【アニメ感想】桜高軽音部の集大成「映画 けいおん!」を見ました !

 年末で時間もあるので「けいおん!」の映画を見て感想を書きます。
 27話(番外編)でのパスポート取得が複線となったのか、映画は卒業旅行のお話となりました。
 筆者は海外渡航の経験がないのでちょっとうらやましいです。

【内容】
 あずにゃんが部室に向かうと、唯たち(先輩方)が取り付かれたように演奏をしていました。
 演奏が終わったと思ったら律は「放課後ティータイムの目指しているものはこんなものではない」と言い出します。
 どうやら「音楽性の違い」によってお別れの危機らしいのですが……

 唯と律は言い争いをはじめ、紬は「ちゃんちゃらおかしいわね」と一言。
 あずにゃんが曲を鳴らすと突然先輩方は演奏を始めます。
 結局は音楽的な対立はただのお遊びだったというオチだったのです。

 練習をするかと思えばお茶会をはじめる軽音部のみなさん。
 あずにゃんは「いい加減な部」だといいつつも、お紅茶がおいしくて反論は止まります。
 そのいい加減な3年生の先輩方はもう大学に合格して卒業を残すだけのようです。

 乾杯の場で、ちゃっかりとお茶会に混じるさわ子先生。
 1000回はお茶を飲んだという彼女たちは「留年しなければ」卒業とのことです。
 唯、律は留年の恐怖におののく一方で、学校が名残惜しいのもまた事実でした。

 「もしかして、先輩としての威厳がないのではないか」と考える唯さん。
 最後に先輩らしいことをしたいと何かを考えたようですが……
 とりあえずあずにゃんには秘密で何かを送ろうと思っているようです。

 憂によるとあずにゃんは唯たちが練習をしていないことを不満に思っているとのこと。
 一方で、あずにゃんが軽音部の話ばかりをしているということを聞いてちょっと安心します。
 「一緒に卒業してあげるのはどうか」といわれてちょっと本気にしてしまう唯なのでした。

 唯は紬と、律は澪と一緒に登校し、それぞれプレゼントのことを考えます。
 教室ではクラスメイトたちが卒業旅行のお話をしていました。
 律は「よそはよそ、うちはうち」と一旦は拒否しますが……

 放課後、いきなり気が変わった律は旅行に行きたいと言い出します。
 唯は一緒に卒業できればという憂の(冗談の)希望を述べると、そこにあずにゃんが入っていました。
 とりあえず、卒業旅行の話をしてお茶を濁すことになりました。

 旅行先について、ロンドン、温泉、ハワイなどの希望がいろいろ出されます。
 あみだくじの先には「ヨーロッパ」と書かれていましたが、結局は全部行き先はヨーロッパでした。
 結局はトンちゃんが指し示した先であるロンドンに行くことになりました。
 

続きを読む

【アニメ感想】輝く青春にあこがれて「けいおん!!(2期:全27話)」を見ました !

 今年の夏ごろに「けいおん!」の1期を見させていただきました。
 早々に2期も見る予定はあったモノの、秋アニメの予習など色々あってすっかりご無沙汰していたように思えます。
 少し時間に余裕が出てきて、年末にかけてけいおんの2期を見ましたので、感想を書こうと思います。

 お話を簡単に申せば、軽音楽部の女子高生の日常を描いたものでしょうか。
 きらら系の特徴である女の子同士の絡みと質の高い音楽が両立されたこの作品は、1期放送の時点でかなりのブームを呼び、めでたく2期が制作されたということらしいです。

 なお、数あるきらら系で2期まで放送された作品は
 ・ひだまりスケッチ
 ・けいおん
 ・ご注文はうさぎですか?(ごちうさ)
 ・きんいろモザイク(きんモザ)
 ・ニューゲーム
 であり、さらにゲーム化と映画化という条件に合致するのは、実はごちうさとけいおんだけだったりします。

 登場人物は1期からほぼ続投、リメイク作品でもないので出演声優さんも当然続投となります。
 ・唯さん…豊崎さん
 (超電磁砲の初春さん等)
 ・澪さん…日笠さん
 (シンフォギアのマリアさん等)
 ・律さん…佐藤聡美さん
 (氷菓のえるさん、ごちうさの千夜さん等)
 ・紬さん…寿さん
 (Aチャンネルのユー子さん等)
 ・梓さん…竹達さん
 (俺妹の桐乃さん等)

 1期は入学から2年生の2学期でしたが、2期は3年生の1学期からお話が始まり、1年を2クールで放送することとなっています。
 原作のストックがまったく足りないためにオリジナルの話がかなり多いらしいですが、それでも違和感なくまとまっているのは関係者の方々の尽力あってこそだと思い、改めて感謝申し上げます。

 日常系の面白さはもちろんのこと、音楽アニメとしても質が高くまとまっているのは京アニさんの実力を十分に示すものであり、後の「響け!ユーフォニアム(2期放送+映画化)」の原型ともいえるかもしれません。
 ラブライブやバンドリ、あるいはシンフォギアといった音楽系アニメの先駆者という位置づけももしかしたらできるのかもしれません。

 それでは全部のお話をまとめて、最後に「完走した感想」を書こうと思います。
 2クールということでかなりの長丁場になりますが、最後までしっかり着いていけるようがんばりたいです。

続きを読む

【アニメ感想】今更ながら、きらら系、バンド系、京アニの三拍子が揃った「けいおん!」を見ました!

 各方面から色々とおすすめされた「けいおん!」の1期を見ました。
 今年1月~3月に同じバンドを取り扱った「バンドリ」が放送されたあたりに、比較の意味を含めてみようと思っていたのですが、気がついたら半年近く経過していました。

 今冬の「バンドリ」「風夏」、春には「覆面系ノイズ」、夏には「天使の3P」とバンド関係を取り扱ったアニメは多いです。
 少し前の「Show by Rock」や「Angel Beats」もバンド系だったりします。
 音楽を扱ったアニメというのはいずれもレベルが高いと思うのは私だけでしょうか。

 初回からパンをくわえて登校するという王道展開で掴みはOKです。
 高校入学からスタートというのは後の「バンドリ」とも共通しますが、唯さんは初めからバンドをやろうとはしていなかったのはちょっと意外でした。
 成り行きからとはいえしっかりと練習をして上達するところは、部活ものとしてはしっかり王道していると思います。

 バンドとしての成功はもちろん大切な要素ですが「けいおん!」は部活ものであると同時に「きらら系」でもあり、女の子同士の絡みも見ていてほほえましいものを感じます。
 きらら系で部活ものといえば「ハナヤマタ(2017年7月1日~5日視聴)」がありますが非きらら系の「バンドリ」もろとも女子校設定を含めて近いところがあるのかもしれません。
 あと、所々お茶会(なお2期のタイトルに「お茶会!」があるもようです)をするところも上品な感じでちょっとあこがれてしまいます。

 あの「京アニ」さん製作ということもあり、楽器の音もとてもリアルに描写されているのも見逃せません。
 後の「響け!ユーフォニアム」のクオリティーの高さは、もしかしたらけいおんの経験が生きているのかもしれません。
 ユーフォのみならず氷菓、甘城ブリリアントパーク、無彩限のファントムワールド、小林さんちのメイドラゴンなど京アニ作品には名作が多いですが、これらに勝るとも劣らない出来ではないかと思います。

 あまり細かい内容に触れるとネタバレになるので、いつもどおり全話をまとめた後、完走した感想としてまとめようと思います。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム