【アニメ感想】ハンドシェイカー 第12話(終)「Shake the Hands」

 ハンドシェイカーの最終回を見たので感想を書きます。
 基本的に最後まで、戦った相手と分かり合えるというところはよかったと思います。
 かつての敵とも手を取り合える、その寛容さは見習いたいなと思いました。
 あと、タヅナさんとコヨリさんは幸せになってほしいなと思います。

【内容】
 コヨリの姉・マユミを携えて現れた長岡は、かつて槙原とともに戦っていた男でした。
 その長岡とまみえることになったことになったタヅナとコヨリ。
 姉と戦うことについて、コヨリは今までと同じように戦うことでつながりを持てると確信します。
 それに対して、マユミが消える前に勝つと無茶をする長岡は、ビルを爆破するなど手段を選びません。

 「あなたを守るわ」
 タヅナとコヨリが2人で長岡を追い込みますが、立ちはだかるマユミ。
 最後の力を使おうとする彼女と手を取り合ったタズナとコヨリによって戦いは終わりを迎えます。
 実は、長岡は病気にかかっていること、そしてマユミはそんな彼を愛していることがわかります。

 長岡が去り、ふたたび日常へと戻ったタヅナとコヨリ。
 そんな2人に、マユミのことは任せてほしいと槙原先生。
 今まで戦った相手が次々と登場し、タヅナとコヨリは決意を新たに、最後の戦いに挑みます。

【考察等】
 最後は駆け足だったように思えますが、最後まで相手と分かり合える展開はいいなと思います。
 現実に殺し合いまでやったのに、普通に次の回にはわだかまり無く接している彼らはどんなに寛容な人間なのでしょうか。
 私も、彼らのように広い心を持ちたいなと思いました。

 絵が綺麗で、なおかつキャラクターも基本的にいい人で見てて楽しかったです。
 一方でコヨリさんのご両親だったり、神様だったりがあいまいなまま終わってしまったのは少し残念です。
 スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ハンドシェイカー 第11話「Cocoon Cocoon」

 ハンドシェイカーの11話を見て感想を書きます。
 槙原先生と長岡さんの回想から、コヨリさんやその両親のことが少しずつ見えてきました。
 だんだんと変わっていくご両親を見ていて胸が痛くなってきたのは私だけではないかと。
 結局は戦うしかないのでしょうが、それでもタヅナさんなら、きっと長岡さんも救うことが出来るのではないかと思います。

【内容】
 コヨリの姉であるマユミを伴って現れた長岡という男。
 彼はかつて槙原先生のハンドシェイカーであり、またコヨリの両親とも親交があった人でした。

 戦いのさなか、ジグラートの中で生まれたマユミとコヨリは、生まれながらのハンドシェイカー。
 人類の革新と喜ぶその父ですが、娘は幼い頃から常に他のハンドシェイカーに狙われることとなってしまいます。
 すっかり変わってしまったコヨリの父は、神に見えて娘を解放するといって消えてしまいます。

 死体が無いままコヨリの父母の葬儀が行われ、時を同じくしてマユミとコヨリは倒れてしまいます。
 仮死状態になった2人を見て、長岡は先生(コヨリの両親)の遺志を継ぐといってマユミを連れ去ってしまいます。
 その後、残されたコヨリを守る為に、槙原はコヨリを眠らせるのでした。

 時は現代に戻り、長岡とマユミと対峙するタヅナ、コヨリ、槙原先生。
 薬の力でマユミを支配する長岡は「マユミは俺を愛している」と一言。
 なお、この男はコダマをタヅナ達にけしかけてきた相手でもあったのです。

 「お前は勝てない」
 コダマよりも高い段階に至っていると豪語する長岡さん。
 それに対して、タヅナはコヨリと離れたくないと、彼と戦うことを決断します。

【考察等】
 先生の回想が出てきて、お話も終盤に向かっていくのかなと思います。
 今まで出てきた人たちがみんな男女ペアだっただけに、男性のみ、女性のみのハンドシェイカーもあることを知って少し新鮮な気がしました。

 回想ではコヨリさんのご両親も出てきますが、お父さんが少しずつおかしくなっていくところが見ていてつらかったです。
 ハンドシェイカーとは何かという問題、コヨリさんやマユミさんが倒れてしまった原因については、いまいちよくわからなかったりします。
 長岡さんは彼なりに何か考えがあるのでしょうが、薬でマユミさんを操っていると書くと、何かすごく恐ろしいように思えます。
 極め付けが「マユミは俺を愛している」と、ロリコン疑惑がもたれてしまいそうです。

 おそらく作中で最も神に近づいているのが長岡さんペアであり、これが最終決戦になるのでしょうか。
 彼らの着物姿は意外でしたが、お正月みたいでおめでたいかもしれません。
 次回のお話で、彼とも最終的に分かり合えるようになることを願いつつ、来週をまとうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ハンドシェイカー 第10話「Kitten Kitchen」

 ハンドシェイカーの10話を見て感想を書きます。
 今までの登場人物の顔見せという感じのお話でした。
 タヅナさんとコヨリさんのういういしい関係も好きですが、千鶴さんと颯さん、会長さんと勝さんの関係も、仲がよくてほほえましいなと思います。
 かつて戦ったはずの相手と、何のわだかまりも無くここまで打ち解けるのがすごいなの一言です。

【内容】
 コヨリの変化に驚きを見せる槙原先生にドン引きするタヅナとコヨリ。
 そんな彼らは、千鶴の誘いでレストランでバイトをすることとなりました。
 タヅナとコヨリは、2人でしか働けないにもかかわらず、見事なコンビネーションで作業をこなして生きます。

 千鶴がどうして2人でしか働けない自分達を誘ったのかと疑問に思うタヅナさん。
 何でも千鶴は、学園祭でのタヅナとコヨリの動きを見ていたとのこと。
 颯は、さらに「バイトは、いつかコヨリの手が離れたときにも役に立つかもしれない」と一言。

 千鶴と颯の夫婦漫才(?)の後、休憩がてら、来店したリリ会長と勝と出会います。
 淡々と姉をよろしくと語る勝に対して、カードゲームの話になると会長は「弟はデッドエンドエンペラー」と大声で叫びます。

 バイトは終了し、千鶴は「デートしてきたら?」と一言。
 繁華街にやってきた2人は、コダマがライブをしているのが目に留まります。
 コダマの歌に何かを感じた2人は、ヒビキから、ライブの誘いを受けることに。

 槙原先生と合流した2人ですが、先生をスルーして買い物に向かうことに。
 しかし、彼らの前に、槙原先生の知人の男性が、コヨリと似た少女を伴ってやってきます。
 そして、この男が語る「真実」とは一体何なのでしょうか。

【考察等】
 基本的には登場人物のおさらいといった感じでした。
 それぞれのハンドシェイカーの絡みは、この殺伐とした世の中においては、ある種の癒しなのかもしれません。

 千鶴さんと颯さん、会長さんと勝さん、コダマさんとヒビキさん、それぞれの関係性がほほえましいですし、負けた後も、普通にわだかまり無く接しているところもいいなと思います。
 なお、1話で早々に退場した鎖の人については、タヅナさんとの絡みこそないものの、学園祭のとき2人で仲良く歩いていたという話らしく、彼らは彼らで仲良くやっているのかもしれません。

 おおむね登場人物のおさらいと思っていたら、最後の最後に先生の知人が登場してお話が動き始めます。
 彼の語る「真実」とは、そして槙原先生と彼の間に何があったのでしょうか。
 次回の行方が、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ハンドシェイカー 第9話「Finally Fairy」

 ハンドシェイカーの9話を見て感想を書きます。
 千鶴さんも会長もそうでしたが、相手側のやり取りがほほえましいなと思います。
 そして、タヅナさんとコヨリさんの「かみ合っている」関係も見ていて素敵だと思います。
 なお、9話が終わった段階でも殆ど核心に触れることがないのですが、もしかしたらこれは分割2期だったりするのでしょうか。

【内容】
 再びコダマと相対したタヅナとコヨリは、冒頭から戦いを始めます。
 寝込んでいたタヅナは、一旦は槙原先生の言葉に従ったものの、自分がコヨリを守ると一言。
 両親に止められても、それを拒絶して一人突っ走って戦いに臨んだのでした。

 コダマの歌を増幅させるヒビキ(マネージャー)を先に倒そうとするタヅナですが、ヒビキ自体も相当の実力でした。
 さらにコダマのライブ(攻撃)を受けてボロボロになったタヅナは、それでもコヨリを守るのだと立ち上がります。

 「タヅナと一緒がいい」
 傷ついても立ち上がるタヅナの姿を目の当たりにして、ついにコヨリが覚醒します。
 歯車を操るコヨリとタヅナ、二つのギアがかみあってすさまじい力を発揮し、コダマのライブを受け止めきります。
 そして、二人の共同作業(ケーキ入刀)によって、コダマを打ち破るのでした。

 敗れたコダマは、自分がニセモノであり、ヒビキが相手を選んでなかったらもっと早く負けていたと泣き出します。
 実は会社を辞めてまで彼女についていたヒビキさん。
 彼は現状を「どぶの中」と表現しつつも、コダマの夢はかなうと一言。
 その言葉を受けて、コダマは再びアイドルとして再起することを誓います。

 また別の場所では、タヅナは一人で突っ走ったことをコヨリに謝ります。
 それに対してコヨリは、一緒にいてくれてありがとうと一言。
 ますますかみあってきたこの2人の前に、今度は何が立ちはだかるのでしょうか。

【考察等】
 怪我をおしてまでコヨリさんを守ると戦いに出向くタヅナさんの焦りはわかりますが、見ていてとても心配になりました。
 案の定、戦闘は苦戦を強いられてしまいますが、今回はコヨリさんが覚醒したから何とかなったという側面が強いです。
 それでも勝てたから、そしてコヨリさんとの絆が深まったからよかったのかもしれませんが。

 千鶴さんと颯さん、会長さんと勝さんもそうでしたが、今回のコダマさんとヒビキさんの関係もどこかほほえましく思えました。
 アイドルと言っても殆ど仕事が無いというオチ(さらにはフォロワー6人)には驚きましたが、これも業界の厳しさなのかもしれません。
 それでも前向きにがんばる彼女たちには、希望ある前途が開かれることを祈ります。

 9話というとお話も終盤に入るころあいなのですが、あまりお話が核心にまで進んでいないような気がします。
 次回から一気にクライマックスに急展開になるのか、それとも実は分割2期だったりするのでしょうか。
 どちらにしても、初々しいタヅナさんとコヨリさんのままでがんばってほしいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ハンドシェイカー 第8話「Sing a Sonic」

 時間がおしていますが、何とかハンドシェイカーの8話を見ました。
 冒頭からのライブ、いきなりの戦闘でついていけない一面も有りましたが、相手の強さは十分に感じることが出来ました。
 神に近づいた相手が出てきたということで、お話もいよいよ終盤に入ったということなのでしょうか。
 そろそろコヨリさんの能力が出てくる頃なのかもしれません。

【内容】
 冒頭からライブを行い、偉人のことばを引用して勝ち誇るコダマさん。
 マネージャーのヒビキからは「次の予定」が入り、オープニングの後はいきなりタヅナとの戦闘に突入します。
 一人で闘い、あっさりと本名をばらしてしまうコダマに驚くタヅナさんですが、相手の実力は本物でした。

 「何でこんなことに……」
 槙原先生にお金を渡され、コヨリの服を選ぶことになったタヅナさん。
 楽しいデートのはずが、いきなりコダマの襲撃を受けたというのが真相のようです。

 一人だけでも力の差があるにもかかわらず、さらにマネージャーが出てくる状況に勝ち目がないと判断したタヅナさん。
 とっさの判断で、何とか逃走することに成功します。
 槙原先生が言うのは、ニムロデがジグラートを侵食するのは、相手が神に近づいているからなのだとか。

 タヅナを逃したコダマは、ライブがだめになっても「すべてはファンのため」とへこたれません。
 アイドルの語源が偶像であり、アイドルが神になるのは当然なのだとか。
 次こそは、タヅナたちに「魂を刻み込む」のだと意気込みます。

 怪我をして眠ってしまったタヅナを心配するコヨリさん。
 会長に相談し、してあげられることがあるのではないかといわれた彼女は、タヅナに寄り添うことでその痛みを分かち合おうとするのでした。

【考察等】
 冒頭からの展開についていけなかった側面がありましたが、絵や戦闘は綺麗だなと思います。
 今度の相手はアイドルらしいのですが、実際に多くのファンに囲まれているような映像が無かったので、余りそんなイメージが沸かないのですが、それでもハンドシェイカーとしての実力本物なのだと思われます。

 実質上敗北してしまったタヅナさんですが、果たして次回コダマさんとはどのような形で決着をつけるのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム