【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン 第135話「準決勝!カキVSグラジオ!!」

 ポケモンサンムーンの135話を見て感想を書かせていただきます。
 ついにベスト4が出そろい、まずはカキさんとグラジオさんが試合をすることになりました。
 互いに妹を持つ「お兄ちゃん」対決を制するのは果たして誰なのでしょうか。

【内容】
 激しい戦いが続くアローラポケモンリーグは冒頭で2回戦の概要を振り返ります。
 グラジオがコジロウを倒し、サトシはよくわからない物言いもあってハウに辛勝します。
 カキは猛追するマーマネを振り切り、スイレンはZワザを破られてグズマに敗退してしまいます。
 
 準決勝はカキがグラジオと試合することになり、バクガメスはサトシのニャヒートと特訓をします。
 マーマネは自分を倒したカキを応援すると言い、リーリエは実兄グラジオを応援するとのこと。
 カキは妹のホシを迎えに行き、何でいないんだとすさまじい形相で叫びだして周囲を困惑させます。

 船は予定より早く着いたらしく、ホシは1人でスタジアムに向かっていました。
 スカル団の皆さんが道路(?)に落書きしていて、それをとがめたらポケモンをけしかけられます。
 グラジオは眼光一つでスカル団を追い返し、ホシをスタジアムへと案内していきました。

 ホシと手をつないだグラジオは幼き日の妹を想いだしていました。
 兄が過保護だと言いつつもお兄ちゃん大好きなホシになんだか微笑ましい気持になります。
 カキは妹を助けてくれたグラジオにお礼を言い、カキは「バトルで会おう」とひと言。

 「お前が応援に来たんだから百人力だよ」と妹にだらしない顔を見せるカキさん。
 ロケット団はドーナツの売れ行きがよくて機嫌がよく、真面目に働くのが一番だと悪役にあるまじきことを言っていました。
 突然悪に目覚めて選手全員のポケモンを奪おうとした彼らは資金稼ぎの為のドーナツ売りに立ち戻ります。

 グズマは部下達の前に現れ、準決勝だろうと決勝だろうとガキの遊びだと言い放ちます。
 プルメリはサトシを侮るなと苦言を呈しますが、グズマは勝利の味しか知らないとのこと。
 そうこうしているうちに準決勝が始まり、カキがだらしない顔をする一方でライチは転んでしまいます。

 準決勝から使用ポケモンは2体となり、カキはガラガラを、グラジオはルガルガンを出してきます。
 ルガルガンはつるぎのまいからストーンエッジを放ち、ガラガラは骨を使って攻撃をかわしてアイアンヘッドで反撃します。
 ガラガラはストーンエッジをまともに受け、フレアドライブの突進からアイアンヘッドを放ちますが……

 ルガルガンのストーンエッジでガラガラは倒され、カキは切り札のバクガメスを出してきました。
 バクガメスはドラゴンテイルを放ってストーンエッジを破壊してダメージを与えます。
 ルガルガンはカウンターでドラゴンテイルを相殺し、かえんほうしゃを受けながらもげきりんを放ちます。

 バクガメスのトラップシェルがルガルガンを捉えたかに見えましたが、ルガルガンは見事に耐えてきました。
 げきりんで我を忘れているはずが正面から攻撃を仕掛けてきたのは特訓の成果らしいです。
 バクガメスは弱点を突かれても気合いで耐え、きあいだまでルガルガンの弱点を突いて五分五分へと追い込みます。

 グラジオは2体目にシルヴァディを出して、いいところで次回へお流れになりました。
 カキとグラジオの決着とサトシの試合のことが、わたし、気になります!

【感想等】
 上でお兄ちゃん対決などと言っていますが、カキさんの妹さんはアニメオリジナルだったりします。
 中の人で言えば盾の勇者VS一方通行……と書くとこれはこれで面白そうです。
 個人的にはサトシくんとカキさんとの試合というのも見てみたかったのはここだけの話です。

 グラジオさんがイケメン過ぎてドキドキしますし、カキさんも好きなのでどちらも応援してました。
 相性の悪いルガルガンさんを撃破したのはよかったですが、シルヴァディさんは何タイプになっているのでしょうか。
 次回でカキさんの試合に決着がつくそうですが、カキさんがどこまでグラジオさんに迫れるのか気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン 第134話「みんなゼンリョク!準決勝への道!!」

 ポケモンサンムーンの134話を見て感想を書かせていただきます。
 先週はハラさんの前で泣くハウさんの涙にもらい泣きしましたが……
 グラジオさんとサトシくんに続き、準決勝に駒を進めるのは一体誰なのでしょうか。

【内容】
 グラジオがコジロウを倒し、サトシがハウを退け、マーマネはカキの戦術を研究して攻撃してきます。
 でんじほうでリザードンを麻痺させ、さらにZワザで一輝に勝負をつけようとしますが……
 リザードンは炎を吐いて脱出し、地面に炎のパンチを放ってシグナルビームを切り抜けてきました。

 白熱した試合を続けるカキ、マーマネの姿にサトシ達は興奮を抑えきれません。
 シグナルビームやいとをはくで攻撃を仕掛けるクワガノンにリザードンは苦戦を強いられます。
 かえんほうしゃで焼き払ったはずがいとをはくを受けて動きを封じられてしまいます。

 ワイルドボルトで勝負に出たクワガノンに対し、リザードンはほのおのパンチで迎撃します。
 さらにカキは温存していたZワザ「ファイナルダイブクラッシュ」を放ってマーマネのワイルドボルトと激突します。
 激戦を制したのはカキであり、続いてスイレンがグズマとの試合をすることになりましたが……

 「勝負は水もの」と言い切るスイレンに対し、グズマは「Zワザだと……くだらねえ」と言い放ちます。
 スイレンはアシレーヌを出し、グズマはグソクムシャを出してきました。
 かつてサトシのピカチュウが受けた「であいがしら」を警戒するスイレンですが……

 ムサシ達は商売に精を出し、アシレーヌは「じごくづき」を受けて「うたかたのアリア」を封じられます。
 アクアジェットを封じられ、どくづきで弱点を突かれ、さらには毒まで受けてしまいます。
 こごえるかぜで一旦脱出したものの、グソクムシャは執拗にどくづきを放ってアシレーヌを追い詰めていきます。

 アシレーヌはこごえるかぜで足を凍らせ、Zワザで勝負に出ますが、それすらもグズマには通じませんでした。
 グソクムシャのアクアブレイクがZワザを粉砕し、グズマが準決勝に駒を進めます。
 ライチは相手へのリスペクトを欠くグズマに苦言を呈し、グズマは因縁のあるククイ博士をにらみつけます。

 リーリエ達はグズマの戦いぶりに憤りますが、彼がルールの枠内で戦っていることもまた事実でした。
 準決勝の組み合わせはカキとグラジオ、サトシとグズマとの戦いとなりました。
 果たしてどんな激しい戦いが繰り広げられるのか、わたし、気になります!

【感想等】
 経験以前に相性の時点で不利なマーマネさんがここまで善戦すると思ってなかった視聴者は多い……はず。
 それにリザードンさんは御三家の一角で人気ポケモンさんですし、彼を負けさせるわけにはいかなかったのかもしれません。
 アニメを見ていたらファイアレッドの中で待機している(セパルトラ)リザードンさんがなんだか恋しくなってきました。

 グズマさんが試合の枠内とはいえヒールぶりを見せつけ、次で彼がサトシくんに倒される手はずは整ったかと。
 スイレンさんが足を凍らせたのはシベリア仕込みの足封じ技(聖闘士星矢のアニメオリジナル技)のリスペクトなのでしょうか。
 おそらく決勝はグラジオさんとサトシくんだと思いますが、彼は念願の優勝を勝ち取ることが出来るのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン 第133話「鳥上決戦!ブレイブバードVSゴッドバード!!」

 ポケモンさんの133話を見て感想を書かせていただきます。
 ジュナイパーさんとの決着がつき、カキさんとマーマネさんの試合も始まるようです。
 相性的にマーマネさんがカキさんに勝つのは難しいと思いますが……

【内容】
 サトシはポケモンリーグの準々決勝でハウのジュナイパーと戦うことに。
 序盤はZワザの撃ち合いになったものの、互いにかわしあって白熱した試合が続きます。
 モクローは大空に飛びますが、ジュナイパーの方がステータスが上のようです。

 ジュナイパーのはっぱカッターをかわして反撃するモクローですが、なかなか致命的なダメージを与えられません。
 カキはモクローがブレイブバードを狙っているのではないかと推測しますが……
 モクローはジュナイパーの攻撃を受けて撃墜され、さらに「かげぬい」で動きを封じられます。

 ジュナイパーの攻撃を受けたモクローは壁に激突しながらも立ち上がります。
 ブレイブバードは完全に読まれていて、ジュナイパーはゴッドバードで迎撃に出て両者相討ちになります。
 先にジュナイパーが立ち上がり、モクローは立ち上がってきませんでした。

 サトシはハウに敗退したかと思われましたが、ハラが審判に物言いをつけてきました。
 モクローはまだ眠っているだけで、戦闘不能になっていないとのことですが……
 試合は再開され、モクロー、ジュナイパーは激しい攻防を繰り広げてきました。

 モクローはジュナイパーのかげぬいで動きを封じられ、ジュナイパーはゴッドバードの構えに出ます。
 サトシはフェザーダンスを出せと言い、モクローはフェザーダンスからのブレイブバードで逆転勝利を収めます。
 ハウと熱い握手を交わし、会場はもちろんのこと、ククイ博士もサトシ達の戦いを絶賛します。

 ハラの胸の中で涙を流すハウに続き、ロケット団はドーナツを売って資金を稼いでいました。
 キテルグマはジュースをもらって温泉に入り、次はカキとマーマネの試合になりますが……
 マーマネは自分はカキには勝てないと思っていたと言いながらも、今は負けないと言ってきました。

 カキとマーマネの試合はリザードンとクワガノンとの戦いとなりました。
 リザードンは炎の技で相手の弱点を突いて攻撃しますが、クワガノンは糸を吐いてリザードンのスピードを封じようとします。
 シグナルビームからのでんじほうがリザードンに直撃し、最後はZワザで勝負してきますが……

【感想等】
 「鳥」ポケモンさんと頂上決戦をかけたタイトルはなかなか秀逸だと思います。
 普通に考えると相当レベル差がないと進化前では勝てそうもありません。
 ピカさんも昔、マチスさんのライチュウさんに打ち勝っていますし……

 本編はジュナイパーさんが有利に進みますが、モクローさんもいつにもなく意地を見せてきたと思います。
 前半でハウさんの勝利が宣言された時は驚きましたが、後半でいきなり物言いがついて驚きの連続でした。
 両者相討ちで延長戦になり、ピカさんがアローラライチュウさんと戦う……というのでもよかったのかもしれません。

 ライバルのハウさんに勝てるかが一つの試金石……そんなことを言ったのは間違いではなかったと今でも思います。
 相性的に不利ながらも研究でカキさんを翻弄するマーマネさんを見て色々と考えさせられました。
 次回はグズマさんの試合があるようですが、ひょっとするとスイレンさんがグズマさんを倒してしまうかもしれません。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン 第132話「ジュナイパーを攻略せよ!」

 ポケモンサンムーンの132話を見て感想を書かせていただきます。
 2回戦の相手はグズマさんだと思っていましたが、蓋を開けるとハウさんと戦うことに……
 サンムーンのライバルキャラともいえるハウさんを突破することが出来るのでしょうか。

【内容】
 決勝トーナメントは熱く激しい戦いが繰り広げられ、1回戦の結果、ついにベスト8が出そろいます。
 モクローがジュナイパーと戦うと知ったドデカバシは一路森から飛んでいきました。
 オープニングの後、モクローはピカチュウと特訓していてマーマネ達が声をかけてきます。

 サトシが言うにはモクローに起こされたらしく、ハウとのバトルにそれだけ気合いが入っているとのこと。
 カキはジュナイパー相手ではモクローが不利だし、相性的に有利なニャヒートがいいのではないかと言いますが……
 サトシはモクローがやる気だから彼で行くといい、カキは涙を流して感動していました。

 リーリエ達はグラジオの応援に向かうと言い、サトシの元にはロトム図鑑が残っていました。
 前回ムサシに勝ったコジロウは優勝しないと許さないと言われますが……
 コジロウとグラジオの試合が始まり、ルザミーネは息子のことが心配なようです。

 コジロウはいつになく気合いを入れていて、ヒドイデにはロイヤルマスクとバトルしたいと訴えます。
 ヒドイデはヘドロばくだんで攻撃しますが、ルガルガンには軽くかわされてしまいます。
 一方、サトシはモクローの特訓をしていて、特訓中にもかかわらずモクローは眠ってしまいました。

 ロトムは新しい技を覚えるしかないと言い、そこに育ての親のドデカバシがやってきます。
 ドデカバシは「フェザーダンス」を実演し、モクローは気合いを入れて新技習得のために奮闘します。
 コジロウはZワザで勝負に出ますが、グラジオもまたZワザで迎撃してきました。

 ZワザでZワザを相殺したルガルガンはストーンエッジでヒドイデを倒してベスト4に進出します。
 リーリエは兄が勝ったといって大いに喜び、ムサシは「ロケット団は過去を振り返らない」とコジロウをフォローします。
 試合に向かうモクローを前にツツケラはジュナイパーのようなかぶりもので気合いを入れてきました。

 カキ達はサトシが来ないことを心配し、ハウはサトシが寝坊したのではないかと言い出します。
 サトシは走って試合会場にやってきて、ハウは祖父を超えるためにもサトシに勝つと宣言します。
 呼び出しを受けたサトシ、ハウは急いで試合会場に向かいますが……

 モクローのたねばくだんはジュナイパーにはじき返され、実力の差を大いに見せつけられます。
 サトシはZワザで勝負に出ますが、ジュナイパーに軽くかわされてしまいました。
 ハウはサトシの攻撃は研究済みだと言い、ジュナイパーの「かげぬい」がモクローの動きを封じます。

 ジュナイパーの「シャドーアロウズストライク」がモクローに襲いかかります。
 モクローは「変わり身の術」で回避し、一進一退の攻防が続きますが……

【感想等】
 サトシくんに土をつけるのはおそらくハウさんかグラジオさんだと思ってたりします。
 いつにもまして気合いの入るモクローさんはいつもの彼とは別人(?)のようで頼もしいです。
 コジロウさんはグラジオさんでは相手が悪かったとしか言いようがないです。

 サトシくんの相性無視はアニメならではの考え方でけっこう好きだったりします。
 ポケモンさんのやる気を引き出すやり方は教育上の見地から見ると理にかなっているかもしれません。
 ゲームで真似しようとしたら相当のレベル差がないとできないと思いますが……

 初代から一通りプレイしているはずの私ですが、フェザーダンスの存在は失念していました。
 グラジオさんの中二病チックは仕草も、彼の勝利に沸くリーリエさんも、見せ場を作ったコジロウさんもよかったです。
 互いにZワザを出した今、意地と意地のぶつかり合いを制するのはどちらか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン 第131話「ムサシVSコジロウ!愛と真実のバトルフィールド!!」

 ポケモンサンムーンの131話を見て感想を書かせていただきます。
 決勝トーナメントも2日目になり、これでベスト16から8人に絞られることになりました。
 ムサシさんとコジロウさんだとムサシさんが勝ちそうな気がしますが……

【内容】
 1回戦の第一試合が終了し、サトシ、グズマ、スイレン、ハウが勝ち残ります。
 第5試合はマーマネがマツリカと戦いますが、マーマネは深呼吸して少し落ち着いたようです。
 カキはアセロラと戦い、リーリエは手加減をするなと兄に言い放ちます。

 ムサシは自分が優勝インタビューを受ける妄想をし、コジロウはもう結果が決まっているとゴロゴロしてました。
 マーマネはクワガノンを出し、マツリカのアブリボンと激しい空中戦を繰り広げます。
 アブリボンはクワガノンに容赦なくかふんだんごやサイコキネシスを浴びせますが、クワガノンはまだ倒れていませんでした。

 クワガノンはでんじほうをおとりにしてアブリボンを捕まえ、そのままシグナルビームを浴びせて勝利します。
 マーマネはクワガノンと抱き合って勝利を喜び、次はムサジーナ(ムサシ)とデコジロー(コジロウ)が試合します。
 コジロウはいまいちやる気のない態度で試合に臨み、ヒドイデの攻撃は完全にソーナンスにガードされます。

 ヒドイデの目を見たコジロウは急に燃え上がり、とげキャノンがソーナンスを打ち破ります。
 まさかの敗北を喫したムサシはショックのあまり真っ白になり、キテルグマは温泉でシンクロのまねごとをしていました。
 次はカキとアセロラのバトルとなり、カキはガラガラで、アセロラは巨大なゲンガーで勝負します。

 カキは相手のシャドーボールをホネブーメランで相殺し、シャドーボーンで一気に勝負に出ます。
 ガラガラはシャドーパンチを受けてとくせい「のろわれボディ」で動きが止まってしまいます。
 ゲンガーは「どろぼう」でふといホネを奪い取られ、一気にピンチに陥りますが……

 ガラガラはゲンガーの中に入り込んでほねを奪還し、シャドーボールをシャドーボーンで打ち返します。
 カキは勝利に歓喜して踊り出し、ルザミーネは息子と娘の試合を応援していました。
 リーリエはシロンの「あられ」で天気を雪にし、とくせい「ゆきがくれ」でブラッキーの攻撃をかわします。

 シロンはオーロラベールを使って耐久力を上げ、あとはこおりタイプのZワザで勝負に出ます。
 Zワザを耐えきったブラッキーはアイアンテールでシロンを吹き飛ばして勝負を付けてきました。
 そして2回戦はコジロウとグラジオ、サトシとハウ、グズマとスイレン、カキとマーマネの試合になるようです。

【感想等】
 前回の試合は主人公のサトシくんよりも相性を覆したスイレンさんの試合が一番燃えました。
 グラジオさんは戦う前から残ると思っていましたし、個人的にはカキさんの試合に注目してました。
 別に次回作が「ソード・シールド」でカキさんが「盾の勇者」だからではありませんが……

 クワガノンさんとアブリボンさんだとゲームじゃ全然素早さが違うのはあまり言わない方がいいかも。
 ストーリー攻略でアブリボンさんを使っていただけにちょっとショックだったりします。
 今季アニメで「ソウナンですか」というアニメがあるのはソーナンスさんとあまり関係はない……はず。

 アセロラさんのとくせいを生かした戦いぶりを見て、ゲームで四天王をやっているのは伊達ではないと実感します。
 シャドーボーンでシャドーボールを打ち返したのは野球回の成果……なのでしょうか。
 リーリエさんの戦いぶりに彼女の成長を実感しつつ、進化系を操るハウさんとサトシくんがどう戦うのか気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム