【アニメ感想】ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第12話(終)「見つけた居場所」

 ロクアカ最終回を見て感想を書きます。
 急展開ですがしっかりと完結できたようでよかったと思います。
 しいて言えば、セリカさんの実力を見られなかったのは心残りですが。

【内容】
 レオスに壁ドンされたシスティーナは急な結婚を強いられて涙に暮れます。
 「あいつ斬っていい?」と言い出すリィエルに対して、先生が何とかしてくれるのではと語るルミアさん。
 ルミアから事情を知ったグレンはどこかへと失踪してしまいます。

 純白のドレスに身を包んだシスティーナは努めて笑顔を見せ、結婚式が行われます。
 実は仲間(ルミア、リィエル)の過去をネタにレオスに脅されていたようです。
 そして、乱入したグレンはシスティーナを拉致して結婚を強引に阻止します。

 街には中毒症状の人々がゾンビのようになって襲い掛かります。
 宮廷魔道師だったころの感覚を「思い……出した!」グレンは容赦なく人々に刃を向け、システィーナに拒絶されます。
 そこに現れたのはレオスに扮した元同僚のジャティスという男でした。
 
 「正義」の執行を名目に殺しを続け、アカシックレコードを手に入れようとしているジャティスさん。
 自分が「正義」の魔法使いであると豪語する男に逆上するグレン先生。
 一方、先生を拒絶したシスティーナは自分の行動に後悔して涙を流します。

 ピンチが続くグレンの前に現れたシスティーナは、貴方を連れ戻しにきたと一言。
 恐い貴方もロクでなしの貴方もかけがえのない人だと突然のプロポーズを始めます。
 「ここから先は俺の喧嘩だ!」、「いいえ、私達の喧嘩です」といわんばかりに2人1組でジャティスと戦うこととなりました。

 切り札をもかいくぐり、渾身の鉄拳をジャティスに叩きつけるグレンさん。
 「帝国は滅ばなければならない」と語ってジャティスは去っていきました。
 グレンは先生を続ける一方、セリカは地下迷宮の探索へと向かうのでした。

【考察等】
 グレン先生は、恐い顔、かっこいい顔、ゲス顔と色々な顔を見せる楽しい人でした。
 突然の失踪には驚きましたが、最後はしっかりとやってくれる先生でしたし、システィーナさんもドレス姿がかわいく、そして芯の強いところをみせてくれてよかったと思います。
 贅沢を言えば、殆ど力を見せていないセリカさんの実力を見たかったのですが……

 別人みたいだと思っていたレオスさんは、本当に別人だったようです。 
 アカシックレコードというタイトル回収と、帝国は滅びなければならないという意味深な言葉が気になります。
 若干中途半端な終わり方ではあるのですが、原作が完結していない以上は仕方なかったのかもしれません。

 先生らしからぬ行動のグレン先生にはじめは不安でした。
 しかし見続けていくにつれて、作中の生徒たちと同様に、少しずつ彼の魅力に気づいていったような気がします。
 現実的に2期は難しいのかもしれませんが、もしあったら絶対に見たいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第11話「決戦!魔導兵団戦」

 ロクアカ11話を見て感想を書きます。
 明らかに怪しいレオスさんとの決闘が始まります。
 グレン先生がいろんな意味で元気そうで何よりです。

【内容】
 システィーナの婚約者であるレオスと生徒を使った「決闘」に臨むグレン先生。
 「逆玉」の2字に毒されるグレンに対して、顔を真っ赤にするシスティは恋の病に陥っていました。
 3人一組の戦力を展開するレオスに対し、グレンは難易度の低い2人一組で勝負します。

 自ら前線に立ち敵を呼び寄せたグレンは巧みな罠で相手をほんろうします。
 時間内に決着が付かなかったことから勝負は引き分けとなってしまいました。

 勝てなかったことで生徒を叱責するレオス先生。
 システィ不在で勝手「再戦」の話が進みます。
 相変わらず「逆玉」の2字に憤慨したシスティはグレンを平手打ちしてしまいます。

 レオスにいやらしい感じを感じるルミアさん。
 一方、アルベルトたちは「天使の血」と呼ばれる薬物事件を追っていました。
 なお、レオスはシスティの家と結婚することで権力を得ようとしていました。

 お前は「セラ」に似ていると自らの過去を語るグレン先生。
 夢と血みどろの現実との落差に打ちのめされた「クソガキ」は、その夢を応援してくれた仲間であるセラを死なせてしまったとのこと。
 システィの夢を否定するレオスが許せなかったのだというグレンに対し、「子供」といいつつも顔を赤くするシスティさんはかわいいです。

 グレンの血塗られた手について言及するレオスに憤るグレンさん。
 肉体言語、さらに「タルパ」を使うレオスはグレンを圧倒し、ルミアの名を出して強引にシスティに求婚します。
 しかし、グレンは決闘の場に現れることは有りませんでした。

【考察等】
 生徒を使った決闘の中でも前線に出てくるグレン先生は相変わらずでした。
 それに対して、生徒を叱責するレオス先生は、どこか小者臭いものを感じます。
 実際彼がシスティさんと結婚しようとするのも、愛ではなく権力欲によるもののようです。

 グレン先生が過去を語り、システィさんに似ているという「セラ」さんのことが少しわかってきます。
 そこに乱入してきたレオス先生ですが、その強さは本物でした。
 その後、グレン先生が決闘の場に現れなかったことを、まったく読めなかったのが大半だと思います。

 1クールだと仮定して、次回あたりで最終回なのでしょうか。
 天敵ともいえるレオス先生を、どんな奇策で破るのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第10話「逆玉」

 ロクアカ10話を見て感想を書きます。
 前回のシリアス展開から一転して、システィーナさんの婚約者が登場します。
 いい人っぽくて、逆に悪役ではないかと勘ぐるのは私だけでしょうか。

【内容】
 水着を「尊い」と干渉するグレン先生とアルベルトさん。
 アルベルトは、シルフィーナを「セラ・シルヴァス」に似ているとつぶやきます。
 一方、黒幕と語る元侍女長のエレノアさんなのでした。

 ハイテンションなシスティの両親に対し、リィエルは「グレンがいないと始まらない」と一言。
 ご両親は帝都に赴くと発する一方、なにやら大切なことがあるのだとか。
 次の日、セリカはシスティーナを彼女なりの言葉で激励しつつ学園の地下迷宮へと挑みます。

 図書館で調べ物をするシスティーナですが、人工呼吸を思い出して顔を真っ赤にします。
 早とちりしたリィエルは図書館で大暴れしてしまいます。
 レオスなる特別講師が登場しますが、彼はなんとシスティーナの婚約者なのだとか。

 会って早々にレオスはグレンの講義を拝聴したいと一言。
 なお、レオスは伯爵家の当主「候補」とのこと。
 イケメンで優秀なレオスの講義はあっさりと生徒たちの心を掴みますが、生徒には早すぎるのではないかとグレン先生。

 システィーナと話したいことがあると、イオスは彼女と2人きりになります。
 一方、ルミアはグレン先生に「お願い」があると一言。
 時の流れが残酷だと語るイオスをルミアやリィエルとストーカーするグレン先生ですが、イオスからのプロポーズに喜びを隠せません。
 しかし、天空城の謎を解くために勉強しなくてはいけないと、プロポーズをお断りするシスティなのでした。

 システィーナの「夢」をあっさりと否定して軍用魔術へと誘うイオスさん。
 グレン先生は「お前の人生の主人公はお前自身」とかっこいい言葉と共に登場します。
 そして、システィーナはグレンと将来を誓い合った恋人同士だと言い出します。

 ノリノリで「白猫は俺の嫁」と語るグレン先生は、手袋をぶつけてイオスに決闘を申し込みます。
 グレンは婿になれば「逆玉」だと意気込み、生徒達を巻き込んで特別授業を行います。
 一方、アルベルトはそんな彼を呼び出して「ゲスの極み」だと一言。

 「天使の塵」なる薬品が持ち込まれたと語るアルベルトさん。
 グレンはシスティーナを「セラ」と重ねていると言われて若干の憤りを覚えます。
 彼の脳裏に浮かぶのは、システィーナと瓜二つの「白犬」ことセラの姿だったのです。

 黒幕らしい男と語るイオスさん。
 彼は「正義の礎」となると語る謎の男は、一体何を考えているのでしょうか?

【考察等】
 水着の鑑賞から一転して、まさかの婚約者登場に驚きを隠せません。
 一方でシスティさんとの「逆玉」を狙うグレン先生は、まさにタイトルどおりの「ロクでなし」講師に逆戻りでしょうか。
 その他にも「セラ」という人と彼女を重ねている節はありますが、おそらくセラさんはこの世にいないのだと思われます。

 有能すぎるイオスさんですが、一方でシスティさんの夢を否定するところがいただけません。
 グレン先生が怒ったのも無理はないことだと思われます。
 アルベルトさんの「天使の塵」というアイテムとイオスさんとは何かかかわりがあるのでしょうか。

 次回は恐らくイオスさんと闘うことになるのだと思います。
 グレン先生の奇策が彼に通用するのかどうか、しっかりと見届ける所存です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第9話「生きる意味」

 ロクアカの9話を見て感想を書きます。
 リィエルさんのお話はきれいに終わりましたが、まだ何か先がありそうな予感です。
 あと、システィーナさんを始めて(?)名前で呼んだグレン先生も何気に高ポイントです。

【内容】
 白猫ことシスティーナによって一命を取り留めたグレンは、アルベルトから情報を聞きだします。
 「天の知恵研究会」がルミアを狙っていたことを知りつつ放置していたことを非難するグレンですが、逆に昔逃げ出したことをとがめられ、殴られてしまいました。
 それでも「生徒」であるリィエルを連れ戻そうとするグレンは、眠っているシスティーナを名前で呼びつつ、アルベルトと共に出撃します。

 研究所の所長である黒いオーキド博士ことバークスは、ルミアを怪しい装置につないでいました。
 元侍女長のエレノアをたどって地下を進むグレン、アルベルトは、バークスの放ったキメラや宝石獣をあっさりと倒してしまいます。
 業を煮やしたバークス本人が出撃する一方、エレノアはなにかを企んでいるようです。

 巨大化したバークスをアルベルトに任せ、グレンはリィエル及びその「兄」と対峙します。
 「兄さんは全て」と人の話を聞かないリィエルは容赦なくグレンを攻撃してきますが、兄の名を言えと言われると「頭が痛い」と動きを止めてしまい、そのままグレンに押し倒されてしまいます。
 実はニセモノだったお兄さんを、先生はとりあえずグーで殴っておきます。

 リィエルは「プロジェクトリバイブライフ」によって作られたクローン人間でした。
 彼女が「兄」と慕うシオンは、人命を犠牲にするこの研究を終わらせる為に密告し、その結果グレンがリィエルを保護したとのこと。
 そんなリィエルを「ガラクタ」と言い出す例のニセモノは、彼女の「妹」によって守られていました。

 「大切なもののために生きろ」というグレン先生の言葉を受け、リィエルはあっさりと妹を倒してしまいます。
 そして、ニセモノを射殺でなく、再びグーで殴るグレン先生。
 なお、バークスさんはあっさりとアルベルトに倒されてしまいます。

 ルミアとリィエルは無事救出され、グレンは、護るべきもの(=女子生徒の水着)を堪能します。
 一方、人知れず脱出したエレノアは、プロジェクトリバイブライフのデータを持ち去っていたのでした。

【考察等】
 全体的に重たいお話のはずが、オーキド博士ことバークスさんのおかげでどこか茶番に見えてしまいました。
 女の子をいじめて喜ぶところ(?)や全体的ににじみ出る小物臭さに、「学戦都市アスタリスク」の綺凛ちゃんのおじさんをふと思い出してしまいました。
 余談ですが、心のどこかでアスタリスクの3期をいまだに期待しています。

 リィエルさんと対峙したグレンさんは意外とあっさりと彼女を捉えてしまいます。
 案の定お兄さんはニセモノでしたが、リィエルさんが作られた人であることの方が驚きでしょうか。
 妹を利用価値でしか判断せず、最後はガラクタと言い放ったお兄さんが本物だったらそれはそれでショックだと思います。

 何はともあれ、グレン先生の言葉でリィエルさんが戻ってきたのはよかったと思います。
 あと、システィーナさんを名前で呼んだところは、彼女を一人の戦力として認めたことなのでしょうか。

 博士のあっけなさとは対照的に、なにやら怪しい動きを見せるエレノアさん。
 彼女のメイド服はやはり趣味なのでしょうか。
 お話はいよいよクライマックスへと進みつつあるような、そんな感じがする今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第8話「愚者と星」

 ロクアカの8話を見て感想を書きます。
 リィエルさんを中心に、なにやら不穏な動きが起こります。
 いまだにエレノアさんがメイド服なのはやっぱり趣味なのでしょうか。

【内容】
 山道を進むグレン先生ご一行様。
 しかし、苦しそうな表情のリィエルは「不機嫌」と怒りをあらわにします。

 工場にやってきた一同は、キメラを作り出そうとする研究を目の当たりにします。
 コピー人間を作ることは許されるはずはないのですが、例の「天の星研究会」はその試みを成功させたとのことです。
 そして、走り去っていくリィエルは思わず泣き出してしまいます。

 リィエルに愛想を尽かさないで欲しいとグレン先生は、システィにその場に残るようにと言い残しつつ彼女を探しに向かいます。
 そのリィエルが「兄」を名乗る男に絡まれる一方、アルベルトはいまだメイド服を着ているエレノアと対峙。
 ゾンビを召喚するエレノアの危険性を察知したアルベルトは全力で彼女を倒しにいきます。

 死んだはずの兄に、助けてくれと言われるリィエルさん。
 自分が自由になる為にグレンが邪魔だと妹を誘惑しますが、グレン本人が立ちはだかります。
 しかしリィエルは「さよなら」といきなりグレンを突き刺して倒してしまいました。

 アルベルトがエレノアに逃げられた一方、リィエルはルミアを気絶させ「グレンを殺した」と一言。
 ルミアを連れ去ろうとするリィエルにシスティが立ちはだかります。
 しかしシスティに人を撃つ事は出来ず、そのまま立ち去られてしまいました。

 泣き崩れるシスティの前に現れたアルベルトは、血まみれのグレンを回復させるため彼女の助力を求めます。
 人工呼吸を試みるシスティの一方、別の所ではグレンがリィエルに殺されたと聞いて動揺するルミアなのでした。

【考察等】
 不安定なリィエルさんを中心に、事態は深刻な状況へと舵を切ります。
 死んだはずのお兄さんを蘇らせたり、死体を召喚したりとやりたい放題の敵さんが恐ろしいです。
 そして彼らの目的であるルミアさんの力が一体何なのか、気になるところです。

 リィエルさんのフォローに勤めるグレン先生ですが、何とリィエルさんにグサリと刺されてしまいます。
 あっさりと操られた(?)リィエルさんはそのままルミアさんまで誘拐するのですから恐ろしいです。
 撃てなかったシスティさんは、やはり何らかのトラウマを抱えているのでしょうか。

 瀕死の重傷と思われるグレンさんは次回には回復して元気な姿を見せてくれるのでしょうか。
 そしてリィエルさんが正気を取り戻し、ルミアさんの奪還を果たす、ハッピーエンドへとつながるお話を期待せずにはいられません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム