【アニメ感想】政宗くんのリベンジ 第12話(終)「死んでもマイクを手放すな」

 政宗くんの最終回を見て感想を書きます。
 文化祭の劇についてはおおむね予想通りの展開となりました。
 後半のカラオケについてはおまけという印象が強いですが、愛姫さんと寧子さんのデュエットは良かったかと。
 お話はまだまだ続くような感じだったのですが、2期はあるのでしょうか?

【内容】
 愛姫が王子不在で劇を強行したと聞いた政宗は体育館へ。
 そのレベルの高さに驚くとともに、この舞台をこのまま幕引きにしてはいけない。
 政宗は師匠に兼継を出してもらおうとしたものの、師匠が舞台に出演しては連絡が取れません。

 最終手段として、自らが王子として舞台に出ることを決意した政宗。
 目を回しながらも話を続けようとしますが、発熱のため転んでしまいます。
 「後で覚えてて」とつぶやく師匠の後押しで、姫の下にたどり着いた王子。
 本気のキスをする政宗に、(グーでパンチして)愛姫は目を覚まして舞台は無事終了します。

 文化祭が終わり、結局政宗は倒れたままB組の劇は出来なかった模様。
 打ち上げをしようとしていた両クラスは同じカラオケボックスで鉢合わせし、歌合戦をすることに。
 委員長、愛姫に続き、失恋ソングを高らかにうたう寧子さん(後、師匠の「天城越え」)と続きます。

 挙動不審の政宗がカラオケが下手だと見た取り巻きは、彼に恥をかかせようと画策します。
 寧子と愛姫のデュエットの後、大トリをつとめる政宗の歌は、全員を気絶させるほどのものでしたが。

 カラオケはいろんな意味で終わり、政宗と愛姫は同じベンチで座っていました。
 キスを求める政宗に「いいわよ」とこたえる愛姫に応じて目をつむる政宗ですが、その口に入ったのは焼き芋でした。
 リベンジならずの政宗ですが、修学旅行でのさらなるリベンジを期して、お話は終了を迎えます。

【考察等】
 最後までドタバタで綺麗にまとめた最終回だったと思います。
 前半での政宗さんが王子になることはある程度想定済みでしたが、最後に殴ってくるのは予想外でした。
 あと、師匠さんの棒読みが中々秀逸です。

 後半のカラオケは楽しかったのですが、空気となってしまった兼継さんはなんだったのでしょうか。
 歌が下手すぎる中、腹筋50回程度のカロリーだったと言ってのける政宗さんが素敵でした。
 最後のキスは予想通り何らかのオチがあったのだろうと見てましたのでそんな感じかと。
 
 全体的にうまくまとまっている中で、兼継さんがもう少しがんばると思っていただけに空気化したのが少し残念かもしれません。
 2期があれば、彼(女?)にもっとスポットライトが当てられるのでしょうか。
 先がまだまだ残る終わり方だっただけに、その点を含めても2期を見てみたい気がしますが、果たしてどうなることでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】政宗くんのリベンジ 第11話「八坂祭の白雪姫」

 政宗くんのリベンジの11話を見て感想を書きます。
 文化祭が始まり、それぞれの思惑によってめまぐるしく動くお話でした。
 何気に政宗さんの体調を察する寧子さんや、ナイスアシストの吉乃さんもよかったです。
 あと、所々でこのすばを思い出してしまいました。

【内容】
 愛姫と踊ることをかけて、「白雪姫」対決を行うことになった政宗と兼継。
 スイッチが入った会長は厳しい剣幕で白雪姫役の小十郎に迫り、彼は思わず逃げてしまいます。
 そんな中、自分を男としてみてくれ、さらに優しい寧子に心引かれていくのでした。

 兼継に「壁ドンは逆効果」と煽られる政宗。
 その兼継にはなにやら愛姫と結ばれなければならない事情があるようです。

 前日の夜、上半身裸でトレーニングをする政宗は、母親に風邪を疑われてしまいます。
 その潔白を晴らすために、ある行動を取って実際に風邪をひいてしまうのですが。

 そして、文化祭は、爆裂魔法エクスプロージョン!という勇ましいテーマとともにはじまります。
 風邪をひいてしまった政宗は、寧子によって保健室に移されますが、愛姫の取り巻きによって拉致されてしまいます。
 一方、胸パットをつけた愛姫をよそに、兼継は謎の「リンゴ売り」の案内で着替える場所へ向かいます。

 政宗を拉致したのは、愛姫の親衛隊でした。
 自分が勝てなかった相手をあっさりと振ってしまう、そんな愛姫を崇拝しているとのこと。
 しかし、その愛姫の親衛隊が卑劣なことをしているといわれて戸惑ってしまいます。

 この頃、A組も兼継が行方不明だと判明します。
 なお、これを行ったのは師匠こと吉乃でした。
 彼女が豚足こと政宗に連絡しようとし、そこで異変に気がついたもようです。

 正論で親衛隊を責める政宗に対し、相手は人質の交換を持ちかけてきます。
 兼継がいなくなったことを知った政宗は、急に攻勢に出ることに。
 しかし、愛姫は王子なしでの上映を決断します。

 相手をやり過ごして見事に脱出に成功した政宗。
 自分が助かり、相手が王子なしになったことで相手の不戦敗を確信しますが、A組が舞台の最中だと知って驚きを隠せません。

【考察等】
 練習シーンが意外と少ないまま文化祭が始まります。
 そのテーマが「エクスプロージョン」ではめぐみんさんを、そして愛姫さんがパットを入れるところでは「エリスの胸はパット入り」という言葉が浮かんでしまう私は、このすばの見すぎなのかもしれません。

 政宗さんを煽る兼継さんですが、彼(女?)にはなにやら事情があるようです。
 実は、「がそう」とは雅宗と書くことをここで始めて知りました。
 自分の家を守るために愛姫さんにちかづいたということなのでしょうか。

 対する主人公の政宗さんですが、トレーニングに余念がありません。
 前日に裸で外に出るのはいかがなものかと思いますが。
 それで風邪をひいてしまったところを察する寧子さんが素敵だなと思います。

 政宗さんを拉致するという犯罪とも思える行動に出てきた取り巻きの皆さん。
 これを裏で指示したのは、やはり兼継さんなのでしょうか。
 それに対して、兼継さんを閉じ込めるという師匠の手際のよさがすごいです。

 何とか脱出した政宗さんですが、相手の舞台上演は続いているようです。
 次回で最終回で、一応の決着がつけられるのでしょうか。
 私、気になります!

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】政宗くんのリベンジ 第10話「疑惑の新学期」

 政宗くんのリベンジの10話を見て感想を書きます。
 前回のラストに登場したぽっちゃり系の人によってお話は急展開を迎えます。
 愛姫さんがまさかの「デブ専」疑惑なのですが、彼女はやはり太っていたときの政宗さんのことが忘れられないのでしょうか。
 まさかその本人が筋トレでここまで(ある意味残念な)イケメンになっているとは想像もつかないのでしょうが、そのことを知ったら、彼女がどうなるのかが気になるところです。

【内容】
 突如、愛姫の前に現れた謎のぽっちゃり系。
 この方は、兼続(かねつぐ)を名乗り、愛姫の許婚だと判明します。
 一方、主人公の政宗は、携帯の圏外で必死に筋トレをしているのでした。

 新学期になり、さっそく野球部のエースにあだ名をつける愛姫さん。
 急にキャラが濃くなった取り巻き連中ですが、愛姫が兼続と仲良くしていることが信じられないご様子。
 彼女達は、愛姫は「デブ専」ではないかと推測します。

 同じく投稿してきた政宗は、普通にクラスにいた寧子に驚きます。
 手術は無事終わって戻ってきたという寧子に、進展が無かったことを突かれる政宗さん。
 そして、政宗は愛姫が兼続と一緒に歩いているのを見て困惑します。

 信州の土産を愛姫に持っていき、アタックしようとする政宗くん。
 しかし、愛姫と仲良くしている兼続が許婚と聞いて愕然とします。
 すぐに師匠(吉乃)に説明を求めますが、携帯が通じなかったと一言。

 政宗の観察した兼続は、動けるデブであり、また頭もよく、人あたりのいい人でした。
 そんな彼は、愛姫の取り巻きに近寄って何かを吹き込んだようです。

 愛姫のことで頭が一杯の政宗をよそに、文化祭の出し物は小十郎と政宗の「白雪姫」と決定します。
 政宗は壁ドンで勝負に出ますが愛姫にはあっさりとスルーされてしまい、さらには、副会長(取り巻きの一人)のごり押しによって政宗のクラスの劇は、A組とかぶると却下されてしまいます。

 男同士の白雪姫を主張する会長と、太った兼続との白雪姫を主張する愛姫さん。
 政宗は、いっそ投票で勝負しようと迫り、さらに、兼続に対しては勝ったら(愛姫と一緒に)後夜祭で踊るという約束をこぎつけるのでした。

【考察等】
 前回ラストに登場した兼続さんによって、お話は新たな局面を迎えます。
 その一方で、今まで背景だと思っていた愛姫さんの取り巻きの皆さんが急に強烈な個性を身につけたのには驚きです。
 彼女達もまた、夏休みで何かがあったのでしょうか。

 今まで男性陣を振り続けてきた愛姫さんが突然、兼続さんと親密になっているところもまた驚きです。
 初恋の人(デブ政宗)のことが忘れられないのか、それとも本当にあちらに心が移っているのでしょうか。
 そのあたりは今後の展開を待ちたいと思います。

 小十郎さんが白雪姫という劇の配役で、「赤髪の白雪姫」を思い出してしまったのは私だけではないはず。
 余談ですが、会長さんが腐女子属性だったとは、今まで余り気にかけていなかったです。

 兼継さんが取り巻きさんを動かしたのに対して、政宗さんはうまく勝負に持ち込んだという形になりました。
 残りの枠だと、学園祭で終わりということになるのでしょうか。
 この勝負の行方が、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】政宗くんのリベンジ 第9話「愛とも恋ともいうけれど」

 政宗くんのリベンジの9話を見て感想を書きます。
 いろいろ有りながらもとりあえず寧子さんの一件は解決できたようでよかったと思います。
 彼女の中学校時代の回想を見て、私もああいう学校生活だったら良かったと変な妄想を浮かべてしまいましたが。
 そして、赤くなる愛姫さんが可愛らしいです。

【内容】
 寧子がいなくなったと問い詰められた政宗は、自分が彼女を振ったことを愛姫を含めた全員の前で暴露します。
 対する愛姫は主人公をスルーして他の人たちとともに寧子を探すことに。
 放置された主人公もまた、気を取り直して探しに向かいます。

 財布も携帯も持たない寧子の行動範囲が限定される中、学校に狙いをつけた政宗くん。
 偶然にも同じ考えに至った愛姫とばったりと出会います。
 どうして寧子をそこまで一生懸命に探すのかという政宗の問いに、好きな相手にそっぽを向かれるのはつらいことだと語る愛姫さん。
 だったら自分が振った男はどうなのだと怒った政宗は、「豚足」という言葉を出して彼女の反応を探ります。

 屋上からの紙飛行機に、少女マンガの一シーンを連想した政宗。
 案の定、屋上には寧子の姿がありました。
 しかし、体力が尽きたのか直ぐに倒れてしまい、病院へと搬送されます。

 「昔話をしましょう」
 愛姫と話をした後、寧子は政宗を病室に呼び出します。
 祖父から成功率の低い手術を持ちかけられた寧子は、恋がしたいと告げたのでした。
 では、どうして自分なのかと問う政宗に対して、お見合い写真の中で「適当」に選んだとのこと。

 結局嘘がばれてしまったと語る寧子は、最後に「ありがとう」と一言。
 寧子の言葉に動揺した政宗は、愛姫をスルーして去っていきます。
 なお、実は寧子は太っていた時代の政宗と会っており、「適当」という言葉そのものが嘘だったのですが。

 寧子の言葉に一旦は動揺したものの、初志貫徹して復讐を果たすことを誓う政宗。
 一方、寧子から政宗の愛に答えるべきと言われていた愛姫は、赤くなりながらも、実は太っていた時代の政宗が好きだったとのこと。
 そんな彼女の前に、太った政宗をそのまま成長させたような、ふとっちょの男性(?)が現れるのでした。

【考察等】
 まず、行方不明になった寧子さんが見つかってよかったと思います。
 彼女の回想で、ああいったお嬢様の生活に憧れを抱いたというのはおいておいて、つかみどころがないながらも、実は一途に思い続けてきたところで、ますます可愛らしいなと思ってしまいました。

 いろいろあってもなお、タイトルどおり復讐にまい進する主人公について。
 太っていたときがコンプレックスだったようですが、ヒロインには太っていた姿でもなお好かれていたというすれ違いが、これからどうなっていくのかが気になるところです。
 余談ですが、怒ったときの声が「双星の陰陽師」のろくろさんに聞こえてしまいます。

 最後に、赤くなったところが女の子らしくて可愛い愛姫さんの前に現れた太った人は何者なのでしょうか。
 相手を普通なら男性と見るところですが、私は、実はこの人は女性なのではないかと疑いを向けていたりします。
 彼(女?)がどんな波乱を巻き起こすのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】政宗くんのリベンジ 第8話「君じゃないんだ」

 政宗くんのリベンジの8話を見て感想を書きます。
 愛姫さんの電話や寧子さんのマンションに入るときのあわてぶりが失礼ながらも面白いです。
 中盤の展開は、クズの本懐かと思うくらいのところがありましたが、そこで踏みとどまる政宗さんは「クズ」ではなかったのだと思います。
 愛姫さんとの関係も気になるところですが、寧子さんのことも気になる今日この頃です。」

【内容】
 筋トレに余念の無い政宗くんですが、愛姫からの突然の電話に慌てふためきます。
 電話の中身は、別荘に行ったとき(前回)に忘れ物があったからそれを渡すというもの。
 関係の進展を期待する政宗ですが、師匠こと吉乃からは気をつけるようにと念を押されます。

 部屋で勉強をしていて、自分の昔の(太っていた頃の)写真が無いことに気づいた政宗くん。
 持っていったのは寧子であることを見抜きつつも、彼女が何も言ってこないことが不思議です。

 愛姫から忘れ物を受け取った政宗は、「これ以上なれなれしくしたら許さないわよ!」という彼女の言葉に、関係の進展を期待します。
 一方で、寧子と写真のことで上の空になり、愛姫は怒って帰ってしまいます。

 寧子から電話があり、写真を確認することもあって彼女の家へと向かいます。
 壮大なBGMの中、意を決して中へと進む政宗くん。
 トイレにいってくるといいつつ寧子の部屋を物色すると、大量の少女マンガに気づき読み始めてしまい、そのままあっさりと寧子に見つかってしまいます。

 写真を持っていったことを認めた寧子は、太った姿の政宗を「可愛い」と一言。
 キスをされ、このままどうでもいいと流されそうになった正宗ですが、愛姫とのことを思い出して踏みとどまります。
 そして、寧子が本気ではないことを見抜き、付き合えないとお断りするのでした。

 会長の誘いでプールに行く一同ですが、政宗は寧子を振ったことからかやつれてしまいます。
 その寧子は、参加していなかったもようです。

 帰り道に寧子の付き人に詰め寄られる政宗くん。
 昨日の後、彼女が薬を持たずに行方不明になったとのこと。
 何があったかと聞かれた政宗は、愛姫の目の前で寧子とは付き合えないと言ったことを語ります。

【考察等】
 緻密な計算を立てて行動しつつも、突然の事態に動揺する政宗さんが面白いなと思います。
 冒頭から電話がかかってきて、いい加減に出ろと思ったのは私だけではないかと。
 その愛姫さんについては、怒って帰ってしまったものの、その根底には彼への意識があるように思われます。

 寧子さんの家にやってきた政宗くんの行動もまたおかしかったです。
 そんな彼に迫る寧子さんの積極さに、クズの本懐を見ているのかと思えてくる今日この頃です。
 まあ、さすがに如何わしい展開にはならないのですが、その際の回想での愛姫さんの「豚足」の声が師匠に聞こえます。
 その辺りは今後明らかになっていくのでしょうか。

 最後は行方不明になった寧子さんですが、体が弱いところがニセコイのマリーさんを思い出します。
 一方で、髪の毛の色(と京都が本家ということも含めて)でSAOのアスナさんとも多少重なりますが。

 寧子さんのの行方がどうなったのか、そして回想の「豚足」の声は師匠なのかどうかについても、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム