【アニメ感想】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第10話「こんにちは、太陽の女神」

 FGOアニメの10話を見て感想を書かせていただきます。
 イシュタルさんをスカウトした次はどんな女神が出てくるのでしょうか。
 時期的にも話数的にもそろそろ前半戦が終わりを迎えそうですが……

【内容】
 ギルガメッシュは上機嫌かと思ったらイシュタルと口喧嘩を始めます。
 イシュタルは信心深いシドゥリには強く出られないそうです。
 ギルガメッシュは「マルドゥークの手斧」こそが最大の秘策だと言い出しますが……

 密林の女神はジャガー的な人ではなく「ケツァルコアトル」という神様でした。
 ケツァルコアトルは見た目が面白いものの人を殺しても何のちゅうちょもない恐ろしい相手でした。
 彼女は「母さん」に呼ばれたと言って100人以上だと忘れてしまうと言って帰ってしまいました。

 ケツァルコアトルは明日また100人を殺すと言い、ジャガーマンが死体を回収していました。
 ジャガーマンは「ジャガーの戦士」なるものを残して帰っていき、ギルガメッシュは士気にも影響するとカンカンになります。
 ギルガメッシュはイシュタルになんとかしろと言い、マーリンではなく傍観していたロマニに話が振られます。

 ロマニは「潜入」しかないと言い、本拠地は「神殿」そのものだと言ってきました。
 発見されたひときわ強い魔力反応が神殿らしく、象徴となるシンボルを破壊する必要があるらしいです。
 立香達は森を進んでいき、マーリンは人を殺すのは女神の意志ではないと考えます。

 イシュタルはケツァルコアトルは善の頂点であると言い、間違っても自分に頼るなと言ってきました。
 立香は牛若丸のことを思い出しつつも「うれしい」と言いますが……
 次の日、女神をけしかけたのはゴルゴーンなのかと話をしつつジャガーマンをスルーしてきました。

 ジャガーマンは自分ははぐれサーヴァントだと言い、立香はマーリンに言われて彼女をスカウトすることに。
 「あまりにも美しい」と言われたジャガーマンは思わず鳴き声をあげ、あっさりと仲間になってしまいました。
 マシュはさりげなく自分が一番最初のサーヴァントだと言って対抗意識を燃やしていました。

 村では倒されたはずの兵士が実は生きていて、命を捨てる覚悟ができない人間を助けるのがポリシーらしいです。
 「がんばれる人間もいればがんばれない人間もいる」というのがククルンことケツァルコアトルの言い分なのだとか。
 立香は「(スカウト)できると思います」と言い、ケツァルコアトルと魂の真っ向勝負をすると言い出すのでした。

【感想等】
 マルドゥークでワイルドアームズを連想するのはさておき、冒頭から口げんかをするギル様が面白いです。
 イシュタルさんが凜さんならてっきり大河さんもといジャガーの人が神様だと思っていた視聴者は少なくないかも。
 そういえば「小林さんちのメイドラゴン」でもケツァルコアトルさんが出てきたような気がします。

 PSYCHO-PASSの狡噛さんは最近あまり出てきませんが、中の人が同じギル様が楽しそうで何よりです。
 マシュさんを差し置いてイシュタルさんが立香さんを攻略しているような気がしますが……
 時折、饒舌なマーリンさんと「食戟のソーマ」の一色先輩が重なりつつ、ケツァルコアトルさんをどうするのか気になります。

【アニメ感想】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第9話「おはよう、金星の女神」

 FGOアニメの9話を見て感想を書かせていただきます。
 戦いを切り抜けたことは切り抜けたものの、失ったものはあまりにも大きすぎました。
 立香さん達はこの哀しみを乗り越え、勝利をつかむことが出来るのでしょうか。

【内容】
 立香は牛若丸、レオニダスを失ったことをギルガメッシュは報告します。
 ギルガメッシュは「戦に犠牲はつきもの」と至って冷静であり、対抗策を講ずると言ってきます。
 ゴルゴーンの脅威とともに魔獣を生み出す機能は聖杯から得られたと推測します。

 アテナに追放されたメデューサは怪物に変えられて最愛の姉すらも取り込んでしまってゴルゴーンが出来たそうです。
 女神が敵の1柱だといいますが、ギルガメッシュは敵の不仲につけいるのだと言ってきました。
 攻略には順序があるといい、まずはイシュタルを攻略する必要があるそうですが……

 立香はイシュタルを手なずけてこいと言われ、アナは目を覚まして立香達と合流します。
 「戦わずに済むならそれでいい」と言いながら旅をしていたら目の前に怪しい神殿がありました。
 イシュタルが出てきて「さすがになめすぎだわ」と言って攻撃を仕掛けてきました。

 立香はギルガメッシュから与えられた「宝石」をまき散らし、宝物庫の3割を使って女神を競り落とすことになりました。
 ギルガメッシュはバビロンの蔵を解放すると言い、宝石類の2割……いや2.5割を献上すると交渉してきました。
 イシュタルは仲間になるといいますが、立香は「まずは跪いて足の甲にキスをしてくれ」と言われて困惑します。

 ロマニはイシュタルは「疑似」サーヴァントだと言い、体の持ち主はどうなのかと聞いてきました。
 イシュタルは「彼女」と溶け合って7:3の割合で出てきているらしいです。
 「天の雄牛ルガランダ」でゴルゴーンを撃破するなら女神同盟にも抵触しないそうですが……

 イシュタルは「今夜から日記を付ける」と言って去っていき、立香達はそのまま野営することに。
 話しかけてきたイシュタルは一目惚れなのかと言ってきて立香はちょっとドキドキします。
 イシュタルは立香が逃げようとしていると言い、あなたも私を怖がるのかと聞いてきました。

 立香は誤解させたなら謝ると言い、女神だからという理由で嫌わないと言ってきます。
 イシュタルは残りの女神をどうするのかと聞いてきて、私は今のメソポタミアを許せないと言ってきました。
 最後は「お休み、女神様」とひと言つぶやいてお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 ギル様のおっしゃるとおり「戦いに犠牲はつきもの」とはいえ、犠牲が出ると涙が出る私です。
 世界観が色々違ったりしますが、SNをはじめとして多くの犠牲が出るのはシリーズ共通のようです。
 女神の「攻略」というのがラブコメっぽく聞こえてくるのは私だけではない……かも。

 アテナと言われると聖闘士が浮かぶのはさておき、イシュタルさんは最近は「ダンまち」に出てました。
 女神を「競り落とす」という競売的な言葉は笑いましたし、宝石に心を奪われるイシュタルさんがなんだか面白いです。
 1クールならば残り4話前後になりますが、ゴルゴーンさんを倒して話を締めくくるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第8話「魔獣母神」

 FGOアニメの8話を見て感想を書かせていただきます。
 立香さん達は偽物のエルキドゥさんとの戦闘の中でついに女神様と対峙します。
 強大な力を前に彼らはどう戦うのか、わたし、気になります!

【内容】
 立香達は偽のエルキドゥと戦っていたはずが魔獣の母「ティアマト」が立ちはだかります。
 マーリンは「めんどくさい美女の相手は得意」と言って自分一人で戦おうとしますが……
 しかし、マーリンは気絶したらまずいと言って立香やマシュに戦ってくれと言ってきます。

 牛若丸が助けにやって来てティアマトの「蛇」を攻撃し、その間に立香達に逃げるようにと言ってきます。
 立香、マシュ、マーリンは前線基地へと逃げ込み、牛若丸はこのまま相手の首を取ろうとしますが……
 ティアマトは複数の蛇の首を出してビームを発射し、牛若丸もあっという間に倒されてしまいます。

 今度はレオニダスが宝具で出した兵士とともに出てきて、自分はゼウスの末裔だと自己申告してきました。
 レオニダスは敵の正体を「ゴルゴーン」と見抜きつつ光る槍でそれを貫いたものの、後は託したと言って消滅してしまいます。
 ゴルゴーンはレオニダスが死んだことで人間の世界は終わったなどと言ってきますが……

 牛若丸がふらふらで立ち上がり、八艘跳びで特攻してティアマトともども爆発します。
 レオニダスや牛若丸の攻撃を受けてもゴルゴーンは倒せておらず、ゴルゴーンは自ら出撃すると言い出します。
 偽エルキドゥは10万の子供が産まれるまで同盟を維持する必要があると言って説得してきました。

 ゴルゴーンは10日後にウルクを滅ぼすと言って去っていき、偽エルキドゥは「子は親を選べない」とひと言。
 偽エルキドゥの正体は「キングゥ」であり人類の歴史は自分が引き継ぐなどと言って去っていきました。
 弁慶は「おいとまをいただく」と言い、自分は弁慶ではなく、義経と弁慶を見捨てた僧侶だと言ってきました。

 マーリンは「魂が抜けた死人に戦えというのは愚かだ」と言って弁慶の離脱を見送ります。
 立香は人間の出来ることをやり通すんだと言って残された人々を励まします。
 実は牛若丸は消えてはおらず、キングゥは子供を逃がしつつ牛若丸をティアマトの子供にしようとするのでした。

【感想等】
 つかみ所のないマーリンさんでしたが、純粋に仲間をしてくれるようで安心しました。
 マーリンさんはよくわからないうちに引っ込んで、実際に戦ったのは牛若丸さんでしたが……
 複数の蛇の首が出てきたのはティアマトというよりもヤマタノオロチのような気がします。

 レオニダスさんが兵士を呼び出すところでイスカンダルさんのことを連想したのは私だけではないはず。
 戦いのレベルが高すぎるから主人公は叫ぶしか出来なかったということにしておこうかと。
 「キングゥ」がピングーに聞こえたのはさておき、大きな痛手を受けてもなお立ち上がれればいいのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第7話「陽動作戦」

 FGOアニメの7話を見て感想を書かせていただきます。
 粘土板を回収できたのはよかったものの、今度は前線の皆さんがピンチのようです。
 立香さん達は彼らを救うことが出来るのでしょうか。

【内容】
 過去と未来を見通す千里眼を持ちながら何もしない王がいたそうです。
 魔術王ソロモンの夢を見た立香は汗だくで目を覚ましますが……
 オープニングの後、立香は粘土版を見てからすぐに眠ったと種明かしされます。

 立香はロンドンで第4の聖杯を回収しようとした時に「魔術王ソロモン」と対峙したのだとか。
 ソロモンは「グランド」キャスターであり、マーリンによると「グランド」と名のつく者は「とっても強い」らしいです。
 北壁の魔獣が大規模な行動に出ようとしていると聞いた一同は早速現地へとやって来ました。

 レオニダス王が軍隊の指揮を取っていて、飛び込んできた魔獣を次々とやっつけていきます。
 ギルガメッシュの財宝を発射する「大型砲」がありますが、かの王は「人が戦いに勝利する」ことに意味があるとひと言。
 レオニダスは「最後に信じられるのは筋肉」と言ってトレーニングをしろと言ってきました。

 牛若丸によると魔獣達が組織だった行動を開始したことでニップルとの連絡が途絶えてしまったそうです。
 立香は人命救助に動こうとし、マーリンは「感情は使い捨て」だと言い、アナは自分の本性を知られるのを恐れているとのこと。
 「良心を自分から捨ててしまうなんてとんでもない」と言ってくるマーリンは感情をエネルギーにする「人でなし」なのだとか。

 マーリンは「人に愛されるのか人を愛するのか」と言い、アナの存在は「予想外の急所」になるそうです。
 「涙の別れなんて私の趣味じゃない」というマーリンに、アナはどこかで同調しているようですが……
 次の日、レオニダスに深呼吸しろと言われ、相手が相手だけに魔術の才能はそれほど重要ではないと言ってきました。

 立香、マシュは牛若丸と別れ、その牛若丸は軍勢を率いて魔獣との戦闘を開始します。
 弁慶は陽動に乗りすぎたのではないかと言い、牛若丸は立香を助けるためにニップルに行くと言って飛んでいきます。
 ニップルにやってきた立香達は血痕を手がかりに移動すると「自称」エルキドゥと対面します。

 エルキドゥは北壁は「資源」が集まる場所だと言い、彼は人間を第2世代の魔獣の素材にすると言い出します。
 ライオンのような敵にはアナの「不死殺し」の刃も通じず、マーリンも「おふざけはなしだ」と魔力を発動させてきました。
 武器の威力が上がったのでアナは魔獣を一撃で倒しますが、いきなり鎖で捕まってしまいました。

 エルキドゥは「君にはここで退場してもらわないと」と言い、フォウはアナに飛び込んできました。
 目の前に現れたサーヴァントは「アヴェンジャー」というクラスで、モブは次々と逃げて殺されます。
 「ティアマト」を名乗る女神は一方的な力で立香達を追い込みますが……
 
【感想等】
 たびたび話題に出る魔術王さんですが、どこかFFで出てきても違和感がなさそうな感じがしました。
 それを言えば金ぴかのギル様は見る人が見れば黄金聖闘士にしか見えないかも。
 いきなりの修行パートを強いてきたレオニダスさんは「ダンベル何キロ持てる?」でも違和感がなさそうです。

 「人に愛されるか人を愛せるか」というマーリンさんとアナさんとの会話が深いなと思いました。
 牛若丸さんの無双ぶりがかっこいい一方で、人間を素材にすると言われてふとSAOのソードゴーレムが頭に浮かびました。
 SNのライダーさんもティアマトさんもアナさんもどこか似ていると思いつつ、次回以降もちゃんと見ていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第6話「天命の粘土板」

 FGOアニメの6話を見て感想を書かせていただきます。
 ギル様からまた仕事を言い渡された立香さん達ですが……
 彼が求めている粘土板には一体どんなことが書かれているのでしょうか。

【内容】
 人々の祈りが聞こえたのか女神イシュタルが復活し、彼女も人類を救ってあげると言ってきます。
 牛若丸から苦戦していると聞いたギルガメッシュは物資は自分が準備すると言ってきました。
 また、ギルガメッシュは立香達を呼び出してクタ市に「天命の粘土板」を回収してこいと言ってきます。

 マーリンによるとクタ市は3女神の復活によって街が壊滅して全ての人が息を引き取ったのだとか。
 アナは金貨20枚もらえれば花でいっぱいに出来ると喜ぶ一方、牛若丸は戦地に戻らなければならないそうです。
 立香は同じ日本出身の牛若丸を「憧れ」と言い、その夜は2人きりで会話をします。

 牛若丸の伝説は現代日本で親しまれていると言われ、信じられないくらいうれしいと笑顔を見せてきます。
 「兄上以外ではじめて」理解されたことに感激した牛若丸は一人のもののふとして帰る場所を守ると言ってきました。
 次の日、何枚かの止め絵とともに現地にやってきた立香は残っていた人に声をかけます。

 イシュタルによる「天災」で土地がボロボロになり、なおかつ宝石も持っていかれたそうです。
 マーリンによると少女(凜)の自我と女神の自我が混ざっているらしく、アナは「人間らしいです」とつぶやきます。
 暗くなったのでキャンプすることになり、立香はマーリンに体を鍛える意味があるのかと突っ込まれます。

 クタ市にやってきて手分けして粘土板を探し回ることになり、立香は死者の国である「冥界」に迷い込みます。
 殺された人々が大挙して迫ってきたかと思えばいきなり首を絞められ……
 「その者はまだ死んではいない」とジウスドゥラを名乗る男が冥界から立香を現世に送り届けてくれました。

 立香が目を覚ましたらマシュは思いきり涙を流し、気づいたら立香の手には「天命の粘土板」がありました。
 大型の魔力反応が急速で接近し、宝石強盗もといイシュタルが襲いかかってきます。
 彼女はただで助けたら人間が堕落するという目的で宝石を持っていったらしく、問答無用で攻撃を仕掛けてきます。

 「やっぱり強盗じゃないか!」という声とともに戦闘を開始し、立香は「俺が相手だ!」と挑発してきます。
 アナは鎖で空を飛ぶイシュタルの動きを封じ、イシュタルは縛られたて三女神同盟について語り出します。
 3人の女神は誰がウルクを滅ぼして聖杯を手に入れるのか争っていて、互いに不可侵の関係……らしいです。

 イシュタルはウルクの巫女によって召喚された一方で、残り2人は聖杯に呼び出されたとのこと。
 無数の人骨が襲いかかってきて逃げることになりますが、立香はその際にイシュタルの縄を解いていきました。
 イシュタルは「お礼は言わないわよ」と敵を一蹴し、立香は「ありがとう」と言いつつその場を離れるのでした。
 
【感想等】
 メソポタミアの粘土板……というと「本好きの下克上」がふと頭に浮かびました。 
 クタという地名でちょっと気が抜けましたが、立香さんの特訓と牛若さんとのやりとりは微笑ましいです。
 牛若丸さんと親密度を高めたものの、彼女が亡くなってしまうフラグのように思えてなりません。

 宝石を持っていくというところに凜さん要素が出ているのがちょっと微笑ましいと思ったりします。
 凜さんを思わせるイシュタルさんに某神父を思わせる人物まで聞こえて世間は狭いなと思えてきました。
 イシュタルさんをとの戦いでお話は一段落したと思いますが、残り2人の女神とはどう戦うのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム