララはしゅうかと一緒にいたいと思いますが、仲直りの方法がわかりません。
 ガァルルはガァルルには本当の気持ちを伝えるようにと告げる一方、ゆい達にも手伝ってほしいと告げます。
 ゆい達はガァララとしゅうかを仲直りさせようと考えますが……

 巨大な貯金箱にひそんでしゅうかに近づくゆい達。
 互いに惹かれあったのは孤独の中で努力してきたという共通点があったからなのでしょうか。
 自分を利用するのは許せないといいつつも、どうしても涙が止まりません。

 変装(?)がばれたらぁらとゆいは土下座をさせられてしまいます。
 あろま達はしゅうかとガァララを仲直りさせようと動いていたことを告白します。
 口では友達は不要と言い張るしゅうかですが、ミミ子に「自分に正直になれ」と言われます。

 引きこもって出てこなくなったしゅうかを前に、彼女の姉であるみあがライブを行います。
 神アイドルの一角である彼女のライブに世界中が注目することに。
 ガァルルは自分の経験からいくらでも失敗すればいいとガァララを説得します。

 みあのライブに周囲は騒然となり、ゆい達も感激に震えます。
 しゅうかとガァララはライブで勇気をもらい、互いに自分の気持ちを告白します。
 トモチケをパキることで互いの友情を確認しあうことが出来て何よりでした。

 しゅうかはガァララに夢を取ることをやめるようにと告げる一方で、自分の夢を食べるようにと告げます。
 ゆいはガァララとファララの2人が一緒に起きられるようにがんばることを誓います。
 そして、みあが拾ったガラスは2つ目の古代めがねのレンズであり、完成した古代めがねはチームで壁を乗り越えよとメッセージがなされるのでした。

【考察等】
 しゅうかさんとガァララさんには友情が芽生えていたのはまちがいないかと。
 衝突しても最後は仲直りできるのが本当の友達ということなのかもしれません。
 筆者には経験がないのでよくわからないのですが……

 しゅうかさんとガァララさんのすれ違いはなんだか胸を締め付けられるような感じがしました。
 そんなところに現れたみあさんの元気な姿に、アストルフォさんの姿が重なったのは私だけかと。
 見る人の心を動かすそのライブに、神アイドルは伊達ではなかったと感じます。

 いろいろありながらも最終的に2人が和解できたのは良かったです。
 壁を乗り越えることでみんなが幸せになる世界がやってくるのでしょうか。
 アニメの世界くらいはそんな理想的な情景が広がってもいいのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイドルタイム プリパラ 第41話「しゅうかとガァララ」

 アイドルタイムプリパラの41話を見て感想を書きます。
 孤高を貫くしゅうかさんでしたが、どうやら様相が異なってきたようです。
 友情のアンチテーゼとしてあえて1人で戦い抜いてほしいと思うのは私だけでしょうか。

【内容】
 しゅうかはガァララからもらった真っ黒なマイクを使ってライブを行います。
 ガァララはしゅうかのライブを賞賛し、しゅうかのマイクを通じて女の子達の夢が吸収されます。
 一方、ミーチルはダウジングによって古代メガネを見つけ出そうとします。

 しゅうかの親衛隊のはっぴが売り出され、商売人として成果を出すしゅうかさん。
 はっぴを売ることを考えたのはガァララで、気がつけばしゅうかとは妙な友情が芽生えつつありました。
 孤高を貫くと宣言するしゅうかに対し、お姉さんはぼっちはダメだと苦言を呈します。

 サインをねだられるしゅうかは快くそれを引き受けます。
 しゅうかのライブはますます勢いを増すとともに、ガァララがいつしか心の支えになっていました。
 一方で夢を吸われた女の子たちははっぴを捨てて去っていきました。

 しゅうかに感謝されたガァララはアイドルタイムがマックスになってしまいます。
 初めてのアイドルタイムに困惑するガァララは、自分がデビューすると聞いて唖然とします。
 ミーチルたちはダウジングを続けますが、見つかるものは全く関係のないアイテムでした。

 しゅうかは「友達」のガァララのためにコーデをプレゼントしました。
 ガァララのライブに周囲は賞賛を惜しまず、名前の似たガァルルも祝福します。
 ミーチルはカップラーメンを食べようとしますが、ふたを抑えるものがなかなか見つかりません。

 カップラーメンを抑えた物体は、実は古代めがねの片割れでした。
 ゆいは完成した古代めがねをかけますが、レンズが見つかりません。
 そして、気がつけばガァララのデビューライブが始まり、ゆいたちも見ることにしました。

 ガァララはライブの喜びを知る一方で、周辺の夢を奪っていきます。
 黒いマイクを使うと人の夢を奪うという事実を知ったしゅうかは愕然としてしまいます。
 自分が利用されていたかと感じたしゅうかは憤り、マイクを叩きつけて去っていくのでした。

【考察等】
 作中ではライバルとして描かれているしゅうかさん(とガァララさん)が中心のお話でした。
 友情とは真っ向から対立するものの、彼女の努力は見せないというスタイルは個人的に好きだったりします。
 孤高を貫くかと思っていた彼女ですが、人間は寂しさには勝てないということなのでしょうか。

 人に頼らない生き方をしてきたしゅうかさんは、どこか他人とは思えません。
 そんな彼女が「友達」と言う言葉を使う日が来るのは全く想定していませんでした。
 ガァララさんのライブもとても質の高い内容で、ご本人も楽しそうでよかったです。

 ライブの喜びを知ったガァララさんの一方、黒いマイクの秘密は余りにも重たかったです。
 しゅうかさんの尋常ではない怒りは、彼女がいかにガァララさんを信頼していたかの裏返しかと。
 果たして、今後2人が和解する流れになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム