【アニメ感想】アイドル事変 第12話(終)「なんてったってアイドル議員!」

 アイドル事変の最終回を見たので感想を書きます。
 いろいろと強引な手法はあったのかもしれませんが、最終的にうまくいったようで何よりでした。
 一方で、アイドルとしてはともかく「議員」としての活動に疑問符がつくというのは総理のおっしゃるとおりなのかもしれません。
 無茶苦茶な題材だと思っていましたが、それなりに色々と考えさせられたので良かったと思います。

【内容】
 世間の逆境に対抗するためにライブを行うことにした夏月と静。
 しかし、ライブには全く人が集まりませんでした。
 ネットの告知は「中止」と改ざんされ、さらに雨が降り出してきてしまいます。

 「私達、アイドルだから」
 夏月と静は、この絶対的な不利にもかかわらずライブを強行します。
 歌声を聞いた人々が集まり、それがネットに拡散されたことで、他のアイドル議員を含めた多くの人がライブの事実を知ります。
 しかし、桜庭総理はそれに対して高速道路の出口を封鎖したり、電車を止めるなど交通を麻痺させて妨害を図ります。

 人々を波に見立ててサーフィンでやってくるアイドル議員やそれに続く人々。
 入り口では刃物を持った人が立ちはだかりますが、古里先生(元楼凱党)が彼らと戦うことに。
 ネコ島の議員さんはヘリコプターを出して援護します。
 妨害工作が通じない相手に対して、桜庭総理自らが出撃することに。

 サーフィンやマンホール、空中などのあらゆる手段で集まるアイドル議員たち。
 「チェリーセブン」との頂上決戦のときに使った衣装を纏い、党派を超えたライブが始まろうとしてしました。
 機動隊を動員する楼凱党ですが、夏月が警察署長をしていたときの刑事さんが手のひらを返してそれを阻止します。

 「あいつらはアイドル議員だ」
 ライブの阻止がかなわなかった総理は高笑いをはじめ、あるひとつの決意をします。
 突然現れた「チェリーセブン」ですが、彼女たちは壁として立ちはだかるといっただけに留まります。

 ライブの結果を受けた総理は、国会を解散させて総選挙を行うことに。
 選挙の結果、楼凱党は多くの議員を落選させたのに対して、アイドル議員は全員当選。
 それでもおもねることもなく「かかってきなさい」と延べる総理はかっこよかったと思います。
 なお最後は、国会議事堂でライブを行ってお話は終了しました。

【考察等】
 色々と思い切った設定で、面白い作品だったと思います。
 アイドルとしては文句なしで、「議員」としてみたときは疑問符が残りますが、それも最終的に当選したところを見ると国民の判断を尊重すべきなのかもしれません。

 今回は楼凱党がホームページ改ざん、交通機関を麻痺させるなどなりふり構わず妨害してきます。
 大人気ないと思う一方で、それだけアイドル議員が政権与党である彼らを追い込んだことも事実なのではないかと思います。
 それに対して、改心(洗脳?)した元楼凱党の皆さんがいい仕事をしていてよかったかと。

 前半はライブでアイドルの側面が出ていましたが、後半では総選挙と「議員」の側面が出ていたと思います。
 ライブの効果もあったのかあっさり当選する皆さんはさすがです。
 一方で、あれだけ落選した楼凱党を考えると、総理はもう総理大臣ではなくなっているように思えます。
 それでも「かかってきなさい」と大物感を出しつつ、ライブでは足を動かしているのがお茶目で楽しいです。

 今思えば、冒頭のナレーションから色々とぶっ飛んだ作品だったと思います。
 私達の住む世界がナレーションがいう「暗黒時代」かどうかはわかりませんが、大変な時代だからこそ、私達は何か癒しを求めているのかもしれません。
 最低でも、日曜日のオルフェンズの後だと、すごく安心して見られることは事実でした。

 春からまた新しいアニメが始まりますが、アイドル事変のように楽しい作品が一杯出ることを祈って筆を置こうと思います。
 これまで本当にお疲れさまでした。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイドル事変 第11話「MajiでLiveの5秒前」

 アイドル事変の11話を見て感想を書きます。
 次から次へと手を打ってくる桜庭総理の手際のよさが、日曜日のラスタルさんに通じるところがあると思う今日この頃です。
 とはいえ、あちらのように死人が出るわけではないので安心してみていられるのは大きいですが。
 次回で最終回とのことですが、最後は総理も洗脳されて終わりなのかもしれません。

【内容】
 チェリーセブンとの頂上決戦を制したアイドル議員ですが、桜庭総理の突然の国民投票に動揺を隠せません。
 アイドル議員禁止法案は僅差で可決され、桜庭総理は「政治はおろそかにしてはいけない」と正論を述べます。
 そんな中、自分の責任を感じてしまう静さん。

 「アイドル議員にならなきゃよかった……」
 すっかりやる気を失ってしまった夏月に、祖母は始めてのアイドル議員である「三日月神楽」のことを聞かせます。
 最終的には総理大臣となり、暗黒時代を明るくしたという彼女は、夏月とほぼ同年代だったのだとか。

 その目で確かめるようにといわれた夏月は、新潟の駅へと向かいます。
 そこにはかつて補欠選挙を戦っ(て洗脳され)た鷺宮が、駅前の掃除をしていました。
 法案は禁止されたものの、すべての国民がアイドル議員を否定したわけではないとする鷺宮さん。
 「志さえあればやっていける」と語る彼の姿、そして、今までであった楼凱党を離党した議員たちがそれぞれ時代を解決していることを知った夏月は、やる気を取り戻します。

 静と合流した夏月は、皆に笑顔を届けたいとライブを敢行することに。
 しかし、ライブの会場には、誰一人人の姿は有りませんでした。

【考察等】
 鉄血のオルフェンズのような命に関わる危険ではないですが、ピンチの続く皆さんです。
 桜庭総理の議員としての政治活動がおろそかになっているというのは、実際正論ではないかと思えますし、だからこそ法案が通ってしまったのではないかと思います。
 とはいえ、実際事態を解決した元楼凱党の議員を改心(洗脳)したのは彼女たちだということを考えると、アイドル活動が日本をよくしているといえるのかもしれませんが。

 三日月といって、もちろん鉄血のオルフェンズを想像してはいけません。
 こちらの三日月さんも、夏月さんのようにライバルの議員を次々とライブで洗脳していったのでしょうか。
 アイドル議員がどのように、国民を笑顔にしていくのかも気になるところです。

 何はともあれ、夏月さんが元気を取り戻したのは良かったと思います。
 国民投票の結果を受けてもライブを行うということが、民主主義の否定ではないかという突っ込みはこの際なしの方向で。
 最終的に、彼女の声を聞いた国民がどう判断するのか、しっかりと見届けたいと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイドル事変 第10話「ダンシング・ヒロイン」

 アイドル事変の10話を見て感想を書きます。
 超党派のユニットによって、チェリーセブンとの直接対決に臨む一同。
 夏月さんの元気がないのが気になりますが、最終的には元気になれてよかったと思います。
 一方で、次々と策を講じてくる小泉(仮)こと桜庭総理の手際のよさは、日曜夕方のラスタル様に匹敵するかもしれません。
 さすがにこっちは死人が出ないので安心ですが。

【内容】
 党派を超えたユニット「スマイルキス」を結成し、チェリー7との対決に臨むアイドル議員たち。
 「勝たなきゃならない」との静の激励のもと、厳しいレッスンに打ち込みますが、夏月は一連の抗議が頭から離れず集中できません。
 そして、ヒロイン党には、連日抗議の電話が鳴り響くのでした。

 静と一緒にがんばらなければならない。
 そう頭ではわかっていながらも、夏月は、ついには体が動かなくなってしまいます。
 静に「出てって」と言われますます落ち込む夏月を見た代表は、彼女を故郷の新潟に送ることに。

 新潟に戻った夏月は、スタジアムの建設現場の業者に平謝りを始めます。
 連日謝った誠意が通じたのか、業者はすっかり笑顔になっていました。
 一方で、静の力になれなかったと悔やむ夏月に、祖母は「大丈夫」と一言。

 テレビをつけると(主人公不在で代役を立てた)スマイルキスがチェリーセブンとの戦いを繰り広げていました。
 初めは不利だったものの、夏月の応援もあって何とか勝利したアイドル議員。
 しかし、負けたにもかかわらず桜庭総理はドヤ顔で記者会見に臨みます。

 アイドル議員のパフォーマンスを賞賛しつつ、その間政治がおろそかになったと正論を述べる桜庭総理。
 彼は、アイドル議員禁止法案と合わせて、アイドル議員そのものの是非を問う国民投票を行うことを決定します。

【考察等】
 ユニット結成で直接対決ということで盛り上がりを見せる中、主人公の元気が無いのが気になるお話でした。
 アイドル議員のうち、議員の側面はすっかりなりをひそめ、気づけばアイドルの側面が前面に出てしまいます。
 そのため、政治がおろそかになったという、総理の発言もある意味的を得ていると思われます。

 夏月さんが元気が無いことについては、最終的には業者とも和解できたようでよかったと思います。
 ただ、一方で主人公不在のまま決戦を向かえるというのは予想外でした。
 バンドリみたいに、最終的に間に合って皆で勝負するのかと思っていましたが、新潟から東京まではさすがに遠かったのかもしれません。

 応援の力があったのか、意外とあっさりとチェリーセブンに勝ったアイドル議員たち。
 しかし、総理は「鉄血のオルフェンズ」のラスタル様のごとく、まだまだ次の手を残していたようです。
 夏月さんは、一件正論とも言える総理の言葉を跳ね返すだけの力を見せ付けられるのでしょうか。
 私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイドル事変 第9話「議員服と機関銃」

 アイドル事変の9話を見て感想を書きます。
 アイドル議員たちの前に立ちはだかった伝説のアイドルですが、機関銃や剣を振りかざしている時点で突っ込みどころ満載です。
 その後登場した小泉(仮)こと桜庭総理のノリノリの語り方もなかなかシュールでした。
 思いがけない強敵を前に、静さんも当初からずいぶんと変わったなと思います。
 力を合わせて、強大な壁を乗り越えることが出来るのでしょうか。

【内容】
 バッシングを払拭する為、超党派でライブを行おうとしたアイドル議員たちの前に現れた謎の女性たち。
 彼女はアイドル議員として唯一総理の座に上りつめた「三日月内閣」を支えた伝説のアイドル【チェリーセブン】のうちの4人でした。

 圧倒的な力(物理)で次々とアイドル議員を倒していくチェリーさん。
 対して「アイドル議員の真価が問われる」という父の言葉を胸に、静は夏月とともに立ち向かおうとします。
 チェリーは楼凱党と手を組み、そしてその楼凱党の小泉(仮)こと桜庭総理もステージに登場。
 総理はアイドル議員の不祥事をノリノリで告発し、アイドル議員禁止法案を観客(国民)に提案するのでした。

 強大な「レジェンド」である先輩方を越えるためには党を超えた結束が必要だと考えた静は、かつて自分が所属していた賛来(さんらい)党の門をたたきます。
 しかし、各政党で競い合って力を高めるべきという反論にあい、パフォーマンス勝負を行うことに。
 アイドル議員の存在価値について疑問と迷いを持っていた夏月ですが、静に「力を貸して」と言われてあっさりとやる気になります。
 パフォーマンス勝負の中、各党の結束の力の大きさを知ったアイドル議員たちは、党を超えたユニットを結成して「レジェンド」へと立ち向かうことを決意するのでした。

【考察等】
 乗り越えるべき壁が登場し、いよいよお話も大詰めになったのかなと思います。
 全体的にシリアスな内容なのでしょうが、冒頭から機関銃や剣を振り回して攻撃するアイドルや、ノリノリでスキャンダルを述べる総理大臣など、中々に突っ込みどころが満載です。
 あと、「三日月」と聞いて日曜日の夕方を思い出した人は私だけではないはず。

 思わぬ強敵を前にアイドルたちの結束が必要だと訴える静さん。
 そのオーラで周りをつぶしてきた彼女がここまで変われたのは、やはり夏月さんとの出会いなのでしょうか。
 その夏月さんは意気消沈したという具合だったのですが、あっさりとやる気を取り戻してしまうところは、ツッコミを入れたくなりますがお話が良かったので触れないでおこうかと。

 ライバル同士が力を合わせるという展開は王道で、戦争状態にあった2国が最終的には和解したゼスティリアアニメにも通じたところがあるのかもしれません。
 結束を深めたアイドル議員が、「レジェンド」を乗り越え、楼凱党の野望を食い止めることが出来るのでしょうか。
 私、気になります!
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイドル事変 第8話「MISSしてロンリネス」

 アイドル事変の8話を見て感想を書きます。
 今までの快進撃に対して、いよいよ楼凱党があの手この手で反撃を開始してきます。
 マスコミを使いアイドル議員を陥れるその手法は、一方でそれだけ相手が追い詰められた証左かもしれません。
 彼らに対して、アイドル議員がどのように立ち向かっていくのでしょうか。

【内容】
 アイドルとして、そして議員として活躍するアイドル議員は徐々に国民の心を掴んでいきます。
 一方、アイドル議員によって相次ぐ離党者を出してきた楼凱党の小泉(仮)は、彼女達に対して反撃に出ることに。

 夏月、静にテレビ出演の依頼が来て、コメンテーターとして出演することに。
 テレビと聞いて喜ぶ夏月に対して、静はテレビ局が楼凱党寄りの保守系であることを告げるとともに、舌禍を防ぐ為に発言には注意せよと釘を刺します。
 司会者の質問に淡々と答える静に対して、夏月は「皆を笑顔に」とぶれません。
 しかし、「アイドル議員の功罪」というVTRを見せられて過去の活動を否定され、さらに保守系のコメンテイターの非難に晒されてしまいます。

 自分のやってきたことを否定された夏月さん。
 さらには、地元新潟のスタジアム建設も中止になったと知らせが入ります。
 苦境に立つアイドル議員の真価が問われると娘を激励する静の父ですが、こんどは静の「不倫疑惑」として週刊誌で報道されてしまいます。

 すっかり自信を失った夏月に対して、バッジには自分たちを選んだ国民の思いが詰まっていると静さん。
 同じく楼凱党による中傷を受けたほかの議員とともに、アイドルにしか出来ない戦い方、つまりライブで国民の信頼を取り戻すことを目指します。
 しかし、彼女達の前に現れた4人の女性は、一体何者なのでしょうか?

【考察等】
 いよいよ楼凱党が本気でアイドル議員をつぶしにかかり、お話も終盤に差し掛かったのかなと思えます。
 その手法がマスコミ、週刊誌というところが、すごくリアルだなと思います。
 報道がどこまで本当なのかというのは中々わからないことだけに恐ろしいです。

 主人公の心が折れそうになったところで、仲間と力を合わせて苦境を乗り切るという展開はよかったです。
 いつもどおりならやってきたマスコミもろとも洗脳して終わりなのでしょうが、楼凱党の差し向けた4人の女性が立ちはだかります。
 果たして彼女たちの正体は何なのか、そして、彼女もろとも洗脳してしまうのかどうか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム