【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第13話(特別編)「来たよ、台湾!!」

 南鎌倉高校女子自転車部の特別編の存在を聞いたので、見てみることにしました。
 いきなり台湾ということで、ブブキ・ブランキの2クール目を思い出してしまうのは私だけだと思います。
 久しぶりなので登場人物の顔と名前が思い出せなかったのは内緒です。

【内容】
 台湾にやってきた南鎌倉高校女子自転車部の皆さん。
 今度の修学旅行先が台湾を予定しているとのことで、理事長の依頼でその下見へとやってきたのです。
 なお、台湾は自転車の生産地であり、自転車そのものも日本よりも盛んなのだとか。

 一同をガイドするスーさんは、何と夏海とそっくりな人でした。
 日本の大学に留学して日本語が堪能な彼女は、いずれは世界中を旅したいという夢を持っているのでした。

 ホテルに荷物を置いた後は、レンタルの自転車で台北市内を観光します。
 一番高いビルから外を眺める一同ですが、どうから冬音は高い所が苦手なようです。
 そして、夜はおいしいものを食べ歩きなのです。
 一方で、外国人観光客相手に流暢に会話するスーを見て、夏海は複雑な表情を浮かべます。

 次の日、スーに伴われて向かった先は台湾八景にも選ばれているという「日月潭(にちげつたん)」でした。
 今日は皆さんでこの湖(全長約39キロ)を一周するとのこと。
 しかし、夏海は自分とスーを比べてしまい元気が有りません。

 ひろみの計らいで、夏海とスーは直接対話することに。
 行動力があってうらやましいと思っていたスーは、実は高校を出るまで台湾から出たことがなかったとのこと。
 ゆっくり自分のペースで進んでいけばいいとはげまされた夏海は自信を取り戻します。

 一緒に自転車に乗ったスーを自転車部の一員と認めてユニフォームを渡し、帰国の途に着く皆さん。
 旅行のレポートを書かなければならないのですが、どうやらそれは巴に押し付けられることとなりそうです。

【考察等】
 特別編の存在を聞き、連休の時間のあるときで見てみました。
 前回の最終回が同じ神奈川だったことを考えると、いきなりの国外はまさに急展開でした。
 そのうえ、夏海さんにそっくりのスーさんが登場してますます驚きです。

 前半は台湾の観光名所を見るような感じで、色々と興味を引かれます。
 食事シーンがとてもおいしそうでおなかがすき、夕ごはん前に見るべきではなかったのかもしれません。
 屋台の雰囲気は見ていて楽しそうでした。

 後半は自転車部らしくサイクリングのお話になりました。
 一方で、スーさんと自分を比べる夏海さんが、いろいろありながらも自信を取り戻したのはよかったと思います。
 主人公のひろみさんも、一応その手助けをしていたので何もしていないわけではなかったと思いたいです。

 全体的に見て、夏海さんの比重がとても大きかったような気がします。
 一番元気そうなサンディさんも、外国だとテンションが落ちるのか、今回はあまり目だってなかったような気がします。
 どうせなら、クマさんの格好をしてもよかったのかもしれませんが、日本に変なイメージをもたれるのがいけなかったのでしょうか。

 何はともあれ、自転車部の皆さんの元気そうな顔を見ることが出来て、よかったと思います。
 2期があるのかはわかりませんが、とりあえずあったら絶対に見てみたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第12話(終)「道はまだまだつづいてる」

 南鎌倉高校の最終回を見て感想を書きます。
 いままであやふやだった部の認可のお話も、一応の決着を迎えます。
 冬音さんもずいぶんと体力がついてきて、皆さんの楽しそうな感じが良く出ていてよかったと思います。
 あと、できれば巴さんの妹さんも出してほしかったです。

【内容】
 自転車部の活動報告を受け「上出来」と評価する校長先生。
 しかし、まだ正式な部としては認められないとのこと。

 「大切なことを忘れていませんか?」
 校長先生の言葉を自分なりに考える自転車部の皆さん。
 巴によると、生徒手帳に書かれたのは部活に必要な部員は五人。
 実はサンディが正式に入部していなかったということに気づきますが、それは不正解とのこと。

 サンディが帰宅した後、先生が彼女が帰国すると知らせてきます。
 友達だからこそ黙っていたというサンディのために、ひろみ達は最後に自転車で思い出を作ろうと決意します。
 彼女の大好きな富士山の2合目までをツーリングすることに。

 鎌倉から電車で御殿場にやってきた自転車部の皆さん。
 キャンピングカーを出してくれた四季先生や妹さん、あるいは店長さんが彼女たちをサポートします。
 どうせなら、結花さんも出してほしかったところ。

 途中途中休憩を挟みつつ、御殿場市内を抜けて富士山へ。
 テンションの上がったサンディはいきなりレースをはじめてしまいます。
 さすが、クマさんの着ぐるみを装着して走っていたサンディさんが強かったです。

 サンディとの別れに涙するひろみ達の前に、校長先生が現れます。
 大切なことは自転車を楽しむことであり、自転車部を正式な部として認めるとのこと。
 一方、サンディの帰国は一週間のみというオチだったりします。

 「道はまだまだつづいてる」
 もうちょっと走ろうと提案するひろみに賛同する一同。
 私達の自転車は、まだまだこれからなのです!

【考察等】
 今まであやふやだった部活の認可のお話だったり、サンディさんの正式な入部だったりと伏線が見事に回収されます。
 お話としては、皆さんも楽しそうで何よりでした。
 先生の聞き間違いも、最終的には部の認可につながったのでよしとしましょう。

 大切なことは楽しむことだという校長先生は正論かと。
 彼女自身が顧問として自転車の部活をしていただけに、その思い入れも大きいのかもしれません。
 これまでのレースでも十分に楽しんでいたように思えるのですが、その点は報告には上がっていなかったのでしょうか。
 細かいところはあるものの、最終的に認められたのは何よりです。

 道はまだまだ続いているという締めくくり方が、お話もまだまだ続くのだと思わせる感じでよかったかと。
 人によっては「俺達の戦いはこれからだ!」と言ってしまうかもしれません。
 余談ですが、「男坂」という作品を思い出したのは私だけだと思います。

 2期があるのかは不透明ですが、自転車についていろいろ勉強にもなりましたし、個人的にはもう少し見てみたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第11話「自転車って、ふしぎ」

 南鎌倉高校の11話を見て感想を書きます。
 生徒たちだけで先に進むことになりますが、最終的にきちんとうまくいったようなのでよかったと思います。
 前回のパーツを分けてくれた人たちといい、今回の途中で出てきた実業団の人といい、いい人が多くて心が癒されるような気がします。
 現実の世界でもいい人が一杯いれば、素敵な世の中になるのですが……

【内容】
 四季先生と離れ、生徒たちだけで先に進むことになった自転車部の皆さん。
 そんな彼女たちを颯爽と追い抜いていった3人の女性を見て、サンディは本気になります。
 サンディとひろみが相手を追いかけていく一方で、巴たちは置いてけぼりを食らうのでした。

 一向に前に追いつけないひろみは、どこまで早く走れるか試してみたいと全力に。
 その不安定さを見かねた相手が戻って来て、常に地面の状況を見ること、あるいは坂道では立ちこぎと通常を使い分けることなど、詳細なアドバイスをしてくれることに。
 なお、巴たちは道を外れながらも渡し船にのって追いついてきます。

 親切なアドバイスをくれた人たちはレースの実況をしていた人であり、実業団の選手とのこと。
 朝殆ど何も食べていないひろみはハンガーノック(要はエネルギー切れ)倒れ掛かりますが、糖分の補給によって回復します。
 実業団のかっこいい(自転車乗りとしての)先輩方に憧れを抱くひろみさん。

 食事をした後、目的地へと向かう自転車部の皆さん。
 途中で道を間違えたり、タイヤがパンクしたりしながらも、なんとか先に進みます。
 いろいろなふしぎを感じて、ますます自転車が好きになったひろみさん。

 先生との合流を果たした一同。
 しかしつかれきったのか、帰りの電車では眠ってしまいます。

【考察等】
 自転車のいろいろなことを知ることができて、とても参考になりました。
 クマさんのコスプレのままロードと互角だったサンディさんですが、それでも経験を積んだ実業団にはさすがにかなわなかったようです。
 その実業団の人ですが、ほぼ初対面の相手に丁寧にアドバイスをしてくれるいい人でよかったと思います。
 自転車乗りは皆仲間、のような考え方なのでしょうか。

 道に迷ったり、パンクしたり、あるいは坂道で疲れたりといろいろ大変そうですが、最終的にうまくいってよかったかと。
 自転車の楽しさを知ることができたことが、ひろみさんたちの大きな財産になると思います。

 おそらく次回、次々回あたりが最終回なのだと思います。
 自転車部を認めてもらうための「成果」は果たして出せるのかどうかが気になるところ。
 とはいえ、他の部もそれほどの成果を出していないのではないかと思ってしまう今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第10話「輪行で行こう!」

 南鎌倉高校の10話を見て感想を書きます。
 前回仮入部したサンディさんですが、いつの間にかもう部員になっているようです。
 また、余ったパーツを快く分けてくれる方々やただで自転車を組み立ててくれる店長さんがいい人過ぎていいなと思います。
 後半では、輪行で三浦半島に向かいますが、皆さんの初々しい感じがでていてよかったです。
 個人的には、サンディさんはクマさんルックだったら面白かったのですが。

【内容】
 この前のレースで手に入れたフレームに、店長が余ったパーツを組み合わせたことで自転車が完成。
 10話にして自分の自転車を手に入れたひろみは、自転車に「ユニコ」と名づけます。

 先生の提案で、自転車を分解しての移動を交えた「輪行」によって三浦半島を目指すことになった女子自転車部。
 わずかながらも入った部費で袋を購入し、ママチャリしか持っていないサンディはロードを貸してもらうことになりました。
 あっという間に分解される自転車に驚く一同。
 興奮冷めやらぬひろみですが、入浴中にサンディが乱入してきます。

 鎌倉の駅に集合した一同は、電車で横須賀へと移動します。
 公園で自転車を組み立て、トイレと水分補給とを済ませていざ出発です。
 あっという間に横須賀が遠くなるのですから、ロードのスピードというものはあなどれません。

 下り坂やトンネルは恐かったものの、ツーリングを楽しむ一同。
 房総半島を見てもっと遠くまで行きたいと希望を語るひろみですが、疲れて眠ってしまったようです。
 そして、目を覚ましたときは先生の姿は有りませんでした。

 「自転車はバックはできない」と気合をいれるひろみさん。
 果たして、生徒だけで目的のみ先にたどり着くことが出来るでしょうか。

【考察等】
 冒頭で自転車を手に入れたひろみさんのうれしそうな顔が印象的です。
 ただで組み立ててくれた店長さんは、パーツを快く分けてくれたほかの人たちのやさしさが素敵だなと思います。
 そして、ポケモンのニックネームよろしく、自転車に名前をつけるひろみさんを見て、それだけ愛着がわいてきたのだなと思うと何だかうれしいです。

 三浦半島を目指すことになった一同ですが、気づいたらサンディさんが普通に加わってます。
 いつの間にか入部したのかよくわからないのですが、ようやくこれで全員そろったのでしょうか。
 ユニフォームも予備が合ったそうですが、個人的にはクマさんの格好でやってほしかったです。

 初めてのツーリングが、楽しそうでいいなと思いました。
 さすがに、房総半島を見て「あそこに人が住んでるんだ」という発言はどうかと思いますが。
 神奈川ほどではないにしても、人は住んでいると思います。
 
 先生が去っていき、残りは生徒たちだけで進むこととなりました。
 ひろみさん達が目的の所にたどり着けるのでしょうか。
 私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第9話「クマさんからの挑戦状!?」

 南鎌倉高校の9話を見て感想を書きます。
 あの激戦を繰り広げたクマさんが再び登場しますが、その意外な正体に驚きです。
 観光案内が中心ながらも、意気投合した5人を見ていると楽しくなってきます。
 クマさんはもういっそ入部すればいいのではないかと。

【内容】
 部活対抗オリエンテーリングで、鎌倉を探索することになった自転車部。
 鶴岡八幡宮をはじめとして、各地を巡りスタンプを集めることに。
 気がついたら部長に指名された巴を中心に、2つめのポイントである「銭洗弁財天」を目指します。

 部費の獲得を目指してお金を洗う一同。
 次の「源氏山」を目指す中で、前回まで激戦を繰り広げたクマさんが挑戦状を叩きつけてきました。
 しかし、ひろみは「景色を楽しもう」と勝負を放棄してしまいます。

 クマさんの正体は、金髪の留学生のサンディでした。
 意気投合したサンディは、そのまま自転車部に合流して行動を共にすることに。
 大仏の中に入れることを知って驚きです。

 最後の地点「江ノ島タワー」を目指して進む一同ですが、冬音の体力が尽きたことから海岸で休憩することに。
 偶然馬に乗ってやってきた店長から馬を借りて、乗馬することになったひろみさん。
 一方、冬音が姉のために自転車をしていることを知った夏海との絡みも良かったです。

 江ノ島タワーで待っていたのは四季先生でした。
 そして、まだ時間があるということで、再びサイクリングを始める自転車部(+1)なのでした。

【考察等】
 ママチャリでロードと死闘を繰り広げたクマさんが万を持して再び登場です。
 オープニングの金髪の人が出ていないと思ったら、こんなところででてきてしまいました。
 うっすらとクマ=金髪と想像していた人も結構いたのかもしれません。

 留学生というと、きんモザのカレンさんを思い出します。
 サンディさんも、カレンさんのように元気一杯の女の子のようです。
 ああいった元気な人を見ると、私も少し元気になってきたような気がします。

 すっかり意気投合したサンディさんはそのまま自転車部に合流するのでしょうか。
 次回、5人になった自転車部が番組の終盤をどう走り抜けていくのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム