【アニメ感想】クロックワーク・プラネット 第12話「終焉機動(スティール・ウェイト)」

 クロプラ最終回を見て感想を書きます。
 最後は駆け足ながらもきちんと一区切りついた終わり方でした。
 マリーさんともすっかりいいカップルになって素敵です。

【内容】
 謎の踊りによる共同作業で次々と天御柱を再構築するナオトとマリー。
 一方、アンクルは全力でヤツカハギに攻撃を開始し、ヴァイネイたちは戦闘を続けます。

 限界が近づきながらも果敢に攻撃を仕掛けるアンクルちゃん。
 致命的なダメージを受けながらもナオト、マリーは諦める気配はないようです。
 自らの勝利を確信するゲンナイに、「主語がでかい」と反論する2人でした。

 アンクルの攻撃によりヤツカハギは一旦主砲を停止しますが、凶弾に倒れてしまいます。
 人間の勝ちだと豪語するゲンナイに対し、ナオトとのデートを思い出すアンクルちゃん。
 死を覚悟したアンクルを救ったのは、その姉であるリューズでした。

 ナオトたちは天御柱の再構築を終え、上昇気流を利用してアンクルの元へと向かいます。
 自分自身にも勝てなかったとゲンナイを酷評するリューズさん。
 彼は自分自身の人間観を言い残して、ヤツカハギと運命を共にします。

 ボロボロの体ながらも意識を取り戻したアンクルに、胸を張って褒めてほしいと言うようにと命じるナオトさん。
 アンクルを抱きしめて涙を流すマリーなのでした。
 そしてナオトたちは船でどこかへと旅立っていきました。

 すっかりとだめ親になってしまったナオトとマリー。
 彼らを狙って大規模な艦隊が展開します。
 星を救うための、彼らの戦いはこれからなのでしょうか。

【考察等】
 共同作業はなかなかシュールながらもしっかりと仕事をこなしたナオトさん達が素敵です。
 アンクルちゃんに対して、すっかり親ばかになったマリーさんがほほえましく思います。
 最後は思わずもらい泣きしたのは私だけではないかと。

 原作ありではどうしても最後までやりきれないのは仕方ないのでしょうか。
 最後までラブコメ風味になるところはクロプラらしくていいなと思います。
 1年くらい後でいいので、できれば2期があることを期待します。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クロックワーク・プラネット 第11話「天才の理論(セオリー・オブ・Y)」

 クロプラ11話を見て感想を書きます。
 続く急展開に、お話はクライマックスに向かっていることを暗示させます。
 ラブコメ成分は控えめに、ナオトさんとマリーさんのコンビが光ります。

【内容】
 軍が殿下を奪還すべく行動を起こし、ヴァイネイたちが対応に追われます。
 一方、ナオトはその殿下と面談し、目的を達するためにはパージしたほうが良かったのではないかと言われます。
 ナオトは「フェア」な方と評価する殿下に、珍しく褒めるリューズさん。

 ヤツカハギを統べる閣下(ゲンナイ)は、ナオトとどうやら知り合いのようです。
 彼は「Y」という天才と彼の作りだしたシステムに挑もうとしてしました。
 一方、何かに気づいたナオトはマリーに気象操作を命じますが、間に合わないことが判明します。

 放たれた主砲によって「天御柱」はあっさりと破壊されてしまいます。
 クーデターはどうでもいいと語るゲンナイは、どうやらYしか見えていないようです。
 歯車そのものの消滅に、すっかり意気消沈するナオトさん。

 自分がナオトにすがっていただけだと戦意を失うマリーさん。
 アンクルはナオトの命令を聞かずに自ら飛び出していってしまいます。
 「正しくて間違っている」とマリーに言い残してリューズはアンクルを追いかけます。

 「その才能を俺にくれ」と涙を流すナオトに、マリーは肉体言語で語りかけます。
 2人ならできると豪語し、再びやる気を取り戻します。
 前提となる歯車技術「1000年の研鑽」は間違っていたと語るマリーは、ナオトに「特別授業」を始めます。

 分解してさかのぼるナオトに、状況から答えを導き出すマリーさん。
 歯車が欠けてもどうしてこの星は動いているのかという結論に至る2人は新しい歯車を生成していきます。
 一方、アンクルはぬいぐるみをリューズに渡し、その本気を見せるときがきたようです。

【考察等】
 ラストが近づいてシリアス展開が続きます。
 さすがのナオトさんも今回はリューズさんやアンクルさんとのラブコメはお預けのようです。
 一方で、マリーさんの才能をうらやみ自分の思いをぶつけるところからの流れはとてもよかったと思います。

 回想シーン以外での接点がなかったゲンナイさんの声を聞いたナオトさん。
 クーデターなんてどうでもいいというこのおじいさんは、結局はYさんへの対抗意識だけで動いていたのでしょうか。
 いきなりの御柱の破壊に驚いたのは私だけではないかと。 

 すっかり諦めの表情を示すマリーさんに語りかけるナオトさんはまさに主人公の顔でした。
 彼の歯車の声を聞くのが才能なら、彼の言葉を聞いてそれについていけるマリーさんも一つの才能だと思われます。
 歯車を作り出す2人の「共同作業」に思わず胸が高鳴ってしまいました。

 御柱の修復が進む一方で、飛び出していったアンクルさんの行方が気になります。
 次回あたりで事態を解決して、平和な中で、あきれるばかりのラブコメを見られることを期待するばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クロックワーク・プラネット 第10話「自動人形を繋ぐもの(プログレッサー)」

 クロプラ10話を見て感想を書きます。
 マリーさんとヴァイネイさんが再会できてなによりでした。
 リューズさんたちはもちろん、女の子の体になったベルモットさんも楽しそうで何よりです。

【内容】
 ナオトの提案により「天御柱」を奪取するため、戦闘を開始したリューズたち。
 兵器とヴァイネイをつなぐという無茶な発想を実現するために各自奮闘を開始します。
 女の子の体になったベルモットさんも意外と楽しそうで何よりです。

 重層型オートマタ「玄武」を確保し、ヴァイネイとの接続を図るマリーさん。
 仲間が敵の増援を食い止める中、彼女は決死の戦いを始めます。
 その人間離れの動きに「あれが天才」とナオトさん。

 音速を超える砲弾を察知したマリーの呼び声に応え、新たな体で復活を果たしたヴァイネイさん。
 「誰も殺さずに」敵を殲滅するという一件無茶に見える指示もあっさりとこなしてしまいます。
 あっさり天御柱を奪取したノリノリのナオトは「殿下」なる女性に首都圏からの対比を指示させます。

 日本政府は「トールワント」なる兵器を使用すると聞いたマリーさん。
 ヤツカハギをとめようとするマリーに対して、リューズさんの膝枕を堪能するナオトさんはある意味平常運転かもしれません。
 なお、殿下とマリーは欧州留学時の知り合いなのだとか。

 マリーはラブコメを始めるナオトを「やるときはやる」奴と評価します。
 音だけで「天御柱」の状態を把握した彼は安全保障上害悪であると語る「殿下」。
 そんな彼女にあっさりとリューズは刃を向けます。

 自分が出来ることをするとマリーは作業を開始しますが、アンクルとの関係も改善されて何よりでした。
 一方、ナオトと2人きりになったリューズはナオトの火傷に「合わせる顔がない」と一言。
 これが「罰」だと結婚指輪を渡すナオトに、まんざらでもないリューズさんが可愛いです。

【考察等】
 何はともあれヴァイネイさん復活おめでとうございます。
 あっさり目的を達したかと思えば、ラブコメを始める彼はある意味大物かもしれません。
 ベルモットさんの楽しそうな戦闘も見ていて中々楽しかったです。

 それぞれが出来ることをするというナオトさんとマリーさんの関係もいいなと思います。
 ナオトさんのできること=ラブコメというイメージがどうしても付いて回りますが。
 毒舌を交えつつも指輪をもらってまんざらでもないリューズさんが可愛いです。

 次回もまたヤツカハギさん関連のお話が続きそうです。
 1クールだとしたらここで終わってしまうのでしょうか。
 できれば分割を含めて2クールくらいやってほしいと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クロックワーク・プラネット 第9話「空前絶後の犯罪(クリミナル・アクト)」

 クロプラ9話を見て感想を書きます。
 冒頭からコンラット先生の元気さに驚きを隠せません。
 緊急事態なのに買い物デートをするナオトさんはやはり大物なのかもしれません。

【内容】
 上野にてコンラット先生と合流するナオトたちですが、彼は色々な意味で元気なようで何よりです。
 オートマタの闇市場である現地にとりあえずリューズとヴァイネイを置き、彼らの無事を祈るナオトたち。
 女性の体で復活したベルモット(ロボット)さんに突っ込みどころ満載です。

 首相官邸では「ヤツカハギ」に対して大量破壊兵器を使用するとあっさりと決定してしまいます。
 今回の騒動は政権奪取のためのクーデターであると一言。
 時計技術と電磁技術の複合である兵器を使って、彼らは何を始めようというのでしょうか。

 緊急事態の中「やれることをやりにいく」とその場を後にするナオトさん。
 彼のやりたいことはネコミミ女装に買い物デートだったようです。
 自分の女装に萌えるナオト「お父さん」に対して若干ネグレクトぶりのマリー「お母さん」なのでした。

 すっかりデートを楽しむナオト、アンクルに対して、緊急事態に深刻な面持ちのマリーさん。
 命令がほしいというアンクルに、マリーは「兵器」である彼女にヤツカハギを破壊しろと一言。
 そんな彼女に、ナオトは「小さい子」に全部任せるのはどうなのかと反論します。

 口げんかをしつつも、やるときはやる奴だとマリーを認めるナオトさん。
 超人的な仕事でリューズを直すマリーに、ナオトはどうして俺じゃないのかと若干のジェラシーを感じます。
 何の理論も習得せずにリューズを動かしたという彼に、マリーは何を考えているのかと一言。

 ナオトは国の中枢である「天御柱」を乗っ取ろうと言い出します。
 一方、御柱を守る女性は一体何者なのでしょうか。

【考察等】
 冒頭のコンラット先生や相変わらずラブコメするナオトさんに、若干の癒しを感じるお話でした。
 本当に緊急事態なのかと想ったのは私だけではないと思いますが、「天御柱」と聞いて「双星の陰陽師」(アニメを1年間欠かさず見続けたのはいい思い出です)を思い出した人は少数だと思います。

 買い物デートで女装するナオトさんはノリノリでみていておかしいです。
 一方で、アンクルさんを今だに「兵器」として接するマリーさんをみると、アンクルさんの素直さもあってみていてつらいです。

 アンクルさんがリューズさんを治すシーンはまさに迫力の一言でした。
 それから「天御柱」奪取という途方もない計画を立てるところは、やっぱりナオトさんらしくてすがすがしいです。
 果たして彼らの思惑が叶うのかどうか、しっかりと見届けたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クロックワーク・プラネット 第8話「電磁式機動兵器八束脛(ヤツカハギ)」

 クロックワークプラネットの8話を見て感想を書きます。
 アンクルちゃん加入でほんわかムードかと思いましたが、巨大兵器は実は倒れてはいませんでした。
 1機で軍をも圧倒するその力に驚きを感じつつ、私にはこんな相手と戦う策が思いつきません。

【内容】
 冒頭から「アンクルちゃんは可愛い」とじゃれるナオトに嫉妬する相変わらずのリューズさん。
 突然登場した擬態の首を直すと、どうやらヴァイネイとは知り合いのもようです。
 「アンクルは天使」となごみつつも、再び巨大兵器が動き始めてピンチが続きます。

 兵器の起動によってリューズ、アンクル、そしてヴァイネイと皆が倒れてしまいます。
 秋葉原の歯車を止めた巨大兵器「ヤツカハギ」は軍の部隊を全滅させます。
 防衛大臣が「首都防衛砲」を発射したものの、その大砲をもあっさりと沈黙させたヤツカハギさんだったのです。

 歯車による惑星を「不条理な世界」と評する老人は、どうやらナオトの知人のようです。
 絶望なんかしないという彼の言葉が、老人にはどこか歯がゆく思えます。
 目を覚ましたナオトに、マリーは「何もかも壊れた」と一言。
 
 戻ってきた総理は唐沢という男の説明を受け、あらゆる兵器は通用しないと一言。
 一方、マリーによると磁気を帯びた歯車は正常には回らないのだとナオトに語ります。
 首相官邸では、軍はなんとかの一つおぼえにように「パージしかない」と言い出して混乱してしまいます。

 マリーの言葉を受けてもなおリューズたちの修理を促すナオトは、強引に壁を破壊して高所から脱出を図ります。
 一切の諦めを見せないナオトに触発されたマリーもまた、ヴァイネイとの絡みを思い出し、彼の頭だけを持って出ることに。
 そんな中、千葉の消滅という物騒なことを言いつつも、あっさりと目を覚ますアンクルちゃん。

 熱で磁力を消滅させることが可能と知り、お手手が火傷になったナオトさん。
 その迷いのない行動に思いをめぐらせつつ、彼に引っ張られることを決意するマリーなのでした。

【考察等】
 実は巨大兵器はまだ残っていたということでピンチが続きます。
 軍を完全に沈黙させただけの「ヤツカハギ」さんのチート的な強さに視聴者としても驚きを隠せません。
 なんとかの一つ覚えのように「パージ」しかないという軍の思考はさすがにどうかと思いますが。

 リューズさんの動きが止まり、頭のいいマリーさんも沈黙してしまいます。
 そんな中でも最後まで諦めないナオトさんはまさに主人公であり愛すべきバカなのではないでしょうか。
 あっさりと復活したアンクルさんはまったく読めませんでした。

 次回はアンクルさんとともにあのヤツカハギさんと戦うのでしょうか。
 一方で、予告では「買い物デート」なる言葉が出てきたところに若干の心の余裕を感じます。
 リューズさんが復活して、またいつもどおりのイチャイチャを見たいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム