【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン 第62話「悪のニャースはアローラニャース!?」

 ポケモンサンムーンの62話を見て感想を書きます。
 同じニャースさんでも生まれも育ちも(さらにはタイプも)全く違うようです。
 どのように折り合いをつけていくのか、わたし、気になります!

【内容】
 サトシはポケモンたちに大量のお菓子を配り、みんなでおいしそうにいただきます。
 一方、ロケット団のニャースは取っておいたアイスがなくなっており、さらにムサシにアイスを食べられてしまいました。
 憤りを覚えたニャースは家出して泥沼に落ち、野生のアローラニャースがロケット団と一緒に帰って行きました。。

 アローラニャースはすっかりロケット団に溶けこんでしまいました。
 本物のニャースが戻ってきたのですが、ムサシたちはアローラニャースの方を仲間にする気満々です。
 なお、彼らはあくタイプのアローラニャースでZワザを発動しようとしますが、Zリングがないので出来ませんでした。

 モニターの向こうのサカキはアローラニャースに興味深々のようです。
 ニャースはペルシアンへの恨みが勝りつつも、アローラニャースは何かをたくらんでいると考えます。
 そうかと思えばムサシ、コジロウはアローラニャースに構って、本来のニャースは放置されます。

 ニャースはふてくされてやけジュースを飲む一方で、その悔しさをばねにアローラニャースが無能だと証明しようとします。
 一方、サトシとカキはポケモンバトルをしており、ニャビーとルガルガンのコンビネーションが冴え渡ります。
 その隙を突いたニャースはモクローをリュックサックごと持ち去り、アローラニャースに押し付けてしまいます。

 ニャースはサトシたちにアローラニャースを倒させようと考えていましたが、アローラニャースはサトシのピカチュウを圧倒します。
 10万ボルトを使いこなすアローラニャースにサトシたちは苦戦を強いられ、落とし穴に落とされてしまいました。
 実はこれら全てがロケット団の作戦であり、彼らはピカチュウを捕まえて立ち去っていきました。

 サトシはバクガメスの助力もあって落とし穴から脱出することに成功し、戻ってきたモクローはサトシたちに道を示します。
 ロケット団とのポケモンバトルが始まりますが、ミミッキュはピカチュウを攻撃しておりを壊してしまいます。
 一方、アローラニャースは戦うことはなく、ロケット団はいつものニャースもろともピカチュウのZワザによって倒され(いつもどおりキテルグマに連行され)てしまいます。

 アローラニャースの姿が見えないことに安堵するニャースさん。
 しかし、彼はロケット団の本部に送られ、サカキを補佐する役につくことになりました。
 出世の踏み台にされたムサシたちは憤りを隠せない一方、ニャースはどこかでほっとしているようです。

【考察等】 
 今季は食べる関係のアニメが多く、ポケモンの世界にも飯テロの波が押し寄せてきたのかもしれません。
 そんなことはさておき、苦労人のニャースさんが不遇な状況になるとなんだか悲しくなってきます。
 私もいずれさまざまな場で同じような目にあうかもしれないと思うと、彼に同情せずにはいられません。

 アローラニャースさんは「あく」タイプだけあってずるがしこいキャラクターでした。
 サトシくんをも翻弄する実力は歴代のキャラクターの中でも屈指のもののように思えます。
 彼は本部への栄転を果たしましたが、サトシくんにとってもあれを相手にしなくてもいいのはかえって良かったのかもしれません。

 次回はバトルロイヤルのお話であり(ニャビーさんの最終進化系である)ガオガエンさんのお話のようです。
 進化後のポケモンさんと張り合うのは作品の伝統みたいなものなのでしょうか。
 ムーランドさんの忘れ形見であるほのおのキバがこの強敵に通用するのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン 第61話「出動!ぼくらのウルトラガーディアンズ!!」

 ポケモンサンムーンの61話を見て感想を書きます。
 今回から主題歌も変わり、お話も新たな節目に差し掛かったような気がします。
 UB捕獲はゲームだとクリア後のお話になるのはここだけの話です。

【内容】
 メレメレの花園でドラマの撮影をしているさなか、ウルトラビーストの一体「マッシブーン」が登場します。
 オープニングの後、ククイ博士は生徒達に授業をしていましたが……
 オーキド校長が登場し「ウルトラガーディアンズ」の緊急出動要請があったことを告げます。

 学校のしかけから地下へと向かうサトシたちは気がつけばコスチュームが変わっていました。
 ピクシーはウルトラガーディアンズの一員としてサトシたちを補佐するのだとか。
 ルザミーネはマッシブーンの目撃情報を告げ、ロトムは必要な情報をダウンロードします。

 マッシブーンは見知らぬ世界で動揺しているとのことで、ウルトラボールでゲットするようにと言われます。
 なお、その際の返事は「ウルトラジャー」と決まっているようです。

 サトシたちはそれぞれガブリアス、メタング、フライゴン、ハクリュー、チルタリス、リザードンなどに乗って現地へと出動します。
 その頃、マッシブーンはキテルグマと戦闘を開始していました。

 ニャースはソーナンスと一緒に食料を集めていました。
 キテルグマはマッシブーンの強さを察してコジロウたちを回収して逃げてしまいます。
 一方、見知らぬウルトラビーストであるベベノムも周辺をさまよっていました。

 ルザミーネから、マッシブーンがカビゴンと戦っていると聞いたサトシたちは現地に急行します。
 とりあえずカビゴンを回復させ、大量の食料を与えて回復させることに。
 サトシはマッシブーンのポージングに戸惑いつつも、バトルを開始することになりました。

 ピカチュウの10まんボルトがマッシブーンをとらえますが、ピカチュウは倒されてしまいます。
 続いて加勢したカキはマッシブーンのポージングを真似し始め、サトシも同じことをやりだします。
 サトシは周りに指摘されたことからウルトラボールを投げつけると、マッシブーンはあっさりとゲットされます。

 バーネット博士は再びウルトラホールを開き、マッシブーンを元の世界に戻そうとします。
 みんなでポージングをして気持ちよくマッシブーンを送り出すサトシたち。
 今後はまた別のウルトラビーストが登場する機会はあるのでしょうか。


【考察等】
 主題歌の変更、ウルトラビーストの登場と新たな展開に胸がどきどきしてしまいます。
 600族(進化前を含む)の皆さんの中で、フライゴンさんやチルタリスさんが出てきたことがうれしいです。
 守り神をはじめとするフェアリーが跋扈するアローラ地方で、ドラゴンタイプの復権はあるのでしょうか。

 今までの学園ものから、何か戦隊ヒーローのような雰囲気になった、そんなお話かと思います。
 ルザミーネさんの「ウルトラジャー」、マッシブーンさん(とカキさん)のポージングなど、見ていて楽しかったです。
 なお、ウルトラビーストさんがウルトラボールであっさり捕まるのはゲームどおりだったりします。

 事件はあっさりと解決される一方、ベベノムさんとの絡みはお預けでした。
 次回はニャースさんのお話ということでまたいつもの雰囲気になるのではないかと。
 あと、個人的にサトシくんが水タイプのポケモンをいつゲットするのかが気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン 第60話「リーリエ飛びます!ポケゾリジャンプ大会!!」

 ポケモンサンムーンの60話を見て感想を書きます。
 リアルでは積雪に悩まされる現状をかんがみると、季節に合ったお話といえるのかもしれません。
 リーリエさんのように純粋に生きられたらと思う今日この頃です。

【内容】
 ウラウラ島のラナキラマウンテンにやってきたサトシたちは雪遊びを始めます。
 こおりタイプのシロンは興奮する一方で、ほのおポケモンやくさポケモンは寒がっていました。
 ワイルドな格好をしたハラさんやカキ、ククイ博士は風邪をひいてしまいます。

 ラナキラマウンテンにはユキワラシやアローラのサンドの姿が見られます。
 一旦休憩しますが、主要メンバーはおやつを持ってきていたようです。
 見たことのない足跡は身長3mを超える新種のポケモン(かもしれない)とのことですが……

 走り出したシロンを追いかけたリーリエは、アローラキュウコンとそりに乗っていた女性(サーラ)と出会います。
 同じ系統のポケモンに興奮したシロンをよそに、サーラは実はポケゾリジャンプの選手として有名な人とのこと。
 サトシはアローラの白いキュウコンに興奮して体を触らせてもらっていました。

 サーラからポケゾリジャンプの大会があることを聞いたリーリエさん。
 ハラさんのマケンカニはニューラに勝利してケケンカニに進化しました。
 なお、先ほどの足跡はケケンカニのパンチの跡だったようです。

 ハラさんはケケンカニの進化とともに、ポケゾリの大会に出るという目的がありました。
 リーリエは意を決して大会に出ることを決心し、サーラと一緒に練習することになりました。
 それを見ていたロケット団の皆さんは「生活がかかっている」からと出場を決意します。

 そりに乗っていてジャンプに失敗し、転倒したリーリエさん。
 サーラは自分も同じように失敗したものの、ロコン(キュウコンへの進化前)に励まされてがんばったのだとか。
 リーリエは恐怖を克服するためにリザードンで空を飛び、そりを乗りこなすことに成功します。

 サーラにアドバイスを受けて、シロンは「オーロラベール」の技を練習し始めます。
 あられ状態のときにしか使えないという大技は、なかなかうまくはいかないようです。
 それでもリーリエはそりを乗りこなして、ジャンプ大会当日を迎えることになりました。

 カキとバクガメスに続きムサシ(変装)とミミッキュの演技が続きますがキテルグマに回収されます。
 ハラさんはケケンカニと一緒に登場し、はらだいこをして会場を沸かせます。
 サトシとピカチュウはZワザを発動させますが、勢い余って逆方向に飛ばされてしまいます。

 最後はリーリエの出番となり、強風に煽られながらもシロンはオーロラベールを発動させることに成功します。
 サーラのエキシビジョンジャンプの後、優勝したのはリーリエ……ではなくハラさんでした。
 負けてもなおすがすがしいリーリエとその仲間達の絆に、感嘆するものを感じるサーラなのでした。

【考察等】
 私の好きなリーリエさんがメインのお話というだけでうれしかったりします。
 ゲームではラスダンのラナキラマウンテンですが、アニメでは全くその面影はありませんでした。
 なお、マケンカニさんのケケンカニさんの進化についてはゲームどおりです。

 メインキャラクター勢ぞろいのお話で、ハラさんまで出てきたのもよかったかと。
 シロンさんはすごく可愛いですし、アローラキュウコンさんも美しい姿でいいなと思います。
 対になるアローラロコンさんも一応出てきますが、扱いに差があると思うのは私だけでしょうか。

 本番のジャンプ競技については、それぞれの個性がよく出ていたかと思います。
 ハラさんのはらだいこの所は面白かったですし、リーリエさんもうまくいってよかったです。
 リーリエさんやその仲間達を見ていて、純粋だった頃に戻りたいと思う今日この頃です。

 次回からは(ゲームだとクリア後の)ウルトラビーストさんとの戦いが始まるようです。
 赤いマッシブーンさんはサン限定なのでまだ見覚えがあるのですが、紫の子は見たことがありません。
 サトシくんがウルトラ版限定の子をゲットする流れになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン 第59話「マオとスイレン、にがあまメモリーズ!」

 ポケモンサンムーンの59話を見て感想を書きます。
 公式サイトの絵が変わった一方でオープニングが何の変化もないのは意外です。
 筆者にもマオさんとスイレンさんのような親友関係があればよかったのですが……

【内容】
 スイレンの妹(ホウ、スイ)は森で迷子にあったものの「大きなポケモン」に助けられたとのこと。
 その話を聞いたサトシたちは興奮し、ロトムにもらった木の実を検索させます。
 その結果、ホウとスイが出会ったのは、スイレンやマオが昔出会った「森のおじいさん」であることが判明します。

 スイレン、マオは自分が昔森に迷ったことを語りますが、詳細な内容は覚えていないとのこと。
 そのポケモンにお礼を言おうと考える一方で、ロケット団はそのポケモンを手に入れてサカキに献上することを考えます。
 まずはサトシたちを尾行してその正体を探ることになりましたが……

 マーマネ、リーリエ、カキはそれぞれ用事があって離脱し、サトシ、スイレン、マオの3人で森に行くことになりました。
 スイレンは瞳を燃やして「絶対に会う」と宣言し、マオはスイレンとの出会いを思い出します。
 なれなれしく接するマオはスイレンを強引に引っ張って森の中に入っていきました。

 ポケモン(アブリー)を追いかけていったマオ、スイレンはアブリボン(アブリーの進化形)と遊びます。
 アブリボンから「かふんだんご」をもらった2人はおいしくそれをいただき、すっかり仲良くなりました。
 話を聞いたムサシやコジロウはアブリボンに絡みますが、攻撃用のだんごを受けてしまいます。

 当時のことを思い出したマオ、スイレンは巨大な竜のポケモンと出会います。
 初対面だけにびっくりした2人はその場を逃げてしまったようです。
 ロトムはマオ、スイレンから情報を聞き、その正体をユキノオーだと推測しますが、あっさりと否定されます。

 森の奥で知らない場所に迷い込んでしまった当時のスイレンとマオは泣き出してしまいます。
 そこに木の実がどこからか投げ込まれてきました。
 スイレンは木の実をおいしいと言って食べますが、マオには苦かったようです。
 
 「やっと名前で呼んでくれたよね」と語りかけるマオは、食べているうちに苦い木の実がだんだん甘く感じられてきたようです。
 にがあまの思い出のおかげで元の道に戻ろうとする2人ですが、途中で木の実を落としてしまいます。
 2人そろって崖から転落しそうになったのを助けてくれたのは、先ほどの「森のおじいさん」だったのです。

 お話を聞いてすっかり目を輝かせるサトシくん。
 ロトムは一連のお話を聞いて、森のおじいちゃんが「ジジーロン」だと見抜きます。
 サトシたちはジジーロンを探し回り、ムサシたちも彼らを尾行します。

 マオ、スイレンはジジーロンと楽しく遊んだことを思い出します。
 思い出の場所にたどり着いた一同はジジーロンと対面しますが、そこに(幼稚園児のコスプレをした)ロケット団が立ちはだかります。
 どう見ても子供にしか見えないロケット団は、逃げようとするジジーロンを強引に捕まえてしまいます。

 ジジーロンはあっさりとロケット団を撃退し、彼らはいつもどおりキテルグマに回収されました。
 スイレン、マオはジジーロンに抱きつき、サトシもすっかり目を輝かせました。
 そして、今度は3人でにがあまの実をいただくのでしたが、結局苦かったようです。

【考察等】
 昔の美しい思い出と現在が交差する、とても奥深いお話でした。
 マオさんとスイレンさんの馴れ初めに心がとっても温まります。
 困難をともに乗り越えることで2人が仲良しになれてよかったと思います。
 
 ジジーロンさんはムーン限定のポケモンさんなので、サンを買った私としてはあまりなじみのない方でした。
 シロン(アローラロコン)さんやバクガメスさんといったサン限定の方が目立つアニメだっただけに、ムーン限定のジジーロンさんの活躍はある意味新鮮かもしれません。
 子供が大好きという図鑑の説明をしっかりと踏まえたお話というのも、とてもよかったのではないかと思います。

 次回のお話は、ゲームだとポケモンリーグのある「ラナキラマウンテン」でそりの大会をするようです。
 アローラロコンさんと対になるアローラサンドさんが出てくるのかもしれません。
 お母さんを救出するという目的を果たしたリーリエさんが、どんな勝負に出るのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン 第58話「泣かないでヒドイデ!」

 ポケモンサンムーンの58話を見て感想を書きます。
 ロケット団は一応悪役なのですが、どこか憎めない側面があると思います。
 コジロウさんのポケモンさんを見つめる優しいまなざしは悪役のそれとは思えません。

【内容】
 目を輝かせてショッピングを楽しむムサシに困惑するコジロウたち。
 ヒドイデはサニーゴで作ったペンダントをほしそうにしていました。
 しかし、コジロウは今は持ち合わせがないので買ってやれないのだと説明します。

 大量にお買い上げしたコジロウにコジロウたちは苦言を呈します。
 プルリル(メス)をゲットしようとするコジロウですが、嫉妬にかられたヒドイデはプルリルを追い払ってしまいます。
 一旦は怒ったコジロウですが、女の子のやきもちを許さないのは最低だといわれてヒドイデをなだめます。

 突然現れたオスのヒドイデ(センパイ)はコジロウのヒドイデにとって初恋の人(?)でした。
 昔、ドククラゲに襲われたのを助けてくれたセンパイに、ヒドイデは一目ぼれしてしまったようです。
 センパイはサニーゴの角をくれると約束していたのですが、別の女に角を渡していたのでした。
 
 センパイはヒドイデにサニーゴの角を渡しますが、ヒドイデはコジロウに擦り寄ります。
 怒り狂ったセンパイはドヒドイデに進化し、彼女をたぶらかしたコジロウに襲い掛かります。
 コジロウは派手に毒を受けてしまい、ヒドイデのような顔になってしまいました。

 いつもどおりキテルグマに回収されたロケット団の皆さん。
 コジロウはサニーゴの角を持参し、さらには進化までしたセンパイのために自分が身を引くことを考えます。
 そのことを聞いていたヒドイデは浜辺で一人ただずんでいました。

 ヒドイデは気がつけばサトシたちの家に転がり込みますが、食事ものどを通りませんでした。
 サトシの笑顔にコジロウのそれを思い出したヒドイデは、どうしても彼を忘れられないようです。
 そしてドククラゲから彼女を守ったのは、今の恋人(?)であるコジロウでした。

 コジロウはヒドイデはセンパイと一緒にいたほうがいいといって背中を押します。
 しかし、センパイはヒドイデを泣かせたコジロウに勝負を仕掛けてきました。
 誰よりもヒドイデの幸せを願っているのならば、自分から彼女を奪い返せと言い出します。

 コジロウは果敢に挑みかかり、毒を受けてしまっても自力で回復します。
 見苦しい殴り合いを続け、互いに死力を尽くして戦った2人には友情が芽生えます。
 センパイは立ち去ろうとしますが、コジロウは襲い掛かってきたドククラゲを投げ飛ばします。
 そして、センパイとヒドイデに追いかけられるコジロウなのでした。

【考察等】
 今回はまさかのヒドイデさんがメインのお話でした。
 一見コジロウさんに飛びつくギャグ要員という扱いでしたが、その内実は恋に一途な乙女でした。
 センパイさんもまた、同じ女を愛した男といえるのかもしれません。

 ヒドイデさんのために身を引こうとするコジロウさんの姿は愛ゆえの行動でした。
 そして彼女を泣かせまいとするセンパイさんもまた愛なのだと思います。
 真実の愛というものがどんなものなのか、そんなことを考えさせられるお話といえるのかもしれません。

 次回はマオさんとスイレンさんの過去のお話のようです。
 彼女達の過去に一体何が起こったのでしょうか。
 困難を乗り越えてこそ、人は団結することが出来るのかもしれません。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム