【アニメ感想】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第2話「城塞都市ウルク」

 FGOアニメの2話を見て感想を書かせていただきます。
 エルキドゥさんの案内でウルクを目指す立香さん達ですが……
 彼の目的が一体何なのか、わたし、気になります!

【内容】
 城壁が魔獣と押しとどめていて、兵士達は絶え間ない努力で数値上の不利を覆しているようです。
 エルキドゥは「無駄なのに……」と言ってくるのを立香は聞いてしまいましたが……
 オープニングの後、立香、マシュはエルキドゥの案内でウルクを目指しますが、いきなりマーリンが後ろからやってきます。

 マーリンはけものみちで迷ったと言いつつギルガメッシュはエルキドゥの死によって不老不死の探索をはじめたと説明します。
 エルキドゥは「あと少しで面白い見世物が見られたのに」と言って攻撃を仕掛けてきました。
 アナと呼ばれる少女がエルキドゥに攻撃したものの吹き飛ばされ、マシュも激しい攻撃を前に苦戦を強いられます。

 エルキドゥは鎖で攻撃しても通じませんでしたが、途中から(マーリンに)夢をみせられていたと言って去っていきます。
 マシュが目を覚ますとエルキドゥはいなくなっていて、マーリンはエルキドゥは魔術王直属の配下だと断言します。
 アナは「契約外の戦闘です」と手厳しく、マーリンは自己紹介をして「マーリンお兄さんと呼んで」と言ってきました。

 ロマニはマーリンと聞いて急に饒舌になり、生きている者は英霊にはなれないと言ってきます。
 マーリンは「ろくでなし」だと言われ、未来を見渡す目を持っているものの見るだけなのだとか。
 ダヴィンチちゃんは改めて立香達を助けたことに感謝しつつもここにはマーリンの体は存在しないそうです。
 
 マーリンは宮廷魔術師として呼ばれ、アナはマスターを持たないはぐれサーヴァントなのだとか。
 これまでの戦いを思い浮かべてずっと見守ってきたと言ってきましたが……
 王様に会えばやることが見えてくるらしく、アナは自分には近づかないでくださいと言ってきました。

 3女神の同名によって都市が壊滅的になり、人々はウルクへと避難し、ウルクの王は城塞を築いたそうです。
 立香達の目的は聖杯の回収と3女神の同盟を打ち砕くことらしいのですが……
 英雄王ギルガメッシュは元々は賢者だったのがとびきりの暴君になってしまい、いさめるためにエルキドゥが作られたそうです。

 立香達は難民としてウルクに避難したと言い、門番は通してくれただけでなくておやつまで出してきました。
 人類最古の城塞都市ウルクは多くの人でごった返し、シュメール人の文明は数万の都市国家を建設するほどでした。
 粘土で城塞を作り上げたのがメソポタミアであり、いよいよギルガメッシュとのご対面ですが……

 報告を受けたギルガメッシュは的確な指示を出してきて、部下の身の上にも気を配る立派な人物でした。
 ギルガメッシュは「玉座をしばし汚すぞ」と言ってバトルを仕掛けてきますが……

【感想等】
 スマホアプリ原作の作品はキャラも多く、原作に触れていないとなかなか難しいなと思います。
 けものみちと言われたら別のアニメが頭に浮かびますが、櫻井さんのお声を聞くと何か裏があると思えてきます。
 同日放送のヴァルラヴでも鎖、続く本作でも鎖……なのはただの偶然でしょうか。

 イヤミさんとおそ松さん……もとい、ロマニさんとマーリンさんのやりとりがなんだか面白いです。
 サーヴァント不在のアナさんですが、魔力を供給してもらうためにマーリンさんにしたがっている感じでしょうか。
 門番のおじさんのご厚意に心が癒されますし、クラスが変わればギル様もいい人になるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第1話「絶対魔獣戦線バビロニア」

 バビロニアさんの1話を見て感想を書かせていただきます。
 ちょっと調べるとメソポタミアの南部がバビロニアらしいです。
 某まぞくのご先祖はさすがに出てこないと思いますが……

【内容】
 人と神が分かたれる前の時代、親友を失ったギルガメッシュは哀しみに暮れているようです。
 目を覚ましたギルガメッシュは「たどり着くかカルデア……」と何か楽しそうです。
 カルデアではマシュが「体調は万全です」といい、立香、ロマニを交えてグリーフィングを開始します。

 第七特異点へのレイシフトの準備が完了し、7つ目の聖杯の回収が託されます。
 彼らはこれまでオルレアン、セプテム、オケアノス、ロンドン、アメリカ大陸、キャメロットを攻略してきたそうですが……
 今回のレイシフト先は神代の末期、古代メソポタミアの土地らしいですが……

 ダヴィンチちゃんは今回の特異点は全ての特異点以上の難易度だと言ってきます。
 立香、マシュはいきなり落下し、マシュは宝具を展開してギャラハッドの力を借りて乗り切ります。
 いきなりロマニとの通信が途切れ、立香は魔獣に襲われてマシュにやっつけてもらいます。

 空から女性(イシュタル)が落ちてきて立香を押しつぶし、なぜか彼が悪いことになって土下座させられます。
 イシュタルは「本来なら私に許しもなく触れるのはありえないこと」と言いますが……
 また魔獣が襲いかかってきたもののイシュガルは弾丸を発射したり蹴りを入れたりしてあっさり倒します。

 イシュタルは「人理修復なんて夢のまた夢」と言ってどこかに飛んでいき、立香、マシュはたくさんの魔獣に取り囲まれます。
 エルキドゥが「数がお望みですか?」と言って魔獣を一蹴し、彼は立香達を待っていたとのことですが……
 ロマニはエルキドゥを「神の兵器」と呼び、エルキドゥはギルガメッシュを神々に戻すための「神の鎖」なのだとか。

 エルキドゥは立香達をウルクへと案内してくれるらしいですが、今のメソポタミアは滅亡の危機に瀕しているそうです。
 人々はみなウルクへと避難しているそうで、人類の敵は「神」なのだと言われますが……
 「神が人間の味方であったことはない」らしく3人の女神の目的は人類を抹殺することなのだとか。

 魔獣は女神の1人が作り出したものであり、人類はそれに対抗して一つのものを作ったそうです。
 それこそがタイトルにもある「絶対魔獣戦線バビロニア」だそうですが……

【感想等】
 ギルガメッシュと聞いてFateよりFF5を連想したのは私くらいかもしれません。
 金ぴかの鎧を身につけていない彼はある意味では新鮮な感じがしますが……
 中の人的にロマニさんとダヴィンチさんがリアル夫婦なのがなんだか面白いです。

 気づいたらアポクリファもエクストラも事件簿も終わり、けっこうなシリーズがアニメ化してきました。
 年末特番でFGOがアニメ化した時は第一特異点から延々とアニメ化するものと思っていましたが……
 そのあたりはゲームをやれ……というのは新規にはなかなかハードルが高いような気がします。

 SAOのアニメが控えていると立香さんのお声を聴いてユージオさんが頭に浮かぶのはここだけの話です。
 イシュタルさんというとダンまちでも出ていましたが、彼女が凜さんにそっくりなのは何か意味があるのでしょうか。
 必死に強がるイシュタルさんが可愛いなと思いながら、今後もお話を見ていきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第0話「Episode 0 Initium Iter」

 FGOアニメの0話を見て感想を書かせていただきます。
 ゲームをプレイしたわけではないのですが、シリーズ作品のアニメは大体見てます。
 わからないならわからないなりに楽しんでいけたらいいなと思いますが……

【内容】
 英霊召喚に成功したものの、マシュの中に入った英霊(ギャラ八ッド)は憤って暴れ出します。
 ロマニはアルバイトをしながら旅をしてましたが、どこも性に合わなくて雇ってほしいと言ってきました。
 カルデアで働くことになったロマニは英霊をサーヴァントに憑依させる実験について説明します。

 英霊を憑依させることに成功したことで肉体は全盛期を保つらしく、マシュはAチームに随行させるとのこと。
 ロマニはマシュの主治医をすると言い、自分をロマンと呼んでくれと言ってきました。
 人間は意識して損を出来る存在であるらしく、まだまだ未熟なロマニは先輩ではないそうです。

 ロマニはデザイナーベビーであるマシュは長くて18年までしか生きられないと説明します。
 マシュは自分の境遇について達観していて、ダヴィンチは自分がされた境遇について憤っていました。
 ロマニはレフに話を聞きますが、レフは魔術師としてカルデアに招かれ、マシュとの付き合いも長いそうです。

 レフによるとマシュの精神活動は安定していて、他人と自分を比べないから憎むことがないそうです。
 2004年に聖杯戦争が終わったことを思い出していたらいきなり銃を突きつけられてしまいます。
 オルガが所長を引き継ぎ、人間を量子にして過去に送る「レイシフト」なることが行われることになりましたが……

 マシュの視点に移り、ロマニの元にロマニが現れるシーンが流されます。
 ロマニは多くの時間をマシュとの対話に費やし、何もかも新鮮な体験になったそうですが……
 研究員になったマシュにロマニは何かほしいものはないかと言い、マシュは外に出たいと言い出します。

 カルデアは標高6000メートルの雪山にあり、見られる景色は吹雪だけなのだとか。
 マシュはフォウさんという不思議な生き物を追いかけていて、立香が倒れているのを発見してお話が始まるかと。
 序章アニメの内容が流れ、ジャンヌ、ネロ、ドレイク、モーさんの映像が次々と流れていきます。

 色々あってからマシュは盾から城壁を出してきました。
 立香の手を取って彼を先輩と呼んでお話を締めくります。
 そしてまた彼女は旅に出るのでした。

【感想等】
 何の前触れもなくヒロインが暴れ出して何が何だかよくわからなかったりします。
 ロマニさんが旅をしているところは彼なりに人々を救済しようとした……という感じなのでしょうか。
 マシュさんの髪型と髪の毛の色でラムさんが頭に浮かぶものの、中の人はエミリアさんでした。

 わからないことは多いもののマシュさんのことを少しでも知ることが出来たのはよかったと思います。
 序章は数年前にアニメ化したのはいいとしても、1章以降はゲームをやっていないのでなんとも言えません。
 10月からのお話ではギル様がどんな活躍をするのか、しっかり見届けていければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】2019年になってから「Fate Project 大晦日TVスペシャル2018」を見ました!

 明けましておめでとう御座います。
 去年も似たような感じで新年を迎えましたが、今年もFate特番の感想からはじめさせていただこうかと。
 今年も昨年と同じようにニコニコ動画さんの「タイムシフト予約」にお世話になりました。

 今年は放送枠も拡大し、Heaven's Feel(以下HF)映画もテレビ放送ということでその勢いの強さを感じました。
 また、毎年のようにお目見えするFate新作アニメのほうも気になるところですが……
 とりあえず色々時間も差し迫ってきているので、できる限り短縮して書いていこうと思います。

概要
 HF映画やエクストラアニメ、衛宮さんちの今日のごはん、蒼銀のフラグメンツ、FGOと様々な躍進を続けるFateシリーズ。
 2018年の大晦日TVスペシャルではなんと、そのHF映画をテレビ放送してくれるとのこと。
 さらには新作アニメの情報まで飛び交うという豪華仕様、3時間スペシャルという気合いの入った構成となりました。

1 Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower(本編)
 セイバールート(≒2006アニメ)、凜さんルート(UBW)に続く3つ目のルートが3部作で劇場公開される予定です。
 今回はその1つめの映画を2作目公開に先立ちテレビ放送してくれるようです。
 あまりにも長くなるのでこちらは別の記事(HF映画1感想)に書かせていただこうと思います。

続きを読む

【アニメ感想】2018年になってから「Fate Project 大晦日TVスペシャル 2017」を見ました!

 新年、明けましておめでとうございます。
 2018年になりましたが、昨年末の特番の感想を書いてみたいと思います。
 BSのチャンネルは親が握っていますが、今回もニコニコ動画(タイムシフト予約)さんに感謝です。

1 「Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-」
 カルデアもクリスマスムードになり職員たちも安堵の表情を浮かべます。
 立香を探していたマシュはダストンらスタッフから管制室の裏に見たと話を伺います。
 なんでも、その周辺には「ロストルーム」と呼ばれる怪談があるのだとか……

 所長のオルガマリーは戦闘をしていました。
 マスターとして複数のサーヴァントを使役する彼女ですが……
 目を覚ましたらレフやマシュが登場し、由々しき事態を前にして一度休むようにと言われます。

 アニムスフィアの悲願はグランドオーダー、つまり人類史の保障でありました。
 オルガマリーの父はカルデアスを生み出し、カルデアという組織を作ったとのこと。
 その父が2012年に亡くなり、オルガマリーが所長のポストを引き継ぎますが……

 皆さんは英霊であるサーヴァントの力を借りて色々と計画を続けているようです。
 「ダヴィンチちゃん」が英霊召還を担当し、マスター候補としては7人のメンバーが指定されていました。
 アトラス院からの贈り物である盾らしいものは虚数観測機「ペーパームーン」とのこと。

 自分を「節穴」と呼ぶレフは1999年にシヴァを完成させたのだとか。
 この星をよりよくするのが彼の目的らしく、オルガマリーには何になりたいのかと問います。
 「有能であることを示さなければならない」という強迫観念にとらわれた彼女には、目的を提示することは出来ませんでした。

 オルガマリーはレフとの出会いをふと思いだしつつ彼と別れます。
 入れ替わりに入ってきた立香はとりあえずお茶を飲むことにしました。
 補欠扱いだと言われる立香ですが、自分に出来ることを一生懸命やろうとしていました。

 本当は自分よりもふさわしい存在がいるのではないかとすら言い出す立香さん。
 しかし、逃げられないのならば強がらないといけない、誰かの代わりではなく自分自身として期待に応えたいと告げます。
 マシュは特異点が消去できたのはオルガマリーのおかげだと告げますが……

 オルガマリーは何も出来ないながらも「応援している」と告げて去っていきました。
 そうかと思えば突然場面が変わり、立香たちは複数のサーヴァントに襲われます。
 滅びは決定したと口にするギャラハッドに対し、滅びてなんているものかと反論します。

 砂漠に取り残された立香ですが、これはどうやら夢だったようです。
 マシュと合流した立香は改めて彼女の協力を感謝して、2人いちゃいちゃします。
 査問官がやってきて旧のカルデアは解体されてスタッフも一新されるとのこと。

 ヘリコプターとともにやってきた金髪の中年男性や某神父が査問官なのでしょうか。
 不安はあるものの、新しい一年を歩んでいくことを誓う立香なのでした。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム