【アニメ感想】アリスと蔵六 第12話(終)「ただいま」

 アリスと蔵六の最終回を見て感想を書きます。
 タイトルどおり平和な日常に戻って、心がほっこりする最終回でした。
 始めはいざこざしていた3人もしっかり和解できてよかったです。

【内容】
 「アリスの夢」の資料を渡し、世間にそのことを公表しようとする内藤さん。
 羽鳥の行方不明を探し回るお母さんに対して、その真相を知る歩さん。
 歩は羽鳥が春になったら花が咲くのを追いかけて南から北へと行ってみたいといっていたことを思い出します。

 脱出の暁には「一番の友達」を紹介するという羽鳥さん。
 羽鳥の携帯には歩からの電話が入っており、どうやらウサギさんが外の世界とつながっているとのこと。
 ウサギを追いかける紗名たちに対して、巨大なホットケーキに困惑する蔵六なのでした。

 羽鳥からの電話に反応する歩は、思わず涙を浮かべます。
 歩によると、外では10日以上が経過しているとのこと。
 ウサギを探すようにと言われた歩はひたすらに走りまわってその穴を探します。

 ワンダーランドの風景を見て、紗名だけでなく自分たちもいろんな人たちに支えられてきたと自覚する蔵六さん。
 羽鳥の信頼にこたえるかのように、歩はワンダーランドへの道を突き止め、ほぼ同時に蔵六、早苗とも合流します。
 そんな中て空が割れ、緊急事態が起こりますが、蔵六のお説教によって事なきを得ます。
 前回穴に落ちた一条さんも元に戻って何よりです。

 家にもどった紗名たちに「とりあえず靴を脱げ」と蔵六さん。
 一条さんはげっそりした状態で山田さん(部下)に保護されます。
 反省する羽鳥、歩と視線を合わせる蔵六さんが素敵です。

 両親が自分のことを心配していたと聞いた羽鳥は、紗名を留めて能力なしで向き合うことを決意します。
 ただひたすらに娘を心配する両親に涙を浮かべる羽鳥さん。
 そしてアリスの夢について、政府から国民へと説明がなされます。

 ランドセルをプレゼントされて学校に通うことになった紗名さん。
 うれしそうな彼女達の姿に、思わず心がほっこりする最終回でした。

【考察等】
 これ以上ないハッピーエンドに終わった最終回でした。
 タイトルどおりちゃんと元の世界に戻れてよかったと思います。
 そして、羽鳥さんのご両親も本当に娘のことを心配していたのもうれしかったです。

 途中でウサギさんを追いかけるのは、中々にほほえましい光景でした。
 不思議の国のアリスのオマージュでしょうか。
 そういえば、紗名さんのお名前を「アリス」だと思っていたころが懐かしいです。

 歩さんの献身もあってみんな合流できて何よりでした。
 異常事態に対してもお説教で解決する蔵六さんが素敵すぎます。
 忘れられかけた一条さんもちゃんと元に戻れたので良かったです。

 可愛らしい女の子に一目惚れして見始めたら、気づけばおじいちゃんに萌えるアニメでした。
 厳しくも暖かい蔵六さんは素敵な大人だと思います。
 こんな大人に見守られた紗名さんはきっと正しく、まっすぐ成長していくことを確信できます。

 最後は3人で学校に行くところでお話は終わりを迎えます。
 綺麗な終わり方でよかったと思いますが、一方で3人の学校生活を見てみたかったのは私だけでしょうか。
 どんな機会でも、彼女たちに再開できることを望むばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アリスと蔵六 第11話「女王と魔女」

 アリスと蔵六の11話を見て感想を書きます。
 不思議な世界の中、紗名さんと羽鳥さんが少しずつ心を通わせていきます。
 ふと私も誰かをぎゅっとしたくなりました。

【内容】
 従業員に事情を説明しつつ職場を任せ、紗名を探しに向かう蔵六さん。
 一方、ワンダーランドの最下層に閉じ込められた紗名と羽鳥は困惑します。
 羽鳥は上に進もうとし、紗名もまた彼女を追いかけることに。

 扉の前までたどり着いた羽鳥ですが、その向こうは元の世界では有りませんでした。
 どうやら紗名の力が尽きて、戻ることが出来ない模様です。
 一方、製薬会社の地下深く、ワンダーランドにやってきた蔵六たちはその不思議な光景に驚きます。

 紗名の思い出の具現化に驚きつつブタさんについていく蔵六たち。
 突然開いた穴に一条さんが落とされてしまいますが、とりあえず先に進みます。
 力尽きて眠ってしまった羽鳥に「ごめん」と謝る紗名の一方、ワンダーランドに説教してやると言い出す蔵六さんが素敵です。

 ワンダーランドに関わる壮大な話を語る紗名に、不思議な子だと羽鳥さん。
 いつしかここで暮らすのも悪くないと言い出し、自分が母親に嫌われていると語ります。
 お受験に失敗して以来不仲になった両親に、自分がいないほうがいいのではないかと泣き出します。

 羽鳥に「自分は人間ではない」と語る紗名さん。
 自分は通信機のようなもので要らないものではないかと言い出す彼女に、泣き出してしまう羽鳥さん。
 言葉足らずながらも羽鳥をはげまそうとする紗名に、羽鳥はいつしか心を通わせてぎゅっと抱きしめます。

 紗名を抱きしめ、再びママに会いたいと告げる羽鳥さん。
 そんな彼女達の前にあらわれた黒い物体は一体何なのでしょうか。

【考察等】
 あっさりと秘密をばらしつつ紗名さんを探しに向かう蔵六さん。
 ワンダーランドに説教してやるという言葉がすごくおじいちゃんらしくていいなと思います。
 一方で、どこかに落ちてしまった一条さんが心配ですが。

 メインの紗名さんと羽鳥さんも、いつしか自分の気持ちを吐露して心を通わせていきました。
 自分はいないほうがいいのではないかと語る羽鳥さんを言葉足らずながらもはげます紗名さん。
 そして彼女をぎゅっと抱きしめる羽鳥さんを見るとすごくいいなと思います。

 始めは対立していた2人ですが何とか和解したようでよかったです。
 次回は脱出して最終回になるのでしょうか。
 できれば羽鳥さんのお母さんについても救いのある展開を期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アリスと蔵六 第10話「小さな女王」

 アリスと蔵六の10話を見て感想を書きます。
 強硬策に出た紗名さんに対して、あっさりと謝る歩さんがいい子だなと思います。
 そして、蔵六さんはシンフォギアの風鳴司令に並ぶ立派な大人であると確信します。

【内容】
 歩を謎の世界「ワンダーランド」に捉えた紗名は、しばらく反省しろと一言。
 紗名は立ち去ろうとしますが歩にあっさりと謝罪され、その「親友」という言葉に反応しつつも、あっさりと檻に閉じ込めることに。
 沸き立つ「もしゃもしゃ」した気持ちに憤る紗名ですが、あっさりと謝罪されてどうしていいのかわからなくなってしまいます。

 保護者である蔵六にトイレを異空間に変えたことを責められた紗名は、人形の姿で再び歩と話し合います。
 羽鳥が学校に来なくなったことを心配する歩の一方、母親との偽りの愛に溺れる羽鳥さん。
 今度は羽鳥が玄関から「ワンダーランド」へと旅立ってしまいます。

 「悪い奴」である羽鳥を捉えた紗名に対して「言われなくてもわかってる」と反論する羽鳥さん。
 自分をまったく恐がらない羽鳥に戸惑いを見せる紗名は、心を閉ざす羽鳥に対して、納得が行かないと語ります。
 歩がしゃべったのかと能力を使う羽鳥に対して、能力が相殺されたことでワンダーランドが破壊されます。

 ワンダーランドの暴走により、各地に能力者が出現して大惨事が起こります。
 羽鳥がいなくなったと知った母親は彼女を探しに向かい、蔵六もまた紗名を探しに向かいます。
 そんな時、一条さん(政府の人)からワンダーランドの異変と紗名が閉じ込められていることを知った蔵六は、大人である自分が迎えにいくと申し出ます。
 そして、自分を助けてくれた羽鳥に対して、もう帰れないかもしれないと告げる紗名なのでした。

【考察等】
 非日常の中にもほのぼのとしたいやしを感じるお話でした。
 歩さんをやっつけるのかと思いきや、あっさり謝るいい子ぶりがいいなと思います。
 その後、蔵六さんに怒られるところもどこかほほえましいです。

 歩さんと和解した後、次は「悪い奴」な羽鳥さんと対面する紗名さん。
 しかし、能力の相殺からワンダーランドの暴走が起こり、大惨事となってしまいます。
 そんな中、娘を探しに向かったお母さんは、魔法が溶けても娘を思っているのだと信じたいです。

 一条さんから事情を聞いて、それでも迎えにいくといってはばからない蔵六さんの大人ぶりが素敵です。
 きっとこのおじいちゃんなら、脱出を含めて紗名さんを正しい方向へと導いてくれることを信じます。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アリスと蔵六 第9話「チェシャ猫の笑う場所」

 アリスと蔵六の9話を見て感想を書きます。
 前回のシリアス展開がうってかわって平和な日常になりました。
 双子さんを通じて紗名さんの成長を見ることが出来るのは良かったと思います。

【内容】
 親友と別れたはとりは、優しさを見せるママは本当の母親なのかと疑問を呈します。
 一方、樫村家に双子(あさひ、よだか)を招いた紗名はようやく目を覚まし、元に戻った蔵六を見て安堵のあまり抱きつきます。
 出勤する蔵六を心配する紗名ですが、一方で双子のことに気づいていなかったようです。

 お風呂に入る紗名がかつてと違うと驚く双子に目を輝かせる早苗さん。
 双子のお泊りに喜ぶ紗名を見ると、前回のシリアスがうそのようです。
 大量のピザをいただいた後は、自分でお皿を洗う紗名に成長を感じる双子なのでした。

 「あいつ」のせいだとはとりについて語る紗名さん。
 蔵六の動きを止めたはとりを許せないと語る紗名に対し、双子はその子は恐くなかったのかと一言。
 戻ってきた蔵六を心配する紗名さんは本物の孫のようです、双子は何だかうれしくなってきました。

 次の日、双子が帰っていき、蔵六は昨日ダメになった分を取り戻すと再び出勤します。
 一方、はとりを尋ねた歩は彼女の母親の変貌に戸惑いを見せます。
 学校には行かないといいつつ、父親と母親のそばにいることを決意するはとりを、単身何とかしようとする歩なのでした。

 内藤さんは部下の山田さんとともにはとりを尋ねますが、アリスで操られて引き返すことに。
 一方でこれが5回目だと気づく有能な内藤さんなのでした。 
 そして歩ははとりの魔法を打ち消した紗名と会おうと竹下通りへと向かいます。

 突然現れた「チェシャ猫」によって地面に落とされる歩は、見知らぬ世界へと迷い込みます。
 彼女を待っていた「赤の女王」こと紗名は、「悪い奴」である彼女を懲らしめると言い出すのでした。

【考察等】
 前回のシリアス展開でぎすぎすした心が前半のほのぼの展開に癒されます。
 いっそ日常だけでいいのではないかと思うのは私だけでしょうか。
 双子さんを通じて紗名さんの成長を見ることができたのは良かったです。

 後半でははとりさんと歩さんが中心のお話へと戻ります。
 家にもどったはとりさんは自分を責めているように見えて胸が痛くなります。
 そんな彼女を助けようとする歩さんは本当にいい子だと思います。

 歩さんに接触を果たした紗名さんは何かを勘違いしているような気がします。
 これから色々あると思いますが、紗名さんが歩さんと羽鳥さんの2人と和解することが出来ることを願ってやみません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アリスと蔵六 第8話「悪い魔女」

 アリスと蔵六の8話を見て感想を書きます。
 新しいキャラが登場し、7話までのほのぼのムードは一変します。
 はとりさんと紗名さんがこれからどのように絡んでいくのでしょうか。

【内容】
 親を気遣って安いランドセルを選ぶはとりに、校章が入るはずだったと毒を吐くお母さん。
 受験について不和になった両親に心を砕くはとりは、いつしか能力の芽生えを感じます。
 不和であった両親は、彼女の能力によって一転して仲良くなり、親友「あゆちゃん」の応援へと向かいます。

 はとりは「魔法」によって人々をその命令に従わせることが出来るようになりました。
 親友とともに魔法を使う彼女ですが、魔法で仲良くなった両親は突然力を失ったようにぐったりしてしまいます。
 責任を感じたはとりは、あゆちゃんと共にどこか遠くへと行くこととなりました。

 蔵六の店を楽しそうに手伝い、親友(あさひ、よなが)が来ることを心待ちにする紗名さん。
 しかし、双子や蔵六を初めとした人々は、はとりの命令によって動きを止めてしまいます。
 人々を命令に従わせるものの、普通にお金を払うところはまだ救いがあるのかもしれません。

 「魔法」が通じない紗名を不審がるはとりたち。
 あゆちゃんは、はとりの両親を戻すために魔法を解く方法を探していると語りかけます。
 しかし、蔵六の動きを止めた彼女たちに能力を暴走させた紗名は、絶対に許さないと能力で相手を殺しにいきます。

 互いに能力を打ち消される状況に、最後は肉弾戦を仕掛ける紗名さん。
 その一撃をはねのけて立ち去るはとりは、自分の行ったことに後悔の念が目覚め始めるのでした。

【考察等】
 冒頭から新キャラの登場ですが、両親の不和からいやな予感がしました。
 元々は父母の不仲を自分のせいにするほどの優しい子だったと思いますが、能力の発動は倫理観を持つ前の彼女にはまだ早かったのかもしれません。
 ちゅうちょなく相手に命令を聞かせていくなかでも、普通にお金を払っているところはまだましなのかもしれませんが。

 中盤での双子さんを待つ紗名さんの姿は、見ていて癒されます。
 そんな中、重要人物と思われるはとりさんとの出会いは、新たな波乱の幕開けとなりそうです。
 最終的にぽかぽか殴るところは、ちょっと可愛らしいなと思います。

 紗名さんとの出会いで、罪の意識を強めたはとりさんは自分を「悪い魔女」だと自覚します。
 彼女がこれからどのように自分や周りと向き合っていくのでしょうか。
 最低でも中学校までは出ている私がしっかり見守っていきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム