【アニメ感想】月がきれい 第12話(終)「それから」

 月がきれいの最終回を見て感想を書きます。
 思わず胸がドキドキして、そして顔が真っ赤になった最終回でした。
 受験の結果はともかく、最後まで綺麗に終わってよかったと思います。

【内容】
 茜と同じ高校を受験した小太郎でしたが、結果は不合格でした。
 遠距離になったことから、茜の姉は「別れたら?」と一言言いますが妹の反撃を受けます。

 小太郎は併願の市立に合格しますが、千夏と同じ学校のようです。
 「ずっと好きでした」と告白する千夏ですが、小太郎には「ごめんなさい」と言われてしまいます。
 茜とのデートの話が出る一方で、小太郎は自分の思いを小説にすることを始めます。

 友人に言われてインターネットに小説を投稿する小太郎さん。
 一方、茜は千夏本人から、彼女が小太郎に告白した事実を知ります。
 卒業式の次の日、茜とデートをすることになりますが、バイトをしても茜に会いに行くという小太郎に対して、茜は千夏に告白されたことをどうして言ってくれなかったのかと問い、キスして走り去ってしまいます。

 小太郎との思い出を残して去ろうとする茜さん。
 そんな彼女に千夏は、小太郎が投稿した小説の存在を告げます。
 「この先はどうなりますか?」とコメントする茜さんの文才も中々かと。

 茜のコメントを見た小太郎は彼女に会うために一心不乱に走り出します。
 一方、電車の中にいた茜は、彼の小説の中に自分への変わらぬ想いがあることを感じるのでした。
 そして「大好きだ!」と叫ぶ小太郎さん。

 2人は高校は別になったものの、交際は普通に続いていたようです。
 色々有りながらも最後は結ばれたようで何よりでした。

【考察等】
 最後までしっかりと書ききった、そんな素敵な作品だったと思います。
 受験結果はある意味現実的ですが、そんな障害すら乗り越えていける2人が素敵です。
 互いに愛して愛される、そんな関係が、愛おしく、そしてうらやましく思えます。

 千夏さんの告白はあったものの、当然のごとく断られます。
 茜さんがそのことをどうして言ってくれなかったのかと小太郎さんに問い掛けるシーンは涙が出ました。
 これからも同じことがあるのではないかと不安になっても仕方がないことかと。

 自分の思いを小説にする小太郎さんも良かったと思います。
 これで気持ちに整理をつけるのかとも不安になったのですが、変わらない気持ちが伝わってきました。
 あえてラインを使わずに、直接彼女に伝えよう叫ぶところもとてもよかったです。

 エンディングではラインを通じて、2人が高校進学以降も交流を続けていることがわかります。
 遠く離れていても、心は通じ合っているということなのだと思います。
 そんな2人の関係が愛おしく思えるのは先ほども書きましたが、大切なことなので2度言います。

 中学生が題材ということで、少し早いのではないかと思った私は間違いでした。
 しっかりと、最後までしっかりと描ききったのは見事だったと思います。
 これだけ純粋な気持ちになれる、そんな素敵な作品に出会えたことをただひたすらに感謝したいです。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】月がきれい 第11話「学問のすすめ」

 月がきれいの11話を見て感想を書きます。
 受験勉強を続ける小太郎さんに、色々と大変だった時期を思い出します。
 互いの為に一生懸命な2人が、最後には報われることを切に願います。

【内容】
 茜と同じ学校を受験しようと勉強を始める小太郎さん。
 そんな息子の様子を見て安堵の表情を浮かべるお母さんは三者面談へと進みます。
 地元の公立に進んでほしいと願う母親ですが、女の子目当てに遠くの私立を志望する息子に怒ってしまいます。

 お母さんの怒りに対して反抗期の小太郎さん。
 進路のことで親ともめたことはさすがに彼女には言えなかったようです。
 勉強の合間にマフラーを作る茜さんが素敵過ぎます。
 一方、進路に反発しながらも、息子を気遣って夜食を準備するお母さん。
 
 学校では茜と同じ学校を受けることがすっかり広がっていました。
 息子の部屋をのぞいたお母さんは息子の本気を自覚し、先生に相談することに。
 しかし志望校には中々届かないのが現実のようですが。

 クリスマスに小太郎を呼び出した茜はすっかり女の子の顔でした。
 手編みマフラーには思わず感激する小太郎は、母親が受験に反対していることを告げつつ、最後はキスをしてお別れします。
 なお、茜は先に推薦合格で終わらせてしまいますが。

 父親は私立受験を了承しつつも、併願に公立を受けるべきと一言。
 小太郎は、お母さんが先生の志望校を変えるべきという言葉を突っぱねたことを知ります。
 さりげなく息子を心配するお母さんの気遣いに涙が止まりません。
 
 「ありがとう」 「行ってきます」
 父母の後押しを受け、ついに受験に望む小太郎なのでした。

【内容】
 一生懸命勉強する小太郎さんに、ふと昔を思い出してしまいます。
 茜さんがマフラーを作ったところもよかったのですが、それ以上に息子の努力に報いようとする母の愛に涙を浮かべてしまいました。
 息子の本気を知って志望校の変更を突っぱねたというお母さんが素敵過ぎます。

 次回は小太郎さんの受験と卒業で終わりでしょうか。
 できることなら同じ学校に進んでほしいのですが、果たしてどうなるのでしょうか。
 どんな結果になっても、最後までしっかり見とどけたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】月がきれい 第10話「斜陽」

 月がきれいの10話を見て感想を書きます。
 楽しそうなお祭りの雰囲気の反面、ちょっとしたことで起こるすれ違いが悲しいです。
 最後には仲直りできるのは、とてもいいことだと思います。

【内容】
 茜の引越し(の可能性がある)ことを告げられた小太郎さん。
 引越しを前提に千葉の高校の推薦入試を受けることにした茜は小太郎を呼び出し「ごめんね」と一言。
 対して、遠くなっても平気だと語り、一般入試を受ける可能性を示唆する小太郎なのでした。

 「川越祭り」の当日、町はお祭りで湧き上がります。
 小太郎のお囃子に目を輝かせる茜さんは陸上部の面々と合流します。
 一方、自由行動になった小太郎は茜を探しに向かいます。

 茜のことが「好きだった」と語る部長ですが、そんな2人を見てしまった小太郎さん。
 部長のプロポーズを「友達」だからと断った茜は、小太郎の呼び出しによって合流します。
 嫉妬で怒り、知人にからかわれて「彼女」であることを否定する小太郎に、すれ違いを感じる茜なのでした。

 悲しいすれ違いに涙を流す茜さん。
 一方、小太郎もまた後悔で一人涙を流します。

 茜に話しかけることが出来ないまでも、同じ学校を受けようとする小太郎さん。
 彼の心遣い、そして「本気」を知った茜は彼に抱きついて涙を流します。
 そして、茜は小太郎にそっと口づけをするのでした。

【感想】
 お父さんの異動が不確定ですが、引越し前提でお話が進んでいくようです。
 お祭りの雰囲気はよく出ていたように思えます。
 一方で、小太郎さんの嫉妬は彼の株を大いに下げてしまいますが。

 お祭りですれ違いをしてしまって互いに涙を流すところで、思わずもらい泣きしてしまいました。
 その後、小太郎さんの思いを受けた茜さんとの会話は別の意味で泣いてしまいます。
 積極的な行動に出た茜さんに、思わず顔が真っ赤になってしまいました。

 残り2話くらいだと思いますが、このまま卒業、進学で終わりでしょうか。
 小太郎さんが志望校に合格できず違う学校になるというパターンもあるのかもしれません。
 それでも、今日の熱々ぶりを見ていれば離れていても大丈夫だと思いたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】月がきれい 第9話「風立ちぬ」

 月がきれいの9話を見て感想を書きます。
 相変わらずういういしい2人を見ると心が洗われます。
 茜さんと一緒の高校に進むことができればいいのですが……

【内容】
 進路を決める時期となり色々と思うところのある小太郎さん。
 一方陸上部の茜たちは引退試合を間近に控えていました。
 茜と同じ学校に行けたらと希望を述べつつも、小太郎は自分の成績では難しいと考えているようです。

 お父さんから千葉にある本社への人事異動(の予告)がなされ、引越しフラグが立つ茜さん。
 一方、編集者からの「才能がない」という言葉が引っかかる小太郎は、受験勉強に本腰を入れろと母親に苦言を呈されます。
 また本屋さんのお兄さんに「ラノベ」について聞き、まだ迷いを吹っ切れていないようですが、2人のやりとりがほほえましいです。

 中学生活最後の大会に臨む茜を、こっそりと応援に来る小太郎さん。
 茜は自己ベストを更新したようで何よりですが、彼女には声をかけることが出来ませんでした。
 そんな彼に一人気づいた千夏は、複雑な表情を浮かべます。

 三年間最後のお弁当を前に「ありがとう」と涙を流す茜さん。
 同輩に陸上を続けるのかと聞かれ、強豪校を提示される茜は引越しの可能性を示唆します。
 そんな中、部活一同で川越祭りに行くことが決まります。

 迷いを見せる小太郎に、好きなところへいけとお父さん。
 自分が大会を見に行ったことを謝る小太郎に、茜は「話さなきゃならないこと」があると一言。
 思いがけない形で、千葉への引越し(の可能性)を聞いた小太郎は一体何を思うのでしょうか。

【考察等】
 進路という一大イベントを前に、私自身も昔のことを思い出してしまいました。
 同じ学校に行ければいいと思いたいですが、茜さんに引越しフラグが立ってしまい黄色信号です。
 お父さんの異動はまだ確定ではないような気がしますし、このまま肩透かしになればいいのですが。

 自分の進路に迷いがある中でも茜さんを応援にいく小太郎さんが素敵です。
 三年間の思いをはせて泣き出す茜さんに思わずもらい泣きしてしまいました。
 「好きなところへ行け」という小太郎さんのお父さんも良かったと思います。

 1クールだとしたら中学卒業で1区切りつくような気がします。
 すっかり人事異動が確定したような、このままお別れの様相を示してしまいました。
 遠距離恋愛もいいかもしれませんが、できることなら2人一緒の学校に行ってほしいなと願ってやみません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】月がきれい 第8話「ヰタ・セクスアリス」

 月がきれいの8話を見て感想を書きます。
 初々しい2人だけでなく、彼らを見守る周りの態度も素敵だなと思います。
 私のことを名前で呼んでくれる人はいつか現れるのでしょうか。

【内容】
 交際していたことを周辺に知られてしまった中、登校日を迎えた小太郎と茜。
 「ちゅーしたら教えて」と言われたことですっかり真っ赤になる茜なのでした。
 部活に向かう茜に対して彼女を尾行する小太郎ですが、いまだに名前では呼ばないようです。

 茜を名前で呼ぶことに思わずニヤニヤとする小太郎さん。
 汗のにおいを消して彼と会う茜のさりげない仕草がいいなと思います。
 図書館で食事をしつつ、お囃子に興味を示す茜はそのまま練習についていくことになりました。
 
 小太郎の必死な形相にときめきを感じる茜さん。
 そのまま2人は「氷川神社」のお祭りに向かうことになりました。
 そっとおこずかいを持たせるおじさんのさりげない気配りが素敵です。

 浴衣姿になった茜とデートを楽しむ小太郎さん。
 茜が使っていたいものお守りと同じものが売られていたのを見つけてしまいます。
 小太郎の誕生日がもう過ぎていたことを知った茜は、突然顔色を変えてプレゼントを探しに出かけます。

 一面の風鈴、幻想的な風景にときめく小太郎と茜。
 おじさんからもらった1000円は、風鈴にお願いを描くところで遣ってしまいます。
 足の擦り傷にそっと絆創膏を巻く小太郎に、誕生日プレゼントを渡す茜さん。

 おそろいの「いものお守り」に喜びを感じる小太郎さん。
 そのうれしさに、思わず名前で呼び合う間柄になりました。

 「ずっと一緒にいられますように」との願いをこめた2人。
 夏休みを経て、2人はぐっと距離を縮めたようで何よりです。

【考察等】
 2人の交際が明らかになり、ますます距離が近づいたのはよかったと思います。
 そろそろ来るかと思った名前呼びのシチュエーションも、ここまでロマンチックなものになるとは思いませんでした。
 画面の向こうで、思わず顔を赤らめてしまったのは内緒です。

 茜さんの浴衣姿も、小太郎さんの誕生日プレゼントがおそろいのお守りだったのもよかったです。
 同じものを持ったことで、2人の心がますます通じあうことをねがってやみません。
 あと、後半の挿入歌でリライフを思い出したのは私だけではないかと。

 2学期になって受験が近づく中、2人がどのような進路をたどるのでしょうか。
 これからもしっかりと見届けたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム