【アニメ感想】クラシカロイド 第25話(終)「宇宙からのアンコール」

 クラシカロイドの最終回を見たので感想を書きます。
 宇宙人の登場という壮大なテーマに驚くとともに、音楽の可能性を感じさせるお話でした。
 最終回ということでシリアスが強かったものの、相変わらずの奏助さんは中の人が同じこともあってイオク様を思い出してしまいます。
 音楽を通じて宇宙人と分かり合えたように、私もまた色々な人と分かり合えるように努力したいです。

【内容】
 1977年に地球を飛び出した無人惑星探査機「ボイジャー」。
 その中には、来るべき地球外生命体との接触のため、各国のあいさつとともにバッハたちの作曲した音楽を納めた「ゴールデンレコード」というものが収められているのです。
 (参考 ウィキペディア「ボイジャーのゴールデンレコード」)

 バッハを退けた一同の前に、突然現れたUFOの皆さん。
 彼らは世界の各都市で人々をさらい、その中には音羽博士(歌苗のお父さん)の姿も有りました。
 音羽博士は娘との連絡の中で「UFOの中にマイクがある」と一言。

 宇宙人が音楽を求めて地球にやってくることを察知していたバッハ様。
 彼はそのために今一度応急処置したオクトヴァによってムジークを発動すべきと力説しますが、他の皆さんは言うことを聞いてくれません。
 一方、自分が地球を救うのだと(「鉄血のオルフェンズ」のイオク様さながらに)暴走した奏助はUFOの中で自ら作詞作曲した歌を披露しますが、そのことが宇宙人を怒らせてしまいます。

 バッハ曰く「地球人を完全に誤解した」宇宙人は各地を破壊し始め、音羽館もまたその標的となってしまいます。
 祖母との思い出が壊されることに涙する歌苗は頭を下げ、クラシカロイドたちは8人一体となったムジークを発動。
 その曲が宇宙人の心を掴み、博士を含む人々が解放されますが、オクトヴァは限界が来たのか爆発してしまいました。

 「モウイッカイ!モウイッカイ!」
 アンコールを求めて各地を破壊し始めるUFOの心を感じ取った奏助は、せっかく宇宙から来た客をもてなそうと力説します。
 その思いに反応したモツは奏助(とパット君)を、ベトは歌苗(とハッシー)をムジークで変身させることに。

 ビーム攻撃をかいくぐってUFOに特攻した2人を無数の宇宙人が待ち受けていました。
 そんな彼らに最高のアンコールを奏でる8人のクラシカロイドの皆さん。
 満足した宇宙人は、壊した建物を元通りにした上で宇宙へと帰ってゆきました。

 平和な日常に戻った歌苗さん。
 しかし、旅立ったと思ったベトやモツ、リスト、ショパン、シューは戻ってくることに。
 「みんな出てけ!」といつもどおりの奇妙な日常がふたたび始まります。

【考察等】
 最初から最後まで先が読めない、まさに凡人の枠を超えた作品だったと思います。
 決戦の後で宇宙人とはまるで「イナズマイレブン」(全国大会→宇宙人襲来)をみているかのようです。
 とはいえ、サッカーで勝負するあちらとは違い、こちらは音楽でわかりあうという平和的なものですが。

 俺が地球を救うと飛び出していった奏助さんは、中の人のこともありイオク様と重なって見えてしまいます。
 彼の行動が事態を悪化させるあたりも共通かもしれません。
 とはいえ、後半で宇宙人にアンコールを届けるべきと力説する彼は立派だったと思います。

 歌苗さんの涙に同調してムジークを決意する皆さんもよかったです。
 その際に、ギョーザーの言葉を口にするベトさんが素敵すぎます。
 音楽がよかっただけにアンコールが出るのは当然なのでしょうが、宇宙人の感情表現の過激さには驚きを隠せません。

 ロボットアニメに定評のあるサンライズさんだけあって、歌苗さんと奏助さんがUFOに近づくところがすごく迫力がありました。
 「鉄血のオルフェンズ」がビーム兵器が出てこない分、こちらで思い切りビームが飛び交うのを見て、まるでガンダムだと思ったのは私だけではないかもしれません。
 最後のムジークの、音楽を通じて人は分かり合えるのだというメッセージもよかったです。
 
 1話でギョーザーと力説して火炎放射器を使うベトさんをみたとき、これは何のアニメだろうと思ったのが懐かしいです。
 しかし、声優さんの演技に、音楽の素晴らしさに、はたまたトンデモ脚本に魅せられて最後までみてしまいました。
 来週土曜深夜からの再放送はともかくとして、10月から2期放送決定もまた、我々のアンコールにこたえたものなのかもしれません。

 追伸 来週のこの時間は(時間がかぶっていた)ヒロアカを見ます。
 今日の分は録画してあるので、浮上する前に一度見ていこうかなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クラシカロイド 第24話「八音の世界・後編」

 所用でずっと家を空けておりましたが、とりあえず戻ってきたのでクラシカロイドを見ました。
 今回は全体的にシリアスなお話で、まさに最終決戦といった感じでした。
 いつの間にかバトルアニメになったのかという突っ込みはさておき、色々と考えさせられるお話だったかと。
 余談ですが、破天荒な歌苗さんのお父さんと、日曜日のラスタルさんと声が同じだとは驚きです。

【内容】
 バッハ化した人々に囲まれる音羽館。
 その中にさりげなく含まれていたシューは、ベトの拳によって正気を取り戻します。

 クラシカロイド7体がそれぞれのムジークによって人々に正気を取り戻させますが、周囲はカオスな状況に。
 バッハ化した人々にはクラシカロイドを集結させようとするバッハの意思が入り込んでいるとのこと。
 そんな中、歌苗は父から装置を止めるようにと(一方的に)連絡が入ります。

 オクトヴァを止めることを決意した歌苗は、クラシカロイドに協力を要請します。
 皆がついてくるという中、それでは家が守れないからと2人だけを連れて行くことにします。
 結局(じゃんけんによって)ベトとモツが歌苗とともにオクトヴァへと向かい、残りはバッハ化した人々と戦うことに。
 一方、オクトヴァは破損し、ミツルロイドも勝手に装置から離れてしまいます。

 自分と同じムジークを持つミツルロイドと戦うことになったベトとモツですが、新しいムジークで敵を打ち破ります。
 残り5体については、バッハ自らがムジークで破壊することに。
 彼は三弦に対して、異なる8つの音楽こそが理想を実現するのだと説くとともに、ベトとモツを自分の陣営に引き入れようと動きだします。

 音楽が音楽として存在する世界を実現するとするバッハ様。
 それを否定してムジークを発動させるベト、モツですが、実力の差は歴然でした。
 バッハの理想は、すべての人間がクラシカロイド、そして音楽が共通言語となる世界とのこと。
 その中では異世界の住民ともコミュニケーションが取れるようになるとのことですが、彼の理想は「音楽の強制」だとするベトとモツはふたたび立ち上がります。

 祖母の残したレコードとその思い出について言及する歌苗さん。
 音楽が当たり前になってしまったら、その思い出がなくなるから寂しいと続きます。
 そしてその声に呼応するかのようにベトとモツは二人のムジークを合体させ、バッハを打ち破ります。

 バッハ化した人々は元に戻り、これで終わりかと誰もが思いました。
 しかし、突然上空にUFOが出現するのです。

【考察等】
 最終決戦ということか、バトル中心のお話となりました。
 音楽で戦ってはいるものの、いつの間に異能バトルになってしまったのかと思わずにはいられません。
 とはいえ、このアニメ自体に突っ込みどころが満載なのですが。

 クラシカロイドを作った歌苗さんのお父さんですが、意外と軽いノリで娘に仕事を託します。
 中の人的に日曜日のオルフェンズに体力を温存しているのかもしれないというのは冗談です。
 そういえば、母親は一切出てこないのですが、お母さんというのはもう亡くなられているのでしょうか。

 後半のバトル展開は音楽が元ネタと思うと中々シュールです。
 音楽が共通言語になる世界といういきなり大きなテーマが出てきたのは驚きでした。
 バッハさんは、現状の人間がそれだけいざこざを繰り返していることに憤りを覚えていたのでしょうか。
 それに対して、歌苗さんの「思い出」についての反論はよかったと思います。

 力を合わせた合体技によって勝利を収めたという王道展開でした。
 どうせならその場にいなかった仲間の力が流れ込む演出があってもよかったのかもしれません。
 まあ、バダさんやチャイコさんがバッハさんに表向いて反逆できそうも無いですが。

 最後に宇宙人が登場というのは、これこそ全く想像してなかったです。
 「ドラクエ3」でバラモスさんを倒したらゾーマさんが出てくるようなお話なのでしょうか。
 もっと近い例だと「イナズマイレブン」で全国大会を制したら宇宙人が侵略してきたという話があったような気がします。
 あと1話で、このラスボスらしい相手とどう(音楽で)戦うのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クラシカロイド 第23話「八音の世界・前編」

 クラシカロイドの23話を見て感想を書きます。
 巨大な装置「オクトヴァ」が完成したことで、お話がついに終盤を迎えたような気がします。
 新しい世界を創造するとおっしゃるこの方々ですが、中盤からの展開はシュールです。
 果たしてお話がどのように着地するのか、次回がいろんな意味で楽しみです。

【内容】
 「八音」を増幅する装置「オクトヴァ」がついに完成してしまいます。
 バッハは2時間後に装置を発動させるとして、すべてのクラシカロイドを集結させるよう(日本語で)命じます。
 なお、八音とは8人のクラシカロイドによる渾身のムジークであるとのこと。

 バッハの命を受けた黒服の男たちがクラシカロイド確保に動きますが、ムジークであっさりと撃退されてしまいます。
 そのことを含めて「想定内」とする三弦(みつる)は、自分が作り上げたベトたちそっくりの「ミツルロイド改」を準備することに。
 そして「用済みっす」と言われたバダ、チャイコは音羽館へと向かいます。

 どうして襲われたのかと相談している音羽館の皆さん。
 やってきたバダとチャイコは、バッハが八音によって理想の世界を作ろうとしていることを語ります。
 その中で、ミツルロイドによって自分達が必要なくなったという話が出ますが、皆さんはそれではと好き勝手に過ごし始めます。

 バッハのムジークによってオクトヴァが発動し、クラシカロイドを除いて音が全くなくなってしまいます。
 そして、次の段階では音は戻るものの、人々がカツラをかぶってバッハと化すという奇怪な現象が起こります。

 本来「八音」は8人のクラシカロイドによるムジークのはず。
 しかし、バッハの音しか出ないのは、彼に心酔する三弦によるものでした。
 「他は雑音」とまで言い切る彼女にとっては、全人類のバッハ化こそが理想の世界とのこと。
 そんな状況下、装置を止める仕掛けを発動させようとする音羽博士(歌苗の父)ですが、電気代を払っていなかったことから電気を止められてしまいました。

 音羽館に迫るバッハ化した人々。
 ムジークで正気に戻すベトさんですが、相手はあまりにも多すぎました。
 こちらにはクラシカロイドが7人いるはずというものの、そのうちの1人、シューさんは洗脳されて登場してしまいます。

【考察等】
 巨大な装置の登場、相手の計画の一端が明らかになって終わりが近づいているように思います。
 世界を作り変えるという壮大なお話なのですが、人々がバッハ様になってしまうなど、余り緊迫感を感じませんでした。
 むしろ音楽の教科書を見る眼がこれまでよりも一層変わったというのが真相かもしれません。

 世界を作り変えるという話は創作の世界ではよくあるのですが、どうしてバッハ様がその考えにいたったのかがよくわからなかったりします。
 私が見ている限りでは、人間が良くないから、一度滅ぶべきという深刻なお話でもないと思われますし。
 そのあたりは、凡人には理解できない世界があるのでしょうか。

 世界を作りかえるお話が、いつの間にか全人類をバッハ様にするという展開は読みようが無かったです。
 三弦さんは何故そこまでバッハ様に入れ込んでいるのでしょうか。
 もしかしたら、そこには愛があるのかもしれません。

 前編というサブタイトルから、次回の後編へとお話は続くようです。
 果たしてこのお話がどのような決着を迎えるのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クラシカロイド 第22話「ちがいのわかるおとこ」

 クラシカロイドの22話をみて感想を書きます。
 ベトさんがコーヒーに固執するお話ですが、天才のこだわりは凡人には中々理解できないのかもしれません。
 ふと思うと、始めのころ、彼がギョーザーに執着していた頃が懐かしいです。
 そういえば、この方は茶畑に一生を捧げようとしていたこともあったような気がします。

【内容】
 冒頭からベトさんがドアップで、この世で最も素晴らしい飲み物はコーヒーだと主張します。
 数ヶ月前コーヒーとであったことにより、そのとりことなってしまったベトさん。
 目ヂカラで「究極の豆」を手に入れ、さらに試行錯誤を経て「神の粒数」が60粒だと判明します。

 オープニングの後、ベトはいよいよ究極のコーヒーを飲もうとピンセットでコーヒー豆を数えます。
 しかし、酔っ払って帰ってきたリストに作業を乱され、モツ、シューが豆を取り合って床に落としてしまいます。
 怒ったベトは、引きこもって豆を数えることとなりますが、外の声がうるさくて集中できません。

 物音におびえながらも60粒を数え終えたベトさん。
 邪魔な同居人をかいくぐってキッチンにたどり着き、ようやく究極の一杯を口にすることに。
 しかし、途中で1粒こぼしてしまっていたことに気づいてしまいます。
 おいしければいいという同居人に反論し、60粒ではないとダメだとベトさん。

 音羽館を飛び出したベトさんは、ベストな散歩をしつつ、コーヒーを飲むベストポジションを探しに出かけます。
 そして見つけ出した彼のベストポジションは、公園のパンダの置物だったのです。
 しかし、小学生のドッジボールが飛んできてコーヒーはこぼれてしまいますが。

 小学生相手にパンダに固執するベトさん。
 話を聞いた音羽館の皆さんが説得しますが、彼は聞く耳を持ちません。
 その後、パンダをかけてドッジボールで勝負することとなりましたが、同居人がこぞって小学生についたため、15対1の勝負となってしまいます。
 負けても負けても諦めないベトさんに、小学生はあきれて家に帰ってしまいます。

 執念の勝利によってポジションをキープしたベトさん。
 その翌朝は、勝利の喜びを胸にムジークを発動させます。
 しかし、コーヒーの次はドッジボールに執着するようになりましたが。

【考察等】
 冒頭からコーヒーに異様な執念を燃やすベトさんが印象的なお話でした。
 豆へのこだわりならまだしも、その数へのこだわり方が常軌を逸しているといいましょうか、これが凡人と天才の違いなのかもしれません。
 始めのころ、ギョーザーに固執していたころとはどこか通じるところも有りますが、ますますそれがこじれたような、そんな気がします。

 後半ではコーヒーのお話がいつの間にかパンダのお話となり、ドッジボールのお話になってしまいます。
 この展開を読めた人は、私を含めて殆どいないと思います。
 こういった人と違っているところがあるが故に、人とは違った発想が生まれるのかもしれません。

 ここ数回は各キャラクター個別のイベントがあったという感じでしょうか。
 次回、次々回あたりは趣が異なり、おそらく最終回へとなだれ込むような気がします。
 ここまできたら、あとは最後までみ続けるだけだと思ってます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】クラシカロイド 第21話「ブレイク・スルー」

 クラシカロイドの21話を見て感想を書きます。
 いままで存在感の無かったシューさんが、信じられないほどの存在感を発揮するお話でした。
 今回の曲は「魔王」だったのですが、そのアレンジが余りにも想像の斜め上で面白かったです。
 音楽の教科書のあの曲が、まさかあんな変貌を遂げるとは、製作者さんの頭の中を見てみたい気がします。

【内容】
 先輩方が寝静まったあと部屋の片づけをするシューさんは、ふと、自分に部屋がなかったことに気づきます。
 しかし、部屋はもう殆ど開いておらず、あとは庭先かトイレかといったところでした。
 自分が家事をしていることを引き合いに、貢献度に応じて部屋を与えられるべきと主張しますが、家事ではどうしてもインパクトが小さかったようです。

 ムジーク対決を申し出るシューさんに、物置と化した部屋の掃除を言いつける歌苗さん。
 他のメンバーがムジークを発動しながらも結局は部屋は片付きません。
 万を持して登場したシューさんですが、ムジークを発動することすらできませんでした。

 ムジークの発動が出来ないことについて、クラシカロイドとしても意味が無いとまでいわれたシューさん。
 そのまま家を飛び出してしまいますが、道行く人には無視され、存在価値とは何かと悩みます。
 さらにアルケー社ではバッハ達の話題に一人だけ名前が出てこないというおまけつきです。

 凧に飛ばされて外国にまでやってきたシューさん。
 見知らぬ土地で餓死仕掛けたところを助けたのは、響吾(歌苗の父)でした。
 アルケー社の目から逃れる為に世界を転々としていた響吾に、どうして自分を作ったのかと迫るシューさん。
 しかし、響吾は好き勝手にやればいいと言い残し(勘定を払っておいてくれと書置きして)去ってゆきます。

 ならず者達に囲まれたシューさんは、再び凧に足を取られて日本に戻ってくることに。
 その頃、季節はずれの台風により、音羽館は住民総出で修理をしているところでした。
 自分がいなかったことを全く気にかけていなかった住人に怒ったシューさんは、自分も好き勝手にやってやるとムジークを発動します。
 何とシューさんはラッパーとなり、住民たちを次々と口で攻撃していきます。

 一皮もふた皮も向けたシューさんは、結局部屋はいらないと一言。
 怒った一同に部屋から投げ出された彼は、すっかりもとの姿に戻ってしまうのでした。

【考察等】
 ぞんざいな扱いをされるシューさんがかわいそうだと思いながら見ていました。
 彼の悩む「存在意義」とは何かというのは、おそらく誰もが通る道なのかもしれません。
 歴史に名を残したシューさんほどの人物ですら悩んでいるのですが、だったら一般人の私はどうなるのでしょうか。
 結局は自分自身を認めることが出来るのかどうかの問題なのかもしれません。
 それはそれで難しいことなのだと思いますが。

 本題に戻って、シューさんがいなくなったことを誰も気にかけていなかったことについて。
 かわいそうだとおもいながらも、人間、自分が思っているほど他人は人を思ってはいないのかもしれません。
 そのことが彼を開き直らせ、あの例のムジークへとつながったのですが。

 シューベルト作曲「魔王」といえば、最近だと「坂本ですが」のお話を思い出します。
 本来は荘厳な曲なのですが、ここではラップとなってずいぶんとイメージが違っていました。
 この大胆なアレンジをした人もまた、相当の天才なのかもしれません。

 お話が進みながらも、まだ多くの謎が残されたクラシカロイドの皆さん。
 どんな終わりになるのか、凡人の私には全く先が読めません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム