【アニメ感想】クズの本懐 第12話(終)「2人のストーリー」

 大いにお寝坊しましたが、クズの本懐の最終回を見て感想を書きます。
 先生方は予想通りの結末ですが、初恋の人の結婚を見せ付けられるのは中々厳しい展開だなあと思います。
 花火さんと麦さんの方は、少し予想を外れましたが、それはそれで彼らの生長が見られたのではないかなと思いました。

【内容】
 11月になり、学校では文化祭の時期となりました。
 お兄ちゃんの結婚は春だと、本人が直々に知らせに来ることに。
 メガネをしなくなったおにいちゃんを見ると昔を思い出し、胸が痛みます。

 文化祭では、ファッションショーでモカのドレス姿が光ります。
 その後、「一人は心地いい」「元々は一人」と体育倉庫で一人たむろする花火ですが、ばったりと麦に出会ってしまいます。

 さらに季節は進み、3月へ。
 先生方の結婚パーティーの準備をする中、花火はある男子に告白されることに。
 えっちゃんがさらってくれますが、一応相手には「ごめんなさい」と一言。
 久しぶりに声をかけてくれたえっちゃんはショートカットになっていました。

 先生のゴールインをまずまずと見せ付けられる花火さん。
 そんな彼女に、茜先生は「ブーケトスよ」と花を渡し、次は取られちゃダメよと一言。

 花火と麦、恋に破れた二人。
 しかし、「本物を探してる」2人は、そのまま互いに別れを告げることとなりました。
 果たして、彼女たちに本物が見つかるかどうか、それは私達の想像でしか語られないことなのかもしれません。

【考察等】
 最後まで、独特の恋愛観と、細かい心理描写は秀逸だったと思います。
 しかし、好きな人の結婚式を誘われるというのは、当事者ではなくても胸が痛みます。
 茜先生は少し変わったように見受けられますが、今までの性格が性格だけにどうも信用ならないのは私だけでしょうか。
 
 モカさんのドレス姿についてはああいう格好にはあこがれます。
 えっちゃんのショートカットは(伸ばそうと思うと数年かかりそうですから)もったいない気がしつつも男前(?)でかっこよかったです。

 花火さんについては、前回までは麦さんとくっつくと思っていたので意外です。
 しっかりと男子の告白を断ったこと、互いを失恋の代償にしなくなったことは、ある意味では成長だとは思うのです。
 決して意味が無かったわけではないと思われます。

 タイトルもそうですが、お話も独特で、最後まで話が読みきれませんでした。
 時としてもやもやして、茜先生が理解できなかった私ですが、最後まで見てよかったと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クズの本懐 第11話「やさしいかみさま」

 クズの本懐の11話を見て感想を書きます。
 花火さんが主人公だと思っているのですが、彼女の出番は殆ど有りませんでした。
 茜先生の行動原理がいまだによくわからないのですが、彼女も変わり始めたのかもしれません。
 麦さんと花火さんは結局どうなってしまうのでしょうか。

【内容】
 他の男性に手を出して叱責されたことを思い出す茜先生。
 自分を「当事者意識のない」女だとする彼女は、まずはお兄ちゃん先生とのデートをすることに。
 一方、花火は他の女子生徒に、夏休みから麦とまったく会っていないことを語ります。

 熱海の温泉にやってきた2人の先生。
 「先に休みません?」と迫る茜先生に対して、お兄ちゃんは温泉に入ってくると逃げてしまいます。
 茜先生の姿に母親を重ねるお兄ちゃんは、彼女と星を見ようとするのですがめがねを割ってしまいます。

 どうして男好きをやめなくてもいいのかと尋ねる茜先生。
 嫌がってほしいというものの、それでもお兄ちゃんは先生のことが好きなのだとか。
 好きな人には元気で生きていてほしいといいつつも、その日は一線を超えてしまいます。

 結婚してくださいとプロポーズするお兄ちゃんに、「浮気しますよ?」と茜先生。
 結局は自分にも当事者意識があったのだと確認する彼女なのでした。

 後半では、麦とデートする茜先生。
 どうしようもない彼女を変えようとしていた麦でしたが、あっさりと「結婚する」と言われてしまいます。
 実は、変わる前のどうしようもない先生が好きということに気づいた麦は、彼女に「おめでとう」と一言。
 そして、忘れないのだと涙声で叫びます。

【考察等】
 ここ数話で進展の無い花火さんをみて、誰が主人公なのだろうと思ったのは私だけではないかと。
 茜先生の男好きは承認欲求ゆえの行動なのだと思うのですが、それでいいのかがわからないです。
 最終的に、お兄ちゃんに自分自身を認められたことから、彼に落ち着いたのでしょうか。

 後半では麦さんはあっさりと振られてしまいます。
 それでも彼女を責めないのは、自分にもやましいところがあるからなのかもしれません。
 最後に叫ぶ声は、鉄血のオルフェンズのイオク様に聞こえたのは私だけでしょうか。

 尺の関係からすると、次回で最終回だと思われます。
 花火さんと麦さんの関係がどうなってしまうのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クズの本懐 第10話「カラノワレモノ」

 クズの本懐の10話を見て感想を書きます。
 あいかわらずの茜先生の行動原理が、そしてお兄ちゃんもまた、私にはよくわからないです。
 といいましょうか、まっすぐだったのはモカさんとえっちゃんだけだったように思えます。
 このお話は、一体どこに着地しようとしているのでしょうか。

【内容】
 「家庭訪問」をし、麦に迫る茜先生。
 彼女の「はじめて」は高校生のとき、自分が愛されていると、その価値を確かめながら過ごしてきました。
 ふと「つまんないよね」と自虐がこぼれます。

 麦は茜先生を再び求めますが、茜先生は「明日はお兄ちゃん先生の日(意訳)」だとあっさりと断ります。
 相手の本性がわかりながらも、麦はその翌日、音楽室で先生を押し倒して「行かないで」と迫るのでした。

 後半は、茜先生とお兄ちゃん先生のデートとなります。
 しかし、初回以降、全く求めてこないこと、そして自分が相手を求めているように思えることが彼女には不満なのでした。
 「もう無理だわ」と分かれる算段を考えるのでした。

 デートの後、お兄ちゃんに別れを切り出そうとする茜先生の前に、男友達の一人が現れます。
 「本当男好きだよな!」と正論を言われ、グーで相手を殴りつける妄想をしますが、キャラじゃないとぐっとこらえます。
 別れ際に、「男好きのクソ女」といわれた茜先生は、そのことを否定せず、自分を「クソビッチ」と表現。
 自分の本性をすべてさらけ出した上で、お兄ちゃん先生に別れを切り出します。
 しかし、お兄ちゃんは「やめなくていい」と抱きしめ、引きとめるのでした。

 お兄ちゃんの予想外の反応に戸惑う茜先生は、その後で麦と交わることに。
 その麦は、自分を振り返って変わるべきであると考え、先生をデートに誘うのでした。

【考察等】
 男性に愛されたい、女性に嫉妬されたいという茜先生が中心のお話でした。
 愛されたい感情というのは要は注目されたいのではないかと、おぼろげながらに理解できるように思えます。
 とはいえ、さすがに肉体関係に行き着くのは理解できませんし、麦さんの「よく刺されないよな」という言葉がふと頭をよぎります。

 あっさりお兄ちゃんを捨てるところで、あっさりと自分の正体をばらすところは驚きでした。
 本性を知ったお兄ちゃんはそのまま花火さんに戻るのではないかと思ったのですが、全くそんなことは無かったのです。
 お兄ちゃんも、ある意味普通では有りませんでした。

 変わらなくてはいけないと自分を見つめる麦さん。
 ひたすらに茜先生を求めるところは変わってないように思えます。

 このお話がどのような結末を迎えるのか、全く先が読めません。
 理解できないことが多いですが、それでも最後まで見ていければいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クズの本懐 第9話「beautiful swimmer」

 クズの本懐の9話を見て感想を書きます。
 ただひたすらに、えっちゃんの積極さを感じるお話でした。
 関係を終えるといいながらもキスをしているところに、このままずるずると続いてしまいそうなのは私だけでしょうか。
 あと、茜先生のことはそろそろ教育委員会に投書してもいいと思います。

【内容】
 夏休みも宿題も、そして失恋も終えた花火さん。
 前に進もうとするも、結局麦はやってきませんでした。

 えっちゃんの誘いで軽井沢にやってきた花火は、強引なえっちゃんにリードされていきます。
 (親戚の)別荘で二人きりになるはずが、そこには従兄のアツヤがいて、複雑な三角関係が展開されます。
 従兄に声を荒げるえっちゃんですが、相変わらず2人になるとスキンシップが熱いです。

 次の日、えっちゃんの手帳から以前渡した飴の紙が出てきて、その思いの重さを知る花火さん。
 アツヤはえっちゃんの気持ちを察して花火に「気持ちだけ決めて」「代わりにしていい人じゃない」と一言。
 それでも買い物の帰りにキスをしたりと自重しませんでしたが。

 アツヤが風邪を引き、再び2人になった花火とえっちゃん。
 お兄ちゃんとのことで泣き出した花火をそっと抱きしめ、「今までごめん」と一言。

 友達でいてほしいという花火に、声を荒げるえっちゃん。
 これから彼女のことを知りたい、いつまでも待っていると花火さん。
 そして、2人はキスをして終了します。

 二学期になり、無意識的に一人になった寂しさを感じる花火。
 同じく失恋したモカは、自分の方がまっすぐ麦を思っていたとのこと。
 彼女の姿を見て、花火は一人で歩き出そうと決意するのでした。

 一方、麦は茜先生の「家庭訪問」を受けていたのでした。

【考察等】
 先生に思いを告げ、そのまま麦さんが来ればよかったのですが、優柔不断な彼は来ませんでした。
 女が皆茜先生みたいで、男が皆麦さんみたいということはないのでしょうが、このアニメを見ていると、なにかもやもやする者を感じるのは私だけではないかもしれません。

 相変わらず積極的なえっちゃんはすごいなと思っていましたが、内心は花火さんを諦めるとのこと。
 友達という関係では満足できなかったからか、強い思いを思わせるその怒り方はすさまじいなと思います。
 それでもキスをしているところを見ると、このままずるずるいってしまうのかもしれませんが。
 余談ですが、えっちゃんの怒った声で、「リライフ」の狩生さんを思い出したのは私だけでしょうか。

 思いを整理して、一人で歩き出そうとする花火さんは切ない感じがします。
 一方で、麦さんや茜先生はいろんな意味で自重していませんでしたが。
 このまま、彼らのただならぬ関係が続くのか、それともどんでん返しがあるのか、最後まで目が離せません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クズの本懐 第8話「Sweet Refrain」

 クズの本懐の8話を見て感想を書きます。
 それぞれが誰かに思われているように、えっちゃんもまた思いを寄せられている相手がいるようです。
 アツヤさんは結構いい人な感じで、かなりいいなと思います。
 また、本題の麦さんや花火さんの告白については、ドキドキしながら見てました。
 花火さんが前に進む決意ができたのはよかったと思います。

【内容】
 大量の宿題に驚く麦と花火ですが、終わったら告白するとがんばることに。
 一方、えっちゃんはいとこのアツヤと予備校に通いますが、彼は、えっちゃんに好意を寄せていました。
 えっちゃんが女の子を好きだと知ってもなお、それを受け入れ、性別なんて関係ないと一言。

 勉強の合間に体を重ねる麦と花火ですが、麦は(先生の)代わりには出来ないと一言。
 この頃には、互いを本命と重ねることをやめていた2人。
 花火はお兄ちゃんとの思い出を胸に、日曜日に会う約束を取り付けます。

 宿題が終わり、麦は昼に、花火は夜に告白することに。
 抱きしめられたてはげまされた麦は、前に進むことを決意します。

 昼間に茜先生と会った麦は、好き「でした」と一言。
 先生が嘘つきで、さまざまな男性と関係を持っていることを知っていたことを告げる麦。
 手に入らないから好きだった。
 そのはずだったのですが、先生の言葉に我を失い、押し倒してしまいます。

 一方、花火はお兄ちゃんに好き「でした」と告白。
 今までの思いを告げ、そして相手が例え恋人でなくても大切に思っていてくれたことに涙を流します。
 そして、初恋が終わった花火は、麦と先に進もうとするのですが……

【考察等】
 主人公達が前に進もうとし、お話も少しずつ前に進んできたという感じがします。
 えっちゃんといとこの関係には驚きましたが、この2人の関係もいいなと思います。

 本題の告白については、失恋して花火さんと麦さんが前に進むはずだったと思われます。
 花火さんはきちんと前に進む手はずになりましたが、麦さんはこのまま茜先生に取り込まれてしまうのでしょうか。
 あと4話ほどで、登場人物たちがどのように結びついていくのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム