【アニメ感想】幼女戦記 第12話(終)「勝利の使い方」

 幼女戦記の最終回を見て感想を書きます。
 お話としては一区切りできたものの、まだまだ戦いは終わらないことを暗示させます。
 ターニャさんの独特の言い回しや顔芸は最後まで健在でよかったかと。
 決着をつけるべく、ぜひとも2期をやってほしいなと思います。

【内容】
 戦いは終わっていないと参謀本部に掛け合おうとするターニャですが、その本部がすでに勝利の美酒に酔いしれていると聞いて愕然とします。
 勝利のこの瞬間だけは本物であるとしても、どうしてこの勝利を活用しないのかと上層部に疑問を呈するターニャさん。
 これ以上は戦いを続ける理由がないとする中佐に対して、人間は合理性だけでは動かないと、自らの(前世で電車に突き落とされた)経験を元に結論付けたターニャは、人間は感情を優先し、どこまでも戦い続けるものだ知っていたのでした。

 ターニャの言葉を裏付けるように、南方大陸では共和国残党が「自由共和国」を名乗り帝国への徹底抗戦を主張します。
 上層部は「例の大隊」つまりターニャ達を全面に送り出すことに決定しますが、その時ようやくさらなる参戦国の存在に気づくのでした。

 帝国という圧倒的な脅威が、周辺の各国に戦いを促します。
 平和への願いが、さらなる戦いを生み出すという事実を裏付けるかのように海の向こうでは、スー大佐の娘が大陸への義勇兵の一人として志願することとなります。

 最前線に送られたターニャは、このような境遇を与えた神への怒りを爆発させます。
 神に取って代わると豪語する彼女の戦いは、果たしてどのような結末をたどるのでしょうか。

【考察等】
 インパクトのあるタイトルで見始めた作品でしたが、「幼女の皮をかぶった化け物」を初めとした独特の言い回しに心ひかれていくのを感じました。
 全体的に声優さんのレベルが高く、ターニャさんはもちろんのこと、参謀本部の豪華キャストもまた重厚なお声で、まるで洋画吹き替えを見ているかのような、そんな印象を受けました。

 ターニャさんの言い回しもそうですが、戦闘シーンの迫力もすごかったです。
 途中で総集編が入りましたが、それはそれでうまくまとめられていてよかったと思います。

 一区切りついたのは事実ですが、一方で戦いがまだまだ続くというところに消化不良を感じます。
 このあたりは、やはり2期の放送を期待するしか有りません。
 メアリーさんの実力を含めて、ぜひともさらなる戦いを見せてほしいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】幼女戦記 第11話「抵抗者」

 幼女戦記の11話を見て感想を書きます。
 突然の襲撃に苦戦を強いられるターニャさんですが、できる部下のおかげもあって事なきを得ます。
 戦争は一段落しますが、これで終わりとは思えません。
 果たして、最後はどう着地するのか、私、気になります!

【内容】
 帝国の巧みな作戦により、虫の息となった共和国軍。
 祖国の勝利を確信し、あとわずかで戦争が終わると思っていた矢先に、スー大佐率いる大隊規模の襲撃を受けます。
 ターニャ達は精鋭とはいえ、相手の物量の多さには苦戦を免れません。

 全力をもって敵を蹴散らしていくターニャの前に現れたのは、かつて倒したはずのスー大佐。
 「主のお導きだ」とつぶやくその男は、存在Xによって生かされているのでしょうか。
 突き刺しても、蜂の巣になってもなおターニャを殺そうと自爆しにかかります。

 大佐を失った敵の部隊はそのまま撤収、共和国は首都を放棄して戦争は終結へ一気に近づきます。
 以前は軍の独断に難色を示していた政治家達も手のひらを返し、二人三脚で戦後処理へと進みます。
 しかし、存在Xはこれだけでは終わらないのではないかという懸念が消えません。

 共和国艦隊が南方のブレスト軍港に逃れているという事実から、敵が戦力を集結させていることを察知したターニャさん。
 上官に出撃を願い出、さらにそれが断られると独断での「強行偵察」を行うと宣言し、部下を集めようとします。
 しかし、その一歩前で停船命令が出され、出撃は即軍旗違反となってしまいます。
 軍上層部の判断に対して、後一歩で完全に戦争を終結させられたと憤るターニャなのでした。

【考察等】
 スー大佐との戦いが事実上のラスボス戦なのでしょうか。
 存在Xの加護を受けたと思われる彼は、ターニャさんと互角の戦闘を繰り広げていきました。
 しかし、ターニャさんを執拗に狙うところは、彼もまた存在Xによっていいように操られていたのではないかと思えます。
 この世界の神様というのは、存在Xというより、存在「S」なのかもしれません。

 共和国の首都を占領した段階で、勝利を確信した軍の皆さん。
 しかし、相手の動きを察知したターニャさんはこれで終わりではないと見抜きます。
 完全なる戦争終結、つまり敵戦力の殲滅を嘆願するターニャさんの仕事熱心さには頭が下がります。
 というよりも、さらなる攻撃がゆくゆくは帝国と自分の身を守ると言う意味もあるのでしょうが。

 上層部の判断もあって出撃が出来なくなったターニャさん。
 恐らく次回が最終回なのでしょうが、軍法会議覚悟で最後は出撃してしまうのでしょうか。
 それとも、共和国が戦力を整え、2期へと続くのでしょうか。
 どちらにしても、最後まで目が離せません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】幼女戦記 第10話「勝利への道」

 幼女戦記の10話を見て感想を書きます。
 帝国の作戦が次々と成功していきますが、うまく行き過ぎることがなんだか恐ろしいです。
 それにしても、参謀本部の声優さんの豪華さには驚かされる次第です。
 果たしてターニャさんは、このまま最後まで戦い抜くことが出来るのでしょうか。

【内容】
 「衝撃と畏怖」作戦により、敵陣に降り立ったターニャは、散開して敵司令部の攻撃にあたります。
 一方、帝国本国では、政治家達が膠着する戦況と軍のやり方に懸念を示し始めていました。

 「世界に冠たるわれらが祖国!」
 敵司令部の破壊に成功したとの知らせを聞いた参謀本部は勢いづき、さらなる作戦を指示します。
 地価から敵陣を爆破し、さらに戦車を投入する「解錠作戦」により、敵を挟み撃ちにするのです。
 参謀本部はこの「戦争芸術」の完成により、共和国との戦争は終結すると確信します。

 「解錠作戦」の成功は潜水艦で移動中のターニャたちにも伝えられます。
 司令部がなくなって命令系統が混乱した共和国軍は、戦車、火炎放射器によって追い込まれてしまいます。

 戦争の終結を確信したターニャさん。
 しかし、彼女の目の前に現れたのは、かつて自分が倒したはずのスー大佐だったのです。

【考察等】
 こう着状態に陥っていた戦況ですが、ターニャさん達の必死の作戦もあって形勢は一気に逆転します。
 初めは政治家に押されていた軍の皆さんですが、敵指令の破壊に成功した後のお顔が素敵です。
 余談ですが、戦車の登場にガルパンを思い出したのはおそらく私だけではないかと。

 中盤までの展開がうまく行き過ぎていると思って少し心配になっていましたが、案の定、戦いはまだ終わらないような感じになってきました。
 復讐の鬼と化したスー大佐、あるいは連合王国の参戦が、今後どのような経過をたどるのでしょうか。
 ますます先が気になる今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】幼女戦記 第9話「前進準備」

 幼女戦記の9話を見て感想を書きます。
 前回の市街戦も衝撃でしたが、今回の作戦もまた戦争の恐ろしさを見せ付けるお話でした。
 この作戦が、共和国との戦争を終わらせることになるのでしょうか。
 どんなことになっても任務を遂行しようとするターニャさんは軍人(サラリーマン)の鑑だと思います。

【内容】
 アレーヌでの戦いにおいておててを真っ赤にしたターニャさん。
 かつて後方での勤務を進めた同僚から、帝国が戦線を後退させようとしているという話を聞きます。
 ゼートゥーアら参謀は、戦線を後退させつつ、敵主力を引き入れて強襲を加えることを考えていました。

 多くの犠牲を払いながら最前線で戦うターニャは、作戦に従い戦線を後退させます。
 「偽のプロパガンダ」によって敵主力を引き入れる作戦を見抜きますが、敵主力にどうやって近づくのかが課題です。
 そこに現れたのは、マッドサイエンティストのドクトルでした。
 音速を超えるロケットで敵を強襲するべきと主張する彼に、ターニャは「天災」だと一言。
 人間ロケットともいえる絶望的な状況を前に眠っているヴィーシャさんはある意味大物かもしれません。

 「帝国に勝利を!」
 人間ロケットに入り、敵主力の懐に飛び込む算段のターニャさん。
 帝国軍人の使命を口にしつつも、このようなことを招いた根本である存在Xへの怒りが渦巻きます。
 果たして、この作戦により共和国との戦争を終わらせることが出来るのでしょうか。

【考察等】
 市街戦で「おててが真っ白」と言ってのけるターニャさんですが、実態はすでに血に染まっていることと思われます。
 そんな彼女に告げられた次の作戦は、まさに特攻せよといわんばかりのものでした。
 神は乗り越えられない試練は与えないと言いますが、この世界の「存在X」は何を考えているのでしょうか。

 ターニャさんの独特の言い回しもそうですが、ドクトルさんの狂信ぶりもすごいです。
 といいましょうか、このアニメ自体の声優さんのレベルが高いのだと思われます。
 参謀本部の人たちに至っては、まるで洋画の吹き替えかと勘違いするレベルですし。

 存在Xへの憎しみを胸に、特攻ともいえる決死の作戦を決行するターニャさん。
 果たして、この作戦で帝国が共和国に勝利できるのかどうか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】幼女戦記 第8話「火の試練」

 幼女戦記の8話を見て感想を書きます。
 総集編でお休みがあったこともあり、戦闘シーンは実に見事に描かれていたと思います。
 また、月並みではありますが、戦争の恐ろしさというものを感じました。
 他のアニメで「戦場ではまともな奴から死ぬ」という言葉がありましたが、まともでないと生き残れないのかもしれません。

【内容】
 今日も最前線で銃弾の中を戦うターニャさんたち。
 そんな中、後方の町でパルチザンが蜂起し、後方を絶たれてしまったと知らせが入ります。
 上層部からは、民兵と合流した敵魔道師の制圧を命じられることに。
 なお、前もって勧告を出し、以降はすべて敵とみなして鎮圧するとのこと。

 「観光旅行」といつもながら独特の台詞回しで、部下に作戦を説明するターニャさん。
 グランツは、体のいい虐殺だと疑問をはさみますが、ヴァイス(上官)にたしなめられてしまいます。
 そして、迷いを見せたヴァイスは、被弾して後退を余儀なくされることに。

 立てこもった敵に対して勧告を行い、さらに出てきた相手を射殺することで「証拠」を作り出したターニャさん。
 残った相手を敵とみなして粛々と任務にあたります。
 その結果、街は炎に包まれ、残った人々は避難を始めます。
 さらに、その避難する相手を攻撃しようとするターニャさん。

 ターニャの攻撃に再考を促すよう求めたグランツは、「教育」されてしまいます。
 ここで逃せば、帝国に憎しみを燃やして再び立ちはだかるかもしれない。
 グランツは大粒の涙を流し、上官の命令に従うことに。

【考察等】
 市街戦の描写がいろんな意味でリアルに描かれていて良かったと思います。
 敵戦闘員と市民との区別がつかないことから、全員を敵とみなすという作戦は恐ろしいながらも、迷いをもって反撃を受けることを考えれば、味方の被害が少ないという意味では「効率的」なのかもしれません。

 鉄血のオルフェンズで「戦場はまともな奴から死んでいく」という言葉がありました。
 疑問をはさんだグランツさんは、ある意味一番「まとも」だったのかもしれません。

 次回以降も、血で血を洗う戦いが続くことが予測されます。
 自分を信仰している人間がこれほど死んでいく現状に、「神」である存在Xは何を考えているのかと思うのは私だけでしょうか。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム