【アニメ感想】リトルウィッチアカデミア 第25話(終)「言の葉の樹」

 リトアカの最終回を見て感想を書きます。
 ふと人を信じたくなる、そんな素晴らしいお話でした。
 月並みな言葉では有りますが、実にアッコさんらしいいい最終回でした。

【内容】
 憎悪の感情が魔獣を暴走させミサイルが発射されてしまいます。
 皆があきらめる中、アッコは「魔女にできること」があると一言。
 アッコの言葉に触発されたダイアナたちは協力を申し出て、先生方も協力を惜しみません。

 先生の後押しで衣装変更をしてもらい、アッコたちは一直線に飛び立ちます。
 ヤスミンカ、コンスタンツェ、アマンダが切り離され、ホウキのスピードが上がります。
 さらにスーシィ、ロッテも切り離されてついにアッコ、ダイアナはミサイルへと追いつきます。

 ミサイルは迎撃ミサイルを迎撃し、そのまま一直線に進撃します。
 人々がアッコたちなら何とかできると信じ、その感情が魔力となってアッコたちを支えます。
 シャリオたちはその映像を世界に拡散し、「信じる心が魔法」だと人々を鼓舞します。

 高まる魔力にミサイルへと追いつくアッコとダイアナ。
 迎撃ミサイルを別物に変身させるアッコさんはさすがです。
 一旦落下しながらも、伝説のホウキの再来に助けられるアッコに、勝利のBGMが鳴り響きます。
 
 人々の「信じる心」がユグドラシルを生み、信じる心が最大最後の魔法を生みます。
 ミサイルを討ち果たしたアッコたちを賞賛するアンドリューたちに、教え子の活躍に優しい顔を浮かべる先生方なのでした。
 そして、シャイニーロッドはアッコたちに別れを告げ、北斗七星に変貌します。

 クロワは親友シャリオの呪いを解く方法を探るためにとルーナノヴァを旅立ちます。
 相変わらず空を飛ぶことの出来ないアッコでしたが、ちょっとずつ進歩しているとロッテさん。
 皆が見守る中、満面の笑みを浮かべるアッコはついに空を飛ぶことに成功します。

【考察等】
 人を信じることを思い出させてくれるような、素晴らしい最終回でした。
 まさかのミサイル発射には驚きましたが、それでも諦めないアッコさんが素敵すぎます。
 まさに、信じる心が魔法であることを実感するお話でした。

 ロケット噴射のようにミサイルに追いつき、最後はダイアナさんと2人で勝負を決めるところもよかったです。
 当初は嫌味なライバルかと思っていた彼女ですが、気づけばもう一人の主人公でした。
 中盤から優しい顔を見せるようになったダイアナさんが私は大好きです。

 ミサイルを暴走させたのは人々の憎しみでしたが、それを止めたのもまた人々の心でした。
 レースのとき一度出てきたほうきが再登場したのもうれしかったです。
 シンフォギアに代表される胸が熱くなる展開でよかったと思いますし、黒幕だったクロワ先生もすっかりいい人になってよかったです。

 まっすぐなアッコさんにはげまされる、そんなお話だったと思います。
 綺麗に終わったので2期はないのかもしれませんが、あったのなら見てみたい気がします。
 そして個人的にはプレステ4のゲームも気になるのですが……

 これだけの作品を世に送り出した関係者の方々には厚く御礼申し上げます。
 本当にどうもありがとうございました!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】リトルウィッチアカデミア 第24話「アルクトゥルスへの道」

 リトアカ24話を見て感想を書きます。
 杖の暴走はある程度予想の範疇でしたが、シャリオさんの肉体言語に驚きです。
 アッコさんの成長に、涙が止まりません。

【内容】
 かつての親友であるクロワの元に向かったシャリオさん。
 クロワと打ち合うシャリオですが、花粉を浴びて空を飛ぶことが出来なくなっていました。
 唐突に校長先生達が登場します。

 異変を察知してルーナノヴァに戻るアッコたち。
 予想をはるかに超えた「怒り」の感情を吸収して「ノワールロッド」は動きだします。
 そして、今はルーターなしでは魔法を使うことが出来なくなってしまいます。

 変形した杖に乗り、ナインオールドウィッチの封印を解放を目指すクロワさん。
 一方、アルクトゥルスの森に不時着したアッコたちは、クロワ達の元へと向かいます。
 しかし、クロワの手に入れたものは木の枝でしかありませんでした。

 他国のクーデターを政治的に利用しようとするアンドリューのお父さん。
 世界改変魔法を発動することが出来ないクロワは愕然とします。
 高まった感情は暴走しクロワのコントロールすら受け付けません。

 暴走した杖はクロワすら襲いだしますが、脅威の身体能力でシャリオが彼女を救い出します。
 一旦はアッコ、ダイアナがすんでのところで救出されるシャリオですが、クロワをかばって食べられてしまいます。
 シャリオの呼びかけによってロッドを弓に変化させたアッコは杖を破壊することに成功します。

 憧れのシャリオの前に立ったアッコは、彼女にロッドを返します。
 シャリオに会えたことで夢がかなったのだというアッコは、一方でそのことはみんなのおかげであると一言。
 これからもアーシュラ先生でいてほしいと語ります。

 シャリオはシャリオ、私は私。
 憧れを卒業して自分自身の夢をかなえようとするアッコは、シャリオをぎゅっと抱きしめます。
 そしてその気持ちこそが、最後の言の葉だったのです。
 
 「世界よ、変われ!」と念じるアッコさん。
 現れた木の棒はロッドと合わさり、いつしか虹がかかります。
 しかし、不穏なアラームは一体何なのでしょうか。

【考察等】
 ロッドの暴走でまさにラストバトルという雰囲気のお話でした。
 杖がどう見てもモンスターにしか見えないのは、それだけ人間の怒りという感情が強いということなのでしょうか。
 一番恐いのは、もしかしたら人間なのかもしれません。

 花粉を浴びて空を飛べなくなったシャリオさんですが、果敢な肉体言語で杖とバトルを始めます。
 自分を憎んでいるはずのクロワ先生を助けようとするのはすごいと思いました。
 そして、やってきたアッコさんが弓矢で杖を倒したところもとてもよかったです。

 シャリオさんに駆け寄って、自分の思いを告げるアッコさん。
 憧れのシャリオではなく、自分自身になると宣言するところはとてもよかったかと。
 当初の彼女からすると本当に成長したなと感じます。

 7つ目の言の葉を蘇らせ、世界改変魔法を放ったアッコさん。
 これで一安心かと思いきや、どうやらお話はそう単純ではないようです。
 最終回はどんな風に着地するのか、しっかり見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】リトルウィッチアカデミア 第23話「Yesterday」

 リトアカ23話を見て感想を書きます。
 初登場から比べると優しく、強くなったダイアナさんがストップ高です。
 ライバル的な位置づけと思っていた彼女は、実はもう一人の主人公なのかもしれません。

【内容】
 アッコが戻ってこないことを聞いたダイアナは、ひとまずアーシュラ先生に伝えると一言。
 一方、アーシュラ先生ことシャリオの幼い頃の夢は皆を幸せにする魔女になることでした。
 七つの言の葉を探し、6つ目の言の葉までを蘇らせた彼女はもっと多くの人を笑顔にしたいと魔法ショーを始めるようになりました。

 皆の期待に応えたいというシャリオに対して、クロワは夢見るエネルギーを魔法に転換することを提案します。
 ショーにうつつを抜かして何をやっているのかと怒りをぶつけ、クロワはシャリオと決別を宣言します。
 そして、人々の期待に行き詰ったシャリオはその力で月を攻撃してしまいます。

 ダイアナからアッコが戻ってこないことを告げられたシャリオ。
 アーシュラという記録がないことから、自力でアーシュラ先生がシャリオだと突き止めたダイアナは、彼女の事情を聞きだします。
 アッコを追いかけなかったことを責めるダイアナは、シャリオに「失望した」とアッコを探しに向かうこととなりました。

 同級生に事情を語るダイアナを受けて、ロッテたちがアッコを探しに向かいます。
 アッコを発見したダイアナは、自分が大切にしていたシャリオのカードを見せ、自分が隠れシャリオファンだと告げます。
 そんな彼女がわざわざ外国(日本)で魔法ショーを見て興奮したことを伝えます。

 アンドリューからダイアナがかつて魔法を使えなくなったことを思い出したアッコさん。
 自分の経験から失った力は取り戻せることを告げるダイアナは、自分がアッコと同じシャリオへの憧れで努力を続けたこと、そして魔法の勉強の中でシャリオから離れながらも彼女の学んだルーナノヴァに入学したことを告げます。
 自分に出来ないことをする貴女がうらやましかったと自分の気持ちを告げ、カードを送るダイアナですが、そのカードには「信じる心が貴女の魔法」とかかれていました。

 ダイアナの励ましで復活したアッコは、ロッテたちから熱烈な歓迎を受けます。
 一方、すっかり黒幕になったクロワ先生は人工のシャイニーロッドで何かを企んでいました。
 かつての親友を止めるために彼女と対峙するシャリオなのでした。
 
【考察等】
 終盤にきて、ますますダイアナさんの株がストップ高なお話でした。
 自力でアーシュラ先生=シャリオさんだと気づいたところは「さすがダイアナ!」ですし、アッコさんを見つけて以降、自分の過去を語るところで若干涙すら出てきました。
 隠れシャリオファンだったこと、そして努力で魔法を取り戻したという彼女の経歴は、まさにもう一人の主人公にふさわしい人だと思います。

 ナインオールドウィッチの末裔であり1500年の伝統を誇る名家の娘であるダイアナさん。
 彼女をはじめて見たとき、私はアッコさんと正反対の人だと思っていましたが、今思えば彼女もアッコさんと同じ憧れを持つ人でした。
 同じ人にあこがれたからこそ、その復活を後押しする姿がとても尊く、そして輝いて映ります。

 ダイアナさんのおかげですっかり元通りのなった本来の主人公のアッコさん。
 一方で、彼女達の憧れのシャリオさんは、かつての親友と決着をつけるべく動き始めます。
 最終回に向けてますます先が気になり、来週まで待ちきれない、そんな「ドッキドキのワックワク」なお話でした。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】リトルウィッチアカデミア 第22話「シャリオとクロワ」

 リトアカ22話を見て感想を書きます。
 重大なヒミツが明らかになり、お話もいよいよ大詰めにさしかかったような気がします。
 アッコさんが心配になりますが、彼女ならきっと何とかなると信じたいのです。

【内容】
 いよいよ全てを語ることを決意したアーシュラ先生。
 一方、サッカーについての抗議活動が2カ国の戦争への危機へとつながります。
 アンドリューは戦争やむなしと考えるそんな父親に対して疑問を呈します。

 ダイアナがアッコを尋ねますが、彼女はアーシュラ先生に呼び出されていました。
 先生は七つ目の言の葉を教えるとともに、それは貴女の胸の中にあると一言。
 そして、全てを語ろうとするところでダイアナからアンドリューの言伝を聞き、キャンセルされてしまいます。
 アッコが去った後、ダイアナは異変とクロワ先生との間に関係があるのではないかと推測します。

 異変を察知して飛び出すアーシュラ先生ですが、花粉の影響で空を飛ぶことが出来なくなっているようです。
 一方、アンドリューに呼び出されたアッコは、以前忘れていた帽子を返してもらいます。
 アッコはサッカーに関するヘイトについて「恐い」と告げるとともにシャリオがいればいいのにと一言。
 人を感動させるのはシャリオではなく自分でやるべきと言われ、やる気になるアッコなのでした。

 例のキューブがヘイトに沸く人々に反応しているのを見つけたアッコは追いかけることに。
 情報を捻じ曲げヘイトに沸く人々を煽るクロワ先生ですが、アッコは彼女が黒幕であることには気づいていないようです。
 クロワ先生は自分が怒りや憎しみの感情を吸い込み魔法のエネルギーにしようとしていたのです。

 思いだけでは世界は変わらないとクロワ先生。
 魔法は人を喜ばせるためのものだと語るアッコは、かつてのシャリオと同じ結論に至っていました。
 親友と同じ言葉にいらだつクロワ先生は、キューブを魔物に合成し、アッコに襲い掛かりますが、そこにアーシュラ先生が助けに入ります。

 覚醒したアーシュラ先生の髪は赤くなり、またクロワ先生の言葉から、アッコはアーシュラ先生が憧れのシャリオであることに気づきます。
 クロワ先生によるとシャリオは、夢見る力を魔力に変えることを行っていたとのこと。
 アッコが空を飛べないことは、シャリオが魔力を吸い取ったことが原因だと判明します。

 先生との思い出、シャリオのかつて言葉を思い返し立ち去るアッコさん。
 残されたアーシュラ先生に、言の葉には届かないと語るクロワ先生なのでした。

【考察等】
 今回はついにアーシュラ先生がシャリオさんだと気づくお話でした。
 しかし、その内容は同時に彼女が夢見る心から魔力を吸い取っていたという衝撃の事態でもあったのですが。
 彼女がそこまで魔力を集め続けたことと、7つ目の言の葉にはなんらかの関係があるのでしょうか。

 人間の負の感情を集めるクロワ先生に、すっかり黒幕の貫禄を感じます。
 魔力が枯渇する中、負の感情を集めることしかないと判断してのことなのでしょうが、彼女の笑顔が時折恐いです。
 シャリオさんもクロワ先生も感情に着目したという点では同じなのかもしれませんが。

 アッコさんが空を飛べないことについて、魔力を吸われたという理由付けが提示されました。
 そういえばダイアナさんも一時期スランプになったときがあったようですが、それもこの影響でしょうか。
 そう考えると、アッコさんが再び魔力を取り戻す可能性は十分にあるように思えます。

 信じていた人に裏切られたという感覚からか走り去っていくアッコさん。
 それでも彼女なら、きっと立ち上がるのではないかと私は信じたいです。
 とにかく次回を、しっかり待ち続けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】リトルウィッチアカデミア 第21話「ワガンディア」

 リトアカの21話を見て感想を書きます。
 アーシュラ先生のどこまでもまっすぐなところを見ると、目頭が熱くなります。
 アッコさんはつくづく先生に恵まれたなと実感するお話でした。

【内容】
 忘れた帽子を届けようと、アンドリューはアッコに再び会おうとします。
 そんな中、町ではクロワ先生が作ったと思われる怪しいアプリが流行していました。

 5つ目の言の葉を手に入れたことをアーシュラ先生(=シャリオ)に報告するアッコさん。
 先生によると、次の言の葉「デュオーン」はもっとも大切な言葉の一つとのこと。

 図書室で調べ物をするアッコに、ダイアナの取り巻きはダイアナを連れ戻したことについて感謝を述べます。
 その後現れたクロワ先生は「ワガンディア」という木を、シャリオものぼったのだと伝えます。

 憧れの魔女ものぼったと聞くといてもたってもいられないアッコですが、アーシュラ先生は花粉が飛び散って危険だからとアッコの挑戦を認めようとしません。
 ふてくされるアッコに、花粉を浴びたら空を飛ぶ能力を失うことを告げ、先生の忠告を聞くべきと若干のデレを見せるダイアナさん。
 しかし、アッコはクロワ先生の甘い誘いに乗り、ワガンディアにのぼることを決意します。

 ワガンディアにやってきたアッコに、クロワ先生はアーシュラ先生についての不信感を煽ります。
 黙々とのぼるアッコをよそに、追いかけてきたアーシュラ先生と対峙するクロワ先生。
 かつて杖に選ばれたのは、クロワではなく、シャリオ(当時のアーシュラ先生)だったのですが、今のクロワ先生が言うには「杖は必要ない」とのこと。

 アッコを心配するアーシュラ先生の手をはねのけ、さらに上に上るアッコさん。
 それでもアッコを護ろうとする先生は、突然の花粉を受けて落下するアッコを、その身をもって救います。
 先生のひたむきさに涙を流し「ありがとう」と言葉を発するアッコさん。
 その瞬間、杖が光り輝き、アッコは6つめの言の葉を手に入れるのでした。

 一方、「杖は必要ない」と豪語するクロワ先生。
 彼女は自作で杖と同じものを作り出し、世界改変魔法に到達しようとしていたのでした。

【考察等】
 毎回のように向こう見ずなアッコさんは相変わらずでした。
 とはいえ、先生の忠告を聞かずに独断専行し、さらにはその手をはねのけるのは、いくらあこがれの魔女に近づきたいという一心があっても、どうなのだろうと思います。
 アッコさんがいたらないからこそ、それでも弟子を護ろうとするアーシュラ先生への感動が強まるのも事実なのですが。

 前回のお話を経て、きつい印象のあったダイアナさんも少しやわらかくなったような気がします。
 取り巻きの2人も、素直にお礼を言えるのは普通にいい子だと思いました。

 クロワ先生とアーシュラ先生の関係については色々思うところが大きいです。
 自分が杖に選ばれなかったクロワ先生は、逆恨みでアッコさんをつぶそうとしているのでしょうか。
 そして、彼女が世界改変魔法を求める理由は不明ですが、そのあたりに何か重大なものを感じます。

 紆余曲折を経て、なんとか6つ目の言の葉を入手したアッコさん。
 シャリオさんでも到達できなかった最後の言の葉は一体何なのでしょうか。
 そして、アーシュラ先生がシャリオその人だと知ったときの、アッコさんと(隠れシャリオファンの)ダイアナさんがどんな顔をするのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム