【アニメ感想】銀の墓守り 第12話(終)「水銀、新たなる旅立ち!」

 銀の墓守りの12話(最終回)を見て感想を書きます。
 みてみた感じは、序章がようやく終わったようなそんな印象でした。
 こちらも「進撃」と同じく来年には続きが放送されるようです。

【内容】
 思い出を犠牲にして戦いを続けるタケシを止める水銀さん。
 水銀がタケシに代わって戦闘をすることになりましたが、自分の相手がずぶの素人であることにバイキングは憤ります。
 そして、氷付けになって動きを封じられる水銀なのでした。

 水銀をかばったのは、今は女性の姿をとっているツインスターでした。
 本当の姿を見せると意気込んで変身したのは、球体とも猫ともとれる可愛い姿で、思わず敵も見とれてしまいます。
 「男は女を守る」とそんな彼からツインスターを奪還するタケシさん。

 タケシは「もう逃げない!」とバイキングから必死にツインスターを守ります。
 その姿に感動したツインスターは羽の生えた人間の姿になり、そして「双頭翡翠龍」へと姿を変えます。
 ドラゴンになったツインスターはあっさりとバイキングを倒してしまいました。

 優勝賞金(と副賞のユキヒョウ)を持って姉の元へ向かうタケシさん。
 自分はビリオンプレイヤーだからと気前よく全部を渡した水銀ですが、リアルマネーを手に入れられなかったことはショックのようです。
 そのまま新たな旅へと向かう水銀ですが、コレクターとの衝突はあるのでしょうか。

【考察等】
 タイトルどおりのお話でしたが、主人公にあまり見せ場がなかったような気がします。
 思い出を犠牲にするタケシさんをしかるところはよかったと思いますが、次にはあっさりと動きを封じられてしまいますし。
 氷の攻撃というと、最近だとどうしても「僕のヒーローアカデミア」の轟君が浮かんでしまいます。

 タケシさんのおかげもあって、ツインスターさんが真の力(?)を発揮します。
 戦闘そのものは15分枠で時間が無かったのか意外とあっさり終わってしまいました。
 主人公はずっと下半身が凍ったままというのは中々シュールです。

 タケシさんはお金も手に入ったので、ひと安心だと思います。
 一方で気前よくお金を出しながらも、それがリアルマネーだと聞いて後悔する水銀さんも中々シュールです。

 お話は序章が終わったみたいな感じで締めくくられました。
 陸怜さんの行方やコレクターさんの動向など、気になる点が多く残ってしまいました。
 そのあたりは、来年放送予定という2期を期待したいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】銀の墓守り 第11話「水銀、タケシと出会う!」

 銀の墓守りの11話を見て感想を書きます。
 おおむねタイトルどおりのお話でしたが、タケシさんもかなりのわけありのご様子。
 もちろん彼が、ニビジムのジムリーダ(ポケモン)でないことは言うまでも有りません。

【内容】
 スラム街でミカンに「いつかこの町を出る」と語るタケシさん。
 一方、水着を着せられた陸怜は儀式によりテムジン率いる「トーテムズ」の一員になるのだとか。

 ステージ10で闘技大会に出ようとするタケシですが、参加費が払えないことから追い返されます。
 そんな彼に出会った水銀は、「マッチメーカーのラオロン」という男を捜して会場にやってきていました。
 舞台では決勝が行われており、優勝者にはリアルマネー1000万(と副賞のユキヒョウ)がいただけるようです。

 「優勝賞金はオレの物だ!」と突然試合に乱入するタケシさん。
 彼は入院中のミカンのためになんとしてもお金が必要だったのです。
 乱入はルール上認められるようですが、乱入者は能力が半分になるというペナルティが与えられます。

 ミカンとの思い出を燃やして相手を攻撃するタケシ。
 大切な思い出を犠牲にする彼の戦いを知った水銀は何を思うのでしょうか。

【考察等】
 新キャラ登場の上に、陸怜さんにもさりげなく動きがありました。
 テムジンさんの軍門に下る彼女には何らかの考えがあるのでしょうか。
 髪の色が共通していますが、コレクターさんとは関係があるのかも気になります。

 新キャラのタケシさんは、大切な人のためにお金が必要なようです。
 ありふれた設定では有りますが、ミカンさんのために一生懸命になる彼を応援したくなります。
 一方で、主人公の水銀さんはあまり目だっていないような気もしますが。

 次回で12話となり、一つの区切りになるような気がします。
 どう見ても終わりそうもない作品なのですが、いつか2期をやってくれることを期待するばかりです。
 出来ればその時は30分枠だともっといいのですが。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】銀の墓守り 第10話「水銀、再び起つ!」

 銀の墓守りの10話を見て感想を書きます。
 主人公の出番が少ない中、コレクターなる女性が再び登場してきました。
 次々と出てくるキャラクターに時折混乱してしまいそうです。

【内容】
 陸怜のパソコンにある「銀(水銀のプレイヤーキャラクター)」のイラストを見て、彼女を必ず連れ戻すと宣言する水銀さん。
 一方、ワイルドウルフたち「墓荒らし」は仕事(追いはぎ)の後の打ち上げを楽しんでいました。
 また、水銀を確保し、プレシャスに一泡吹かせるのだとやる気になるテムジンなのでした。

 酒場で震えていた男は中堅チームのリーダーでしたが、一人の女によってあっさり全滅したとのこと。
 そんなことはどこかに吹き飛んだのか、ワイルドウルフは今日も「金が命」と他のプレイヤーから財力を奪っていました。
 そんなところにやってきた謎のピンク髪の女(コレクター)は明らかに怪しいです。

 部下をあっさりと抑えられたワイルドウルフは、不意打ちでコレクターに一撃を加えます。
 しかし彼の「財力を奪う剣」は財力の低い相手でないと効力を発揮しません。
 財力五千万の彼に対し、コレクターは数少ない億超えのプレイヤーだったのです。

 いよいよ、陸怜奪還のため旅立ちを決意した水銀さん。
 一方、ワイルドウルフを圧倒したコレクターは余裕の表情で去っていくのでした。

【考察等】
 タイトルどおり主人公がやる気になりますが、それ以外は殆ど出番がありませんでした。
 以前彼を銃撃した「コレクター」さんの戦闘が中心でしたが、どうやら相当の強敵のようです。
 なにやら怪しい動きを見せるテムジンさんといい、キャラクターが多くて混乱してしまいそうです。

 小者くさい「アニキ」はあっさりと退場してしまいましたが、演技は秀逸だったと思います。
 このアニメ、何気に声優さんが豪華で、これがアニメの本場ともいえる日本に殴り込みをかけて中国資本の本気なのでしょうか。
 できれば30分枠にしてくれたらもっとよかったのですが。

 次回のタイトルでは「タケシ」なる存在が出てくるようです。
 まず思いついたのがポケモンのジムリーダーであり、次がドラえもんのジャイアンさんでした。
 もちろんどちらでもないと思いますが、お名前的にやはり日本人なのでしょうか?


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】銀の墓守り 第9話「水銀、盗掘ゲームを学ぶ!」

 銀の墓守りの9話を見て感想を書きます。
 タイトルどおり水銀さんがゲームについて調べ物をしますが、「盗掘」という言葉が主人公に似つかわしくないように思えます。
 一方、ゴールドハンターズなる悪党の皆さんは、いずれ決着をつけることになるのでしょうか。

【内容】
 ステージ35で獲物を待つ「ゴールドハンターズ」の皆さん。
 一方、謎の女性にいきなり銃を打ち込まれた水銀は現実世界で目を覚まします。
 自分の傷が修復されていく様に驚いているのもつかの間、テムジンなる男からゲーム内へ呼び出しを受けることとなりました。

 ゴールドハンターズが「カモ」を物色しているとき、水銀は学園の図書館でゲームについて調べ物をしていました。
 親友のランショウから紹介を受けたふくよかな少女は、このゲームについて深い知識を持っているようです。
 彼女によると、テムジンはプレシャスの「ダークタイガー」という人に対抗する男なのだとか。
 その「全てを喰らう男」という異名を聞き、陸怜のことを気にかける水銀なのでした。

 その頃、ゴールドバスターズのお姉さんは課金プレイヤーを色仕掛けで誘い出して罠にかけていました。
 彼等を率いる「ワイルドウルフ」さんは颯爽と登場しますが、彼等といずれ決着をつける日が訪れるのでしょうか。

【考察等】
 タイトルどおりのお話ですが、常時2つの視点が交錯して混乱しそうになってしまいます。
 水銀さんがゲームについて調べ物をして、次に会うはずの人物を物色している感じでしょうか。
 テムジンさんは陸怜さんを捉えて、一体何をしようとしているのかが気になります。

 次回はおそらくテムジンさんと出会うお話がくるのではないでしょうか。
 一方で、水銀さんを狙撃した女性は一体何者なのかという疑問が残りますが。
 とりあえず来週もしっかり視聴していければと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】銀の墓守り 第8話「水銀、最後の墓守りとなる!」

 銀の墓守りの8話を見て感想を書きます。
 巨大ロボで敵を倒すかと思いきや、主人公がここでまさかの覚醒です。
 次々と入れ替わる事態に、15分という時間の短さを感じます。

【内容】
 ピラミッドが巨大ロボと化しますが、敵の猛攻の前に苦戦を強いられてしまいます。
 そんな中、遊七おじいちゃんは「墓荒らし」と「墓守り」は元々一つだったと意味深な一言。

 「墓守り」として自覚の出てきた水銀は、高出力の銃で遠距離攻撃の主を狙いますが、女性のカードによって反射されます。
 クラブのカードを出されると、ショスティア(ネコミミの子)は催眠術をかけられ、あっという間に銃を乱射してエネルギーを使い果たしてしまいました。
 その上、相手の使い魔(ムカデみたいなもの)がロボットの中へと侵入してくるなどピンチが続きます。

 残存データであるおじいちゃんは、孫である水銀の胸の中で消えていきます。
 祖父の言葉通り最後の墓守りとなった水銀は覚醒し、相手の催眠術を逆に利用して敵を同士討ちさせ、最後の一人もあっさりと倒してしまいます。
 水銀はめでたく墓守りとして認証されたと告げ、役目を終えたと消えていくショスティアさん。
 しかし、入れ替わりのように現れたピンク髪の女によって水銀はいきなり銃で撃たれてしまいました。

【考察等】
 短い時間の間に、次々と入れ替わる展開に驚きを隠せません。
 ピンチが続いて最後はおじいちゃんも消えてしまいましたが、アロハシャツ姿がどうしても目に入ってしまいます。
 よくわからないうちに、墓守りになった水銀さんは一応タイトル回収ということでいいのかもしれません。

 覚醒した水銀さんは敵をあっさりと倒してしまいます。
 これで次の場所へと移るのかと思っていたのですが、よくわからないうちに女性に銃撃されてしまいました。
 まったく先が読めない展開に、次回がますます気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム