【アニメ感想】セイレン 第12話(終)「ハツコイ」

 セイレンの12話(最終回)を見て感想を書きます。
 文化祭の楽しそうな雰囲気も、そして最後の告白も王道といった感じでよかったと思います。
 同日に「クズの本懐」があるからか、正一さんや今日子さんを見るとほほえましく思えるのは私だけではないのかもしれません。
 なお、他の2人のヒロインについては、別ルートだと考えておこうと思います。

【内容】
 いよいよ待ちに待った文化祭が始まります。
 鹿のコスプレをした耀は客引きのはずがサンタコンクールへの参加登録へ出かけてしまいます。
 その穴を埋めるかのように鹿肉に串を刺す正一さんは、今日子の元へと向かいます。

 家庭部でケーキを販売する今日子たち。
 彼女の前に立った正一は、「二人で話したい」とつげ、屋上で待っていると去ってゆきます。
 なお、サンタコンクールの優勝者は耀ではなくて透先輩でした。

 部活の打ち上げで、家庭部に入ってよかったと語る今日子さん。
 高校生として褒められるよりも大切なことがあるという彼女は、先輩方の後押しもあって、正一の待つ屋上へと向かいます。
 自分を男としてみてほしいと告げる正一は、恋人になってほしいと告白します。

 おでんを食べながら答えを考えると告げた今日子。
 正一の上に座り、下着の色をしゃべった後、自分を女の子としてみてくれたことに喜びを感じます。
 今日子がほしいと告げる正一に、しっかり向き合おうとする今日子さん。
 そんな彼女を抱きしめ、熱い口付けをかわします。

 そして、10年後。
 2人は結婚し、1人の子供をもうけていた模様です。

【考察等】
 文化祭の時期が冬というのは珍しい気がしますが、そのほかはおおむね王道という展開だったと思います。
 正一さんと今日子さんの関係もいいですが、これまでのヒロインだった耀さんだったり透先輩だったり、他の皆さんもそれぞれ見せ場があるのもよかったです。
 前回失恋したという郁夫さんは泣いていいのかもしれませんが。

 10~11話と、互いに異性として向き合いつつあった2人が、今回その気持ちに決着をつけます。
 屋上と花火というシチュエーションはなかなか素敵だなと思いましたし、2人が結ばれたのは良かったと思います。
 一方で、他のヒロインは別ルートだと考えておいたほうがよろしいかと。

 クズの本懐という変化球(危険球?)に対して、セイレンはまさにまっすぐの直球だったように思えます。
 ちょっとエッチながらも、ただ一人の相手をまっすぐに見る正一さんはまさに青春でした。
 最終的に結ばれた今日子さんは、幼馴染というポジションもそうですし、大人しそうなキャラクターも王道ではないかと。
 他のヒロイン、特に透先輩には趣味が近いので親近感を覚えていたのですが、親しみやすさでは今日子さんが勝るのかもしれません。

 アニメの数が多いために初めは見送ろうとも思っていた本作ですが、最後まで見てよかったと思います。
 また、世界観を共通するという「アマガミ」についても少し興味が出てきたので、いずれ見てみたいと思う今日この頃です。

 最後に、関係者の方々には、この作品を生み出していただいたことに厚くお礼を申し上げて締めくくりたいと思います。
 どうもありがとうございました。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】セイレン 第11話「カクセイ」

 朝見られなかったセイレンの11話を見て感想を書きます。
 他のヒロインの皆さんもそうでしたが、大人しそうな今日子さんも中々積極的な攻めを見せてくれます。
 手編みのおパンツを作るという発想はさすがに無かったです。
 正一さんが今日子さんにどのような思いを告げるのか、私、気になります!

【内容】
 ぼうっとしていて車にひかれそうになった今日子を助ける正一。
 今日子は、正一が他の人をデートに誘ったのかを確認しますが、それは荒木先輩が彼をはげます為に行ったものとのこと。
 さらに郁夫に対する壁ドンは、その先輩のまねだったことが判明します。

 「ずっとなかよくしたい」と今日子は、正一に手編みのパンツを手渡します。
 その後、買い物に付き合ってほしいと向かったのは、下着のお店でした。
 今日子と下着でドキドキする正一さん。

 家庭部が風紀委員に言われていたクリスマスの飾りは、見事に完成を迎えます。
 最後まで諦めなかった今日子を褒め、正一はイブの予定を再び聞く事に。
 その日は、ケーキの売り子さんをするのだと今日子。

 帰り道、仮面をつけた男子生徒を発見した正一さん。
 その正体は、失恋してしまった郁夫でした。
 見事に思いを告げた郁夫に、お前のような男になりたいと語る正一。
 一方、今日子は正一を意識してケーキ作りを失敗してしまいます。

 わきあがる思いを発散する為、トレーニングを始める正一。
 今日子の送ったパンツが男性ものだったことから、彼女が自分を男性として意識していることがわかります。
 外に出て走り出した正一は、悔いのない告白にするのだと誓うのでした。

【考察等】
 今日子さんと正一さんの絡みは、見ていてとてもほほえましいです。
 その前に見た「クズの本懐」がいろんな意味で強烈だったのもありますが。
 どちらも、まっすぐに互いを異性として意識し始めているなと思います。

 郁夫さんは見事に玉砕してしまったようで気の毒です。
 恋愛ごとというのは私自身余りよくわからないのですが、人を好きになる感情というのは素敵なものだと思いたいです。
 報われないとどうしてもつらいのだと思いますが、正一さんの恋は報われてほしいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】セイレン 第10話「オサガリ」

 セイレンの10話を見て感想を書きます。
 今日子さんのお話の続きですが、正一さんをとなりの「お姉さん」と形容したのは驚きました。
 少しずつ正一さんを男性としてみつつあるところに、お話は若干の進展を感じます。
 余談ですが、文化祭は大体秋ごろのイメージがあるのですが、これも学校によって違うのでしょうか。

【内容】
 家庭部に入った今日子にケーキを作らせようと言い出すお姉さん。
 一方、正一のクラスの文化祭の出し物が、どういうわけか「鹿肉」のお店に決定します。

 クリスマスの予定について、好きな子を優先するからと断る郁夫さん。
 そんな彼は、正一に「お前には今日子がいる」と一言。

 風紀委員は、詩織先輩の内申とひきかえにクリスマスツリーの飾り作りを迫ります。
 先輩はツリー作りをすることとなり、残された今日子はコスプレ姿で部室で眠っていました。
 意外な姿に驚く正一に、ケーキを振舞う今日子。
 何でも、文化祭でケーキを販売するということらしく、ケーキ疲れが出てきたとのこと。

 今日子をデートに誘う上で、耀にアドバイスを求める正一さん。
 大人のホテルの映像を見て真っ赤になる耀さんが可愛いです。

 家庭部のクリスマスツリーの飾りのことで、今日子と記事を探すことになった正一さん。
 自分の家で古着を何枚か持っていくことに。
 お姉さんがいればお下がりがもらえたとつぶやく今日子に、少し小さくなったコートを渡します。

 正一は隣のお姉さんのようだと形容する今日子さん。
 そんな彼女をデートに誘う正一ですが、検索結果からホテルの映像が出てしまい、今日子は真っ赤になってしまいました。
 イブは文化祭の後片付けがあるという理由でだめだったのですが。

 悩める後輩のために力を貸す家庭部の先輩方は、今日子を連れて耀の下へ。
 しかし、自分がクリスマスデートを誘われたといい、なりふり構わない男を「節操が無い」と切り捨てる耀に、今日子はその場を後にします。
 そして、正一のためにと夜なべして編み物をするのでした。

【考察等】
 正一さんと昔のまま接しつつも、少しずつ相手を男性としてみている今日子さんが素敵です。
 そして、彼女をサポートしようとする家庭部の先輩方もいいキャラしているなと思います。
 余談ですが、暖房器具を「宝具」と言い出す先輩に、Fateかよと突っ込みを入れそうになったのは内緒です。

 郁夫さんが抜けたことで、クリスマスの相手を探す正一さん。
 幼馴染の今日子さんを選んだ彼ですが、これまでの2人のヒロインはどうなったのでしょうか。
 まあ、1~4話、あるいは5~8話とは、別々のルートをたどっているのかもしれませんが。

 文化祭の出し物は、大体お店か、演劇かの2つにひとつのイメージがあります。
 先ほど見た「政宗くんのリベンジ」では後者、こちらでは前者に決定したようです。
 とはいえ、文化祭そのものというよりも、こちらはその後のデートが中心になりそうです。

 各ヒロイン4話ずつと考えれば、11話で文化祭、12話でその後夜祭あたりなのでしょうか。
 夜なべして編み物を編む今日子さんの思いやりが、どこか胸を暖かくしてくれるような気がします。
 彼女の思いが、正一さんに通じることを祈らずにはいられません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】セイレン 第9話「カテイブ」

 少し時間がおしていますが、セイレンの9話を見て感想を書きます。
 今回からは幼馴染の今日子さんがヒロインとして登場するもようです。
 正一さんの意外な一面、そして家庭部の皆さんがなかなか面白いです。
 あと3話で、今日子さんがどのように成長していくのか、私、気になります!

【内容】
 幼い頃、魔法少女の格好をして今日子と遊んでいた正一さん。
 ステッキの渋いお声が中々シュールです。
 
 リゾートホテルに行ったと嘘をつく耀を観察している正一の前に、少女マンガの新刊を持ってくる今日子さん。
 正一は幼馴染の彼女に向かって、中学生っぽいと語り、その場を離れます。
 こっそりと少女マンガを読む正一に、姉と話をしていたワンゲル部の部長(先生だと思ってました)が迫ります。

 今日子にパンケーキの店に行こうと誘われた正一は、自分が男とみなされていないことに憤ります。
 途中で遊んでいた男の子(耀のバイト先の息子)に魔法少女の変身ポーズを披露たあと、お店では「男を見せてやる」とすごい勢いでパンケーキを食べてゆくことに。
 そんな正一は、耀や透先輩との関係を見られていて、変わったなと言われるのでした。

 姉とワンゲル部の部長の話から、家庭部が如何わしいと考えた正一。
 一方、中学生っぽいといわれて少女マンガを処分しようとしていた今日子は家庭部に誘われることに。
 今日子は正一を連れて、夜の学校へと向かいます。

 夜の学校、庭部によって着物姿になった今日子さん。
 この学校の「家庭部」は料理をするにあたり衣装から本格的に入っていく性質のようです。
 部長の詩織から、古着を売って活動資金に当てていること、そしてワンゲル部の怒りは逆恨みだったことを知った正一は安心し、また、今日子は家庭部に入部することを決意します。

【考察等】
 冒頭から主人公の女装、そして中田さん(注:Fateの綺礼さんの声)のステッキに驚かされます。
 今日子さんが変わろうとしているところが魅力的な一方で、正一さんの意外な趣味には驚かされてしまいました。
 さすがに今後女装がまた出てくるは思いませんが。

 高校1年だと、中学生と余り変わらないといわれてもそんなものなのかもしれません。
 それでも、女性に縁がないと思われていた幼馴染が耀さんや透先輩と交流を深める中、今日子さんが焦っていたのではないかと思います。
 一方でマイペースな自分を振り返ると、特に何も考えることは無かったような気がします。

 最後に、家庭部の先輩方が色々と個性的で面白かったです。
 今日子さんが、個性的な先輩方に囲まれてどう成長していくのか、次回が楽しみです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】セイレン 第8話「モフモフ」

 セイレンの8話を見て感想を書きます。
 透先輩のお話が今回で一段落しますが、前回あたりから顔を赤くして女の子らしい表情が目立つようになってきたような気がします。
 耀さんの時よりは明らかに進展があったように思えますが、通してみていると、正一さんが二股をかけているように見えるのは私だけでしょうか。
 そのうえ、次回からはまた別のヒロインが出てきますし、最終的には三股になってしまうのかもしれませんが。

【内容】
 即売会の人手の多さに驚く正一さん。
 栞先輩のブースにやってきた正一は、コスプレした透先輩の「モフモフ」に興奮します。
 マスコットを並べるのを手伝った後、フォローしようと客に話を切り出しますが、裏目に出てしまったところはご愛嬌でしょうか。
 シカのマスコットをつけようとして透先輩は恥ずかしそうに去っていきました。

 カメラマンに撮影される透先輩を、正一は姉をおとりにして助け出すことに成功します。
 コスチュームの脱ぎ方がわからないという先輩を手伝う正一ですが、ファスナーの位置に困惑してしまいます。

 イベントは終了し、打ち上げに入ったお店は耀のバイト先で、気まずい雰囲気に。
 正一に褒められたことで、人に喜んでもらえるようにとマスコットを作っていたという透先輩は、進路が少し見えてきたとのことで、明日からは受験生に専念するのだとか。

 耀を褒める一方で、自分を褒めてくれない正一に、一人立ち去る透先輩。
 受験生に戻る前に「最後のチャンス」としてデートを求めるとともに、告白をしますが、そのような感情に慣れていない先輩からは「ごめんなさい」と一言。
 それでも、のど仏にキスをして好意があることをアピールします。

 「これからも追いかけてくれる?」
 今まで自分を追いかけてきてくれたのは正一だけだったと語る先輩。
 正一は彼女を抱きしめて唇を重ね、そのままデートをすることに。

 10年後、透先輩は保育園の先生となり、正一は同じ保育園のバスの運転手となっていたのでした。

【考察等】
 イベントの人ごみはよく言われますが、都会と田舎の落差を感じる今日この頃です。
 そういえば、昨日見たメイドラゴンも同じく即売会のお話でした。
 さすがにこちらにはドラゴンや異形の人は着てはいないようですが。

 透先輩のコスプレ衣装もよかったのですが、お姉さんまでコスプレしてくるのは意外でした。
 と言いましょうか、栞先輩も含めて、3年生が皆美人さんで素敵だなと思います。
 この3人の絡み、メインヒロインから外れながらも出演が多い耀さんみたいに、今後もまた出てきてほしいなと思います。

 今まで「遊び相手」として人を見てきた透先輩が、正一さんを少しずつ男性として意識し始めていたところは良かったです。
 耀さんに嫉妬に似た感情を見せるところも、彼女のそんな変化のひとつなのかもしれません。

 最終的に同じ職場になった2人ですが、パパと言っていたところをみると、結婚したのでしょうか。
 耀さんとは再会しながらも進展せず、最終的には透先輩とくっついたという結論と判断できそうな気がしますが、それがわかってしまうと、3人目のヒロインの立場が無いような気がするのは私だけでしょうか。

 次回から新しいヒロインが出てくるみたいです。
 互いに名前で呼び合うところを見ると、幼馴染か何かなのでしょうか。
 私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム