【アニメ感想】結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第3話「にちじょう」

 ゆゆゆ2期の3話を見て感想を書きます。
 平和な日常に癒される一方で、それが大きければ大きいほどその反動が恐ろしいです。
 それは、お友達との関係がよければよいほど別れが恐ろしくなるのと同じことなのかもしれません。

【内容】
 厳しい訓練を終えた須美、園子、銀は、先生にしっかりと休息を取るようにと告げられます。
 いきなり車で迎えにきた園子の妙なテンションに困惑する須美なのでした。
 オープニングの後は園子が銀に可愛らしい服装をさせ、須美はカメラマンとなってしまいます。

 銀のお着替えのあとは須美が「非国民の服」であるドレスを着せられてしまいます。
 園子は夢で3人でアイドルになる夢を見て、猫の大群の中太鼓を叩きます。
 学校では黒板に軍艦を描き、歴史学者になりたいという夢を告白し、園子は小説家になると主張します。
 そして、銀のかつての夢はヒーローで、今は普通に家庭を持つことなのだとか。

 園子の小説に触発され、みんなを護国思想に染めようとする須美ですが「固すぎる」と言われてしまいます。
 次なる園子の夢では須美は軍服に身を包む「国防仮面」となっていたとのこと。
 そんな中、1年生とのオリエンテーションのお話になりました。

 園子は机の下に羅漢像ラブレターらしいものを発見します。
 出した人は女の子とのことでしたが……
 なお、帰宅した須美に届いた手紙は口うるさいという苦情でした。

 水泳をする須美と銀はいきなり勝負を初め、次はオリエンテーションの作業を進めます。
 2人のおかげで最高のオリエンテーションになると語る須美さんが素敵です。
 そして紙芝居の中で「国防体操」を行い護国思想を植えつけて先生に怒られてしまい、園子の夢ではうどん禁止を強いられます。

 須美は休日も3人になり、銀は相変わらず弟の世話にいそしみます。
 あっという間のお休みは終わり、1人だけ道の違う銀を引きとめる須美さん。
 日常を守るために、気持ちを一つにする3人はお泊り会をすることになりました。

【考察等】
 短編集のようなお話で、まるでごちうさ等のきらら系を見ているかのようでした。
 すっかり仲良しになった3人の日常がとにかく面白く、そして癒されました。
 園子さんの夢(特にライブシーン)が中々シュールで、そういえば須美さん(の中の人)はラブライブの海未さんだったと思いだします。

 お着替えの銀さん、そして須美さんのドレス姿がとにかく可愛らしかったです。
 護国思想に染まる須美さんは相変わらずですが、銀さんの夢が「お嫁さん」という女の子らしさが素敵だと思います。
 1年生に紙芝居をするシーンは(体操のシーンに驚きつつも)これが後の1期で紙芝居をするところにつながるのでしょうか。

 楽しい日常が終わりを告げ、いよいよ本当の戦いと悲劇が始まるのでしょうか。
 銀さんが2人と別れるところで呼び止めるシーンに、後に何かあるのではないかと思うのは私だけではないかと。
 次回の「たましい」という言葉に不安を覚えつつも、最後まで彼女たちをしっかり見届けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第2話「ともだち」

 ゆゆゆの2期1話を見て感想を書きます。
 3人の距離が縮まって、こころがほっこりするお話でした。
 一方で、冒頭とラストのナレーションにいやな予感しかしないのですが。

【内容】
 須美、園子、銀が「勇者」として初の「お役目」を果たしてから半月が経過します。
 2度目の戦いは銀のごりおしで勝利しますが、先生に怒られてしまいます。
 先生からは連携に課題があるといわれ、園子がリーダーになることに決定します。

 連携を深める為に合宿を行うことになりますが、銀が思い切り遅刻してしまいます。
 先生の指揮で厳しい練習と3人での共同生活が始まります。
 お風呂場では激しいスキンシップに先生も加わることになりますが……

 焼き鳥が大好きだと鳥のパジャマを着る園子さん。
 好きな人のお話になり、園子は須美と銀が好きだというところがほほえましいです。
 そして合宿の終わりでも、その後の学校でもやっぱり遅刻する銀なのでした。

 遅刻の常習犯の銀を心配して、彼女の家にやってきた須美と園子。
 幼い弟を世話したり、人助けをしたりと大忙しな銀さんなのでした。
 そして、例のごとくバーテックスが出現して戦闘が開始されます。

 1人気を張る須美は園子、銀に言われて正気を取り戻します。
 銀が敵の攻撃を受け止め、園子のサポートを得た須美は敵を攻撃することに。
 信じられない力を発揮した銀によって敵は撃退されますが……

 戦いを終えた三人は草原で寝そべって語り合います。
 須美は自分が足を引っ張っていたことを痛感して涙を流します。
 互いの距離が近づいたようで何よりでした。

【考察等】
 ほのぼのムードはいいのですが、冒頭と最後のナレーションに今から涙が出てしまいます。
 まあ、私を含めて1期を見ていた人の多くは結末をある程度読めているわけなのですが。
 それでも、作中の日常を精一杯楽しめればいいなと思います。

 今回は合宿であると同時に銀さんのお話だったようです。
 彼女の闘争心は夏凛さんを、そして人助けをするところは友奈さんを思い出します。
 銀さんとの出会いはその後の、須美(→東郷)さんと友奈さんとの関係にも影響を与えているのかもしれません。

 今回は、須美さんと園子さん、銀さんがますます親しくなれてよかったと思います。
 お話がきれいであればあるほど、その結末(1期を考えるとつらくなるのも事実なのですが。
 それでも、最後まで見続けていけたらと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第1話「わしおすみ」

 ゆゆゆ2期の1話を見て感想を書きます。
 前半戦は、後に1期で東郷美森さんとなる鷲尾須美さんのお話、つまり前日談のようです。
 1期とは異なり「元気」な園子さんにどこかうれしさを感じるのは私だけでしょうか。

【内容】
 いつもどおり登校する(鷲尾)須美は隣の(乃木)園子に突っ込みを入れます。
 さらに遅れてやってきた(銀魂ではない)銀さんは思い切り遅刻してしまったようです。
 そうかと思えば周りの生徒や先生の動きが止まり、ついに「お役目」のときがやってきます。

 神樹の作り出した結界に入った須美、園子、銀の3人は敵の来襲に備えます。
 彼女達の使命は敵であるバーテックスを神樹に近づけないことであり、早速呪文を唱えて「勇者」に変身します。
 しかし、それぞれが分断されてピンチに陥ってしまいました。

 自分の弓矢でダメージを与えられないことに困惑する須美ですが、園子は何かをひらめいたようです。
 須美の弓で気をそらし、園子の槍を盾にして前進し、銀は一気に接近戦でバーテックスを撃退します。
 初勝利に沸く3人ですが、須美は自分だけでは勝てなかったことを痛感します。

 インターネットで友達の作り方について調べる須美さん。
 お役目によって教室を離れることのあることがクラスの先生から告げられます。
 友達づきあいの苦手な須美は園子、銀を伴って祝勝パーティーを行うこととなりました。

 堅さが残る須美は自分が仲間を頼りにできなかったことから仲良くしてほしいと告げ、2人はあっさりと了承します。
 園子はいつの間にか須美を「すみすけ」と呼んでいましたが、今度から「わっしー」と呼ぶことになりました。
 絶品のジェラートを食べてご満悦の皆さんを見ているとこちらも幸せな気持ちがするのでした。

【考察等】
 待望の2期(の前半)は1期の前日談で、東郷さん=須美さんの過去のお話でした。
 前日談ということでステイナイトに対するFate/Zeroのような感じでしょうか。
 1期を知っていると結末がわかってしまい、ある程度耐性が付くという意味ではいいかもしれません。

 須美さんと園子さんは1期でも出ていますが、2期初出の銀さんに(1期の)夏凛さんと友奈さんの面影を感じます。
 1期で銀さんが出てこないところを見ると彼女はやはり命を落とすのでしょうか。
 3人の仲良しな光景には癒されますが、(特に園子さんの)結末を知っていると、複雑な感情を抱くのは私だけではないと思います。

 前半戦は6話、後半では後日談のお話となるようです。
 ナレーションとして「その結末は」と語る園子さんに思わず涙が出そうになってしまいました。
 つらい展開を予期しつつも、最後までがんばって見ていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】続編放送に先駆けて「結城友奈は勇者である」(全12話)を見たのでまとめます

 映画公開と続編の製作発表のあった「結城友奈は勇者である(ゆゆゆ:公式略称)」を一通り見たのでまとめようと思います。
 今日はラブライブの海未さんのお誕生日で、今作の東郷さんと声優さんが同じなのは妙な偶然です。

 タイトルの「勇者」という言葉からファンタジーを連想してしまいそうですが、どちらかといえば「魔法少女」のカテゴリーに近いように思えます。
 魔法少女といえば、まどマギが一大ブームになってから、それに影響された作品が多く世に出てくることになり、おそらくゆゆゆ(やさらに昨年冬の「まほいく」)もその流れのひとつに数えられのではないかと。

 お話を通じて、友奈さんと東郷さんや他の勇者部の皆さんといったキャラクターの「優しさ」がよかったと思います。
 まどマギの登場人物もとても優しい人が多いですが、それゆえに衝突を繰り返していったのとは対照的なように思えます。

 詳細な内容、及び完走した感想については、この後追記でまとめていきます。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム