【アニメ感想】神撃のバハムート-VIRGIN SOUL- 第24話(終)「Run,Nina,Run」

 神撃のバハムート2期の最終回を見て感想を書きます。
 1期からの「腐れ縁」ともいえるカイザルさんの死に、序盤から涙が止まりませんでした。
 アーミラさんのことがあっただけに、ニーナさんと王様には幸せになってほしいなと思います。

【内容】
 ついに出現したバハムートの強大な力に人々は騒然としてしまいます。
 王様をかばったカイザルは、王に「真の安寧」を求めて息を引き取ってしまいます。
 ニーナはバハムートの生み出した惨状を前に、皆を助けるために前に進んだ亡き父のことを思い出します。

 ファバロは10年前(1期)に世界のために守るべき女性(アーミラ)を犠牲にしたことを告げます。
 ニーナは「あの人」を選ぶと告げ、ファバロはそんな彼女に対して「ぶちかましてやれ!」と後押しするのでした。
 一方、王様はバハムート撃退後に生きていたら、自分を好きにしても構わないとジャンヌたちに告げます。

 強大な力を持つバハムートの前に、再び神と悪魔が共闘することとなりました。
 ニーナはドラゴンに変身して王様の下を目指しますが、その王様は禁断の兵器を動かそうとしていました。
 裸で抱きついたニーナは「貴方が命を捧げるなら、私もいっしょに捧げる!」と告げ、共同作業で兵器を発動します。

 討ち果たされたバハムートの姿に、ふとアーミラを思い出すファバロさん。
 ニーナはアーミラに抱きしめられどうやら現世に戻ってきたようです。
 その様子を見たファバロは、彼女を「自慢の弟子」だとつぶやきます。

 平和に戻った世界で、今日はニーナが王都を勢いよくはしっていきます。
 王様は目が見えなくなりながらもまだ王様を続けているとのこと。
 悪魔との関係も奴隷制度がなくなったようで、若干の改善を見たようで何よりです。
 ジャンヌはエルの墓を参り、同席したアザゼルはどこかにいってしまったようですが……

 勝利の代償として、ニーナは声を失っていました。
 一同の前に現れたソフィエルはどうやらバッカスのことが気になるようです。

 盛り上がった中で現われたファバロは王都から旅立つことを告げます。
 ニーナはバハムートの光の中で1人の女性(アーミラ)に出会ったことを告げます。
 彼女からのメッセージに思わず涙を流すファバロなのでした。

 目が見えなくなった王様とともにダンスを踊るニーナさん。
 バハムートはまだ死んではいないと感じていたファバロは旅を続けます。
 一方で、リタはゾンビとなったカイザルを従えてそれを見守っていたのでした。

【考察等】
 ソシャゲ原作の中では群を抜く形で1期の出来が良かったので2期も当然のように視聴しました。
 毎回の作画のよさも、ストーリーの秀逸さもますますパワーアップしていてよかったです。
 一方で、エルくんを初めとする終盤の相次ぐ離脱、そしてカイザルさんの死には衝撃を受けました。

 1期から持越しとなったバハムートとの決着は見事についたようで何よりです。
 しかし、その犠牲は果てしなく大きいものでした。
 初めはファバロさんを追いかける人だったカイザルさんに、今はここまで肩入れすることになるとは思わなかったです。

 カイザルさんがリタさんによってゾンビになるのはなんとなく予感はありました。
 それだけリタさんもカイザルさんに思いいれが強かったのだと思います。
 しかし、意志のないその姿を見て、彼が生きているとは思えないところにむなしさを感じますが。
 一方で、同じく犠牲となったエルさんのお墓参りをするジャンヌさんとアザゼルさんは夫婦にしか見えません。

 ニーナさんは声を失い、王様は両目が見えなくなってしまいました。
 私は王様がけじめを取る形で退位してニーナさんとひっそりと暮らすのではないかと思っていましたがそれはなかったようです。
 それでもダンスを踊れるだけ、アーミラさんと引き裂かれたファバロさんよりは救いがあるラストだったと思います。

 まだまだ過大は山積みのようですが、悪魔たちの奴隷状態が解放されたので前には進んでいるようです。
 できればニーナさんと王様との関係も、少しずつ前に進んでほしいなと思う今日この頃です。
 そして、できることならば3期の放送とグランブルーファンタジー2期の放送をお願いしたいなと思います。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】神撃のバハムート-VIRGIN SOUL- 第23話「Rise of the Nightmare」

 神撃のバハムート2期の23話を見て感想を書きます。
 人間、神に加えて悪魔も登場し、最終決戦にふさわしい混戦となってきました。
 バハムートに対する3種族の共闘、そしてアーミラさん再登場の展開を期待します。

【内容】
 ジャンヌたちは王城を制圧したころ、これまで沈黙を守っていた悪魔もまた動き始めます。
 アザゼルが満を持して出撃し、ジャンヌは黒い兵士(漆黒兵)たちと戦うことになりました。
 カイザルは無用な殺しを止めようと「不殺」の戦いをはじめ、ディアスはアレサンドの元へ向かいます。

 「何故(エルを)殺した」と問い詰めるディアスに土下座するアレサンドさん。
 そうかと思えば彼は、油断したディアスをナイフで突き刺しますが止められてしまいます。
 一方で、ジャンヌとアザゼルは共闘して漆黒兵と戦うこととなりました。

 追い込まれたアレサンドは貧民の子供を抱きしめますが、彼に突き刺されて命を落とすことになりました。
 元部下の死に思うところのあるディアスをよそに、エルのなきがらに別れを告げたリタはどこかへと向かいます。
 そして、もう一度王様に会いたいというニーナはバッカスにスピードを上げるようにと指示します。

 追い込まれた人間側ですが、国王の帰還に勢いを取り戻します。
 漆黒兵は鎧を脱いで死を覚悟してジャンヌたちの前に立ちはだかります。
 カイザルはリタと合流し、リタはゾンビで即席の橋を作って先に進むことになりました。

 限界を超えた力で立ちはだかる漆黒兵ですが、アザゼルとジャンヌの前には無力でした。
 王様が今度は2人と戦いますが、そこにニーナやカイザルが再び現われ、カイザルは王様をかばい、その光景を見た「戦友」のファバロは愕然とします。
 そして、ついに彼らの前に復活したバハムートが現われるのでした。

【考察等】
 人間、神、悪魔が入り乱れる迫力の最終決戦に、お話も終盤だと感じます。
 元々定評の合った戦闘シーンはますます磨きがかかったと思うのは私だけでしょうか。
 ソシャゲ原作のアニメの中で、ここまでのクオリティーを出した作品を私は他に知りません。

 終盤だけにキャラクターの退場が相次ぐのはお約束でしょうか。
 アレサンドさんは自業自得のような気もしますが、ディアスさんの涙にもらい泣きしてしまいました。
 漆黒兵さんはああなることが必然だったのかもしれません。
 そして、1期から継続出演だったカイザルさんが王様をかばう展開はまったく読めませんでした。

 最後に登場したバハムートさんを前に、ついに最後の戦いが始まったような気がします。
 カイザルさんは生きていてほしいと思う一方で、彼の行為が3種族の共闘の鍵になるのでしょうか。
 ご都合主義ではありますが、アーミラさん再登場を期待して、来週(恐らく最終回)を待とうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】神撃のバハムート-VIRGIN SOUL- 第22話「Which Way Is the Wind Blowing?」

 神撃のバハムート2期の22話を見て感想を書きます。
 エルさんの死からいよいよ最終決戦の火蓋が切って落とされます。
 ニーナさんと王様の恋物語は果たしてどんな結末に至るのでしょうか。

【内容】
 王様に会うためにエイボスへと向かうニーナたち。
 ファバロは馬車の中で、10年前(アーミラのこと)を思い出します。
 一方、王様は「大陸の半分が消し飛ぶ」と言われる兵器を使おうとしていました。

 「虐げられた者」たちを集めたジャンヌは、息子を奪われたことを告白しつつ勝利を宣言します。
 戦争を前にして人々は避難し、王都では黒騎士たちが体に限界を感じていました。
 なおかつ、臨時の指揮官がアレサンドであることで兵士達に不安が広がります。

 ジャンヌの前に立つカイザルたちは、エルの殺害がアレサンドの単独犯であると告げます。
 進軍を止めるようにと進言しますが、彼女は「エルを失ったことは事実」と聞く耳を持ちません。
 ジャンヌの陣頭指揮のもと、王国との戦いが本格的に始まります。

 エイボスを目指すニーナたちは、中心に王様の気配を感じます。
 ファバロと突入した彼女は王様本人と対峙し、ファバロは王様がバハムートと絡んでいることを指摘します。
 王様を組み伏せたニーナですが、彼女には彼の腕を切って腕輪を奪うことが出来ません。

 王様がやろうとしていたことはバハムートの復活ではなくその「逆」である討伐なのだとか。
 バハムート復活の黒幕である悪魔の隠し部屋を見つけた人々は強力な王のもとで討伐計画を進めたとのこと。
 「目的には代償が必要と語る」王様は優しいまなざしで「邪魔をしないでくれ」と語り、ファバロは、ニーナの暗殺命令やエルの殺害が王様の命令ではないことを指摘します。

 装置が動き出し、王様は科学者らしい老人と立ち去ります。
 ニーナは師匠であるファバロとともに脱出を図り、バッカスの馬車へと飛び乗ります。
 そして、復活したバハムートが一同の前に姿を表します。

【考察等】
 この時期になるとどのアニメも最終回が近くなってきたような気がします。
 2期にわたるお話の結末はどのようになるのか、まったく想像がつきません。
 冒頭でファバロさんが回想していたアーミラさんがすごく気になります。

 エルさんを失ったジャンヌさんの悲しみが以下に深いかは想像に難くないです。
 彼女を止めるにはエルさんの復活でもない限り厳しいと思うのですが、さすがにそこまでのご都合主義は難しいでしょうか。
 なお、ニーナさんが王様の腕輪を奪えなかったことは彼女の恋心から想定内でした。

 王様がバハムート討伐を目指していたという事実も、そして1期で封印されたバハムートさんが復活したことも驚きでした。
 1期ラストのアーミラさんのことを思い起こせば、彼女の再登場ももしかしたらありえるのかもしれません。
 そして、今回まったく出てこなかった悪魔の皆さんがどう動くのかもしっかり注目したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】神撃のバハムート-VIRGIN SOUL- 第21話「Vengeance」

 神撃のバハムート2期の21話を見て感想を書きます。
 前回の衝撃のラストには驚き、そしてショックを受けてしまいました。
 このまま三者三様が入り乱れる最終決戦へと移行するのでしょうか。

【内容】
 「隊に入れるほどの価値はない」と言われたアレサンドさん。
 彼は実績を作るためにエルに刃を突き立てます。
 そんな彼に不信感を抱いたファバロは、近くで血を流して倒れるエルを見つけます。

 急遽、リタによるエルの手術が行われます。
 しかし、彼の命を救うことは出来なかったようです。
 泣き崩れるジャンヌと無言で涙を流すアザゼルが印象に残ります。

 エルの殺害に関して、王の犬であるカイザルの元部下を疑うアザゼルさん。
 ファバロは冷静にアレサンドがエルを殺したことを告げます。
 「ぶっ殺してやる」と憤るアザゼルに対し、ジャンヌは無言で神界へと戻っていきました。

 「聖なる子供を殺した」と報告するアレサンドさん。
 そんな彼に黒騎士は、自分達の「命を捧げる」という過酷な現実を見せ付けます。
 アレサンドが何を考えているのか理解できなかったと語る元上司のカイザルさん。

 王は城を空けて「エイボス」という場所へと向かったとのこと。
 アレサンドはエルを刺した腕が激しく震えていました。
 一方、ニーナは悲しいことが続き、おかしくなったのかもしれないとつぶやきます。

 神界にもどったジャンヌは、エルが殺されたと告げ、王の討伐を進言します。
 アザゼルはルシフェルの前に現れ、ジャンヌの反逆を告げて戦争の遂行を求めます。
 静観を決め込むルシフェルにアザゼルは「生きる為に動き始めるのは今」と迫ります。

 掃除を続けていたニーナは、かつてエルに着せた服を見て、思い出して泣き出してしまいます。
 号泣したニーナに、ファバロは本当のことは何もわからないと告げます。
 あの人がこれ以上大切な人の命を奪うことは止めると宣言したニーナは、何を思うのでしょうか。

 ジャンヌは虐げられた人々に王に対する「反逆」を扇動し、アザゼルら悪魔もまた動き始めます。
 余談を許さない状況に、ニーナたちは王の待つルイボスへと向かうことを決意するのでした。

【考察等】
 エルさんが助かってほしいとそう願ったものの、その思いは無残に打ち砕かれてしまいました。
 ただ泣き崩れるジャンヌさんと、無言で涙を流すアザゼルさんが対照的でした。
 そして、ニーナさんの泣き出すところで、思い切りもらい泣きしてしまったのは内緒です。

 前回の衝撃のラスト、ある一人の凶行が、最終決戦の火蓋を切ってしまったようです。
 大規模な戦いの裏にあるのは、一人の少年の弔い合戦の様相でしょうか。
 やりきれない思いをどこかにぶつけるしかないという状況であり、亡くなった本人がそのことを望んでいるかどうかは二の次なのかもしれません。

 ますます混迷を深めるこのお話が行き着くところは一体どこなのでしょうか。
 ニーナさんが再び王様にあったとき、なにか一つの新たな道がひらかれることを期待せずにはいられません。
 とりあえず最後まで完走できるよう努力したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】神撃のバハムート-VIRGIN SOUL- 第20話「From Heaven to Hell」

 神撃のバハムートの2期20話を見て感想を書きます。
 冒頭からの大塚明夫さんのお声に強キャラの気配がぷんぷんします。
 弟子を守ろうとするファバロさんとカイザルさんのコンビがいい感じです。

【内容】
 謎の男に自身の混血を馬鹿にされたニーナは竜に変身します。
 しかし彼女の前に立ちはだかったのはさらに巨大な竜の姿でした。
 一方、エルと対面したジャンヌたちにアザゼルは彼を返そうとしますが……

 より巨大なドラゴンの前になすすべのないニーナさん。
 黒騎士はニーナにとどめを刺そうとしますが、ファバロは王様が彼女を気に入っていると一言。
 しかし、国王自身が自らの殺害を命じたと聞いたニーナに動揺が広がります。

 ファバロとカイザルは戦闘を開始し、そこにエルやジャンヌが合流します。 
 ソフィエルとアザゼルは言い争いしつつもドラゴンと戦い、それを退けることに。
 この世界でも、ドラゴンタイプにはこおりタイプが効果抜群だったようです。

 ニーナを回収したファバロたちはソフィエルたちを連れて撤退することになりました。
 ソフィエルによると、王様の使った兵器は神や悪魔の現れる以前の技術で生み出されて封印された「負の遺産」とのこと。
 エルを連れ帰ろうとするソフィエルに対して、彼は自らの使命があると反論します。

 バッカスに説得されたエルは母親と神界にもどることを決意します。
 エルはしっかりお別れをしたいと語り、ニーナは恋破れた傷心のあまり怒りをあらわにしていました。
 一方、黒騎士と対面した王様は「あそこの封印を解く」と新たな動きを見せます。

 ジャンヌはソフィエルらと共に神界へと向かいます。
 「ムガロという名も覚えていてくれ」と語るアザゼルに、エルは大粒の涙を流します。
 そして、エルはこのまま神界に戻っていくようですが……

【考察等】
 お声から大物感丸出しの男性でしたが、まさか竜に変身するとは思いませんでした。
 彼の正体がニーナさんのお父さんという声も一部のフォロワーさんから聞かれましたが、実際はどうなのでしょうか。
 そして、強大なドラゴンがこおりに弱いのは、ポケモンの世界と同様なのかもしれません。

 エルさんに生まれてきた理由は母親だけだと語るバッカスさんの言葉が良かったです。
 一番お世話になったアザゼルさんの寂しげな背中もとても印象的でした。
 一方で、恋敗れたニーナさんの涙を見るのが、声優さんの演技も相なってみていてつらいです。

 私情を捨てた王様はどうやら新たな動きを見せるようです。
 エンディングでニーナさんとダンスを踊る彼を見て、最終的に結ばれてほしいと思うところです。
 そしてアレサンド(?)さんがエルさんを刺した真相が、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム