【アニメ感想】「ラブライブ!The School Idol Movie(劇場版ラブライブ)」を見ました!(第2版)

 ラブライブの劇場版について、昨年8月12日に1度目見たものの、今日のNHKさんのテレビ放送を期にもう一度見たので感想を書きます。
 最後まで穂乃果さんらしさが出ていた、一言で言えば、アニメの真の完結編と言える作品に仕上がっていました。
 「スクールアイドルの魅力とはなにか」という大きなテーマについて彼女なりの答えを出したのはよかったと思います。

 大きなテーマの一方で、(ネタ的な部分を含む)細かいところもしっかり描かれていて見ててあきません。
 たとえば、前半でのホテルでの海未さんの顔芸、にこさんのきゅうりパック、あるいは花陽さんの白米へのこだわりなど、それぞれのキャラクターのツボをしっかりとらえているところも見ていて楽しいです。

 もちろんライブも文句の付け所がなかったです。
 前半のニューヨーク(?)でのライブについて、歌はもちろんのこと、和風を思わせるような衣装は可愛さと妖艶さを合わせたような感じでよかったと思います。

 後半では、解散するつもりだったのを蒸し返したことは事実ですが、それでもスクールアイドルの何が好きなのか、そしてその素晴らしさを伝えようとする穂乃果さんの出した答えは、よかったと思います。
 全国から集まったスクールアイドルの皆さんを見て、ラブライブ最終予選で生徒の皆さんが雪かきをして道を開いてくれたところと重なってみえて感動しました。
 また、このμ'sの活躍が後のラブライブサンシャインにおける参加アイドルの増加やドームでの決勝につながるのだと思うと、ますますそのことの意義は大きかったと思います。

 始めは講堂に人を集めることもろくに出来なかったのが、1期では廃校を阻止し、2期でラブライブに優勝し、そしてついには画面内外の多くの人を動かすだけに至ったことは本当にすごいと思います。
 まさに、μ'sのキャッチフレーズである「みんなで叶える物語」そのものでした。

 細かい内容については追記に書きました。
 思い切りネタバレなので、実際にご覧になってから見ていただければと思います。
 ※更新履歴
  2016年8月12日 第1版(1度目の視聴)
  2017年1月3日 2度目の視聴を反映して修正・追記等

続きを読む

【感想】ラブライブ(2期12~13話:最終回)「ラストライブ」/「叶え!みんなの夢――」

 ラブライブ2期の12話と13話の感想を書きます。
 涙に濡れて、筆が進まないのはご容赦ください。

1 11話のあらすじ ※詳細はこちら(前回感想)
 妹達が音ノ木坂に合格し、3年生の卒業も少しずつ近づいてきました。
 3年生がいなくなったあとどうするのか、決定は残された1、2年にゆだねられます。
 新1年生は自分たちで新しくアイドルを始めるという声を聞いた穂乃果は、ある一つの決定をします。
 それは、ラブライブ終了と同時にμ'sを解散させるという決定でした。

 夕暮れの海辺で、互いに泣きあう9人。
 帰り道も涙が止まることはありませんでした。
 そして、本番まで一週間となり、練習も最終段階へと入ります。

2 12話「ラスト・ライブ」
 いよいよラブライブ本選が始まり、部長のにこがくじを引きまさかのラストを引き当てます。
 最後の練習が終わり、帰宅するはずなのですが、これが最後だと思うと中々踏ん切りが付きません。
 結局9人は学校にお泊りすることになりました。
 みんなで夕ごはんをいただき、穂乃果は「ワクワクしない?」と窓を開き、空の星を見ます。
 さらに屋上に上った9人は、街の明かりを見て、歌を通じていろいろな人とつながれたことを改めて感謝し、スクールアイドルをやっていて良かったと叫びます。

 ラブライブ本選当日、穂乃果の「起きろ!」の一声で会場へと向かいます。
 会場の、そしてステージの大きさには驚くばかりです。
 衣装に着替えて、今までの気持ちをこめて最後のライブを始めます。

 鳴り響く「アンコール」の声。
 始めのライブ(参考:1期3話)では、ほとんど人を集められなかったのが、今ではこれだけ多くの人をひきつけるだけになった、初めからを知っている者としては、感動の一言です。
 そして、第1期オープニングを歌って、12話は終了します。

3 13話「叶え!みんなの夢――」
 卒業式の日、穂乃果はようやく送辞を完成させて登校します。
 するとにこにそっくりの弟妹だけでなくて、お母さんの姿もありました。
 にこはお母さんに見せたいと、彼女を部室へと案内します。
 そこにあったのはラブライブの優勝旗とトロフィーでした。
 μ’sは目標(参考:2期1話)をであった「ラブライブ優勝」を見事に果たしたのです。

 生徒会室にやってきた穂乃果は、遅刻だと海未に怒られてしまいます。
 準備の後、去年の資料を探しに生徒会室に行くと、そこには絵里の姿がありました。
 自分は助けられてばかりだったという絵里に対して、穂乃果は彼女を抱きしめて「ありがとう」と一言。

 卒業式、穂乃果の当時は自分の独白から、歌で心が通じあうと結び、真姫の演奏で歌いだし、歌はいつしか全校生徒の大合唱となりました。

 式が終わり、アイドル研究部からにこの私物(棚1列分)が撤去されます。
 アイドルに詳しい花陽が次の部長に、真姫が副部長に任命されます(2年生は生徒会業務で忙しいから除外されているのだと思います)。

 校舎を見て回る9人。
 以前ライブを行った講堂は、ラブライブ本選を経験した彼女たちには少し小さく感じられます。

 最後に、いつも練習していた屋上へ。
 モップに水を浸して「μ’s」と床に書く穂乃果さん。
 そして、「ありがとうございました」と一礼して去ってゆきますが、かつての練習風景が頭に浮かんできて、涙が浮かびます。

 校門前で、3年生は「行くね」と一言。
 しかし花陽の携帯が鳴り、彼女は「えーっ!?」と叫ぶと皆を部室へと引っ張っていきます。
 挿入歌が終わり、穂乃果は「新たなステージに行こう」「叶え、みんなの夢!」とタイトルを回収して、2期の全13話は終了します。

4 12~13話の感想
 12話について、いよいよ本番ということになり、別れがつらくて離れられない皆さんを見ていると切なくなりました。
 本番の大きなステージで歌う皆さんを見ていて、あの1期3話のガラガラの講堂だったのが、今ではここまでになったのだと思うとうれしさのあまり涙が出てきます。

 13話の方に移りますと、にこさんやその弟妹がお母さんにあまりにも似すぎているのにまず驚きました。
 卒業式の合唱はよかったですし、最後に校舎を回るのも良かったと思います。
 始めは3人で始めたスクールアイドルも、今では9人になり、廃校の阻止、そしてラブライブ優勝という結果までも勝ち取ったという事実は感動の一言です。
 これだけの事を成し遂げた皆さんは、すごいなと思いました。
 
4 完走した感想
 今年1月の1期1話から、今日の2期最終回まで最後まで完走することができました。
 1期の1話が「叶え!私たちの夢」で、2期最終回は「叶え!みんなの夢」ということで、彼女たちの夢がかなったから次はみんな、つまり視聴している私たちが夢を叶える番ということなのだと思います。
 お話を通じて、私は努力すること、諦めず夢を目指すことの大切さを、彼女たちに教わった気がします。
 そして、μ'sの歌からは一杯の元気をもらえました。

 なお、最後の花陽さんの「えー!?」の内容は、ラブライブ劇場版という説もあります。
 また時間があれば、映画を見てみたいと思います。
 
 駄文ですが、ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

【感想】ラブライブ(2期11話)「私たちが決めたこと」

 ラブライブの2期11話を見たので感想を書きます。
 いよいよ終わりのときが近づいてきたのを感じます。

1 前回のあらすじ ※詳細はこちら(前回感想)
 アライズを破り、ラブライブ本選に出場を決めたμ'sの皆さん。
 本選を優位に進めるため、キャッチフレーズを考えますが、中々考え付きません。

 そんなときにやって来た、アライズのリーダーのつばさは、穂乃果に「μ'sを突き動かしたものはなにか」と尋ねます。
 うまく答えられない穂乃果さん。
 海未が言うには、それこそがキャッチフレーズではないかとのこと。

 本選出場のお礼にと餅つきをはじめ、多くの生徒が来てくれました。
 その直後に神社の階段を登った穂乃果は、絵馬に多くの応援メッセージが書かれていることを発見します。
 がんばって、皆が応援してくれて、そして成長していく。
 それこそがμ'sの姿なのでした。

 そして、キャッチフレーズは「みんなで叶える物語」に決定しました。

2 今回のお話
 雪穂と亜里沙の2人は見事に音ノ木坂に合格しました。
 亜里沙は「μ'sだよ!」と新メンバーになる気まんまんな一方で、雪穂は穂乃果に「3年生が卒業したら(μ'sは)どうするの?」と尋ねます。

 本選が近づき、体調管理に万全を期すため、練習メニューは軽めのものになりました。
 練習を始めますが、穂乃果はどうしても妹の言葉が気にかかります。
 3年生が卒業したら、それはμ'sと呼べるものなのでしょうか。
 にこは「(3年生が卒業しても)名前を残しなさいよ!」とする一方で、花陽は1人がかけてもそれはμ'sではないのではないかと言います。
 ラブライブ終了までその話はしないことにしていた絵里ですが、学校に残る6人で決めてほしいと一言。
 残された6人(1、2年)はそれぞれどうするのかを相談します。

 穂乃果が帰宅すると、そこには雪穂と亜里沙の姿がありました。
 完全にμ'sに入る気の亜里沙に、雪穂はμ'sの何がすきなのかと尋ねます。
 9人のμ'sが好きな亜里沙は、自分はその中にはいないから、これからは新しいアイドルを作っていくと決心します。
 彼女たちの答えを聞いて、穂乃果もある決心をします。

 休みの日に穂乃果は、他のメンバーを集め、皆の行きたいところに遊びに行くことにしました。
 アイドルショップ、ゲームセンター、動物園、ボーリング場、美術館、ボート乗り場、雷門、花やしきと続きます。
 そして穂乃果は、9人だけの景色を見に行きたいと海に行こうと言い出します。
 海未「私ですか?」

 海にやってきた一同は、9人で一つの景色を共有します。
 その中で穂乃果は「大会が終了したらμ'sをおしまいにします」と宣言します。
 やっぱり、μ'sはこの9人しかいないのです。

 涙が止まらなくなる皆さん。
 穂乃果は「電車が遅れる」と言って走り出し、駅にやってきますがまだ電車には時間がありました。
 彼女が言うには、このままだとずっと泣き続けることになるとのこと。
 9人が一緒の証明写真を取り、そのおかしさに笑ってしまう一同ですが、やはり涙は止まりません。
 
 そして、ラブライブまで残り一週間となり、9人は再び練習を開始します。

3 感想
 妹さんたちについては合格おめでとうございます。
 しかし、三年生の卒業という逃れられない事実に複雑な心境になります。
 
 後半の、海に行った後はずっと泣きっぱなしでした。
 予想されていた結末とはいえ、実際に見ると涙が止まりません。

 次回は、16日(土)の4時から、2話連続で最終回です。
 録画予約は万全です。
 ここまできたら最後まで見届けましょう。

【感想】ラブライブ(2期10話)「μ's」

 今日からまた土曜日に戻ったラブライブ(2期10話)を見ます。
 改めて、本選出場おめでとうございます!

1 前回のあらすじ
 いよいよ始まったラブライブ最終予選。
 しかし、大雪によって交通が麻痺して、学校説明会のため学校に残っていた2年生は大ピンチに陥ります。
 それでも歩いて会場へと向かおうとするとする3人ですが、猛吹雪が行く手を塞ぎます。
 校門を出ると、何と生徒の皆さんが雪かきをして道を開いてくれていました。
 心強い応援を胸に、ようやくμ'sの9人は合流します。
 そして、たくさんのありがとうをのせて、新曲「スノーハレーション」を見事に成功させました。
 詳細は、こちら(前回感想)をご覧ください。

2 今回のお話
 年末、寝ぼけている穂乃果を海未とことりが迎えに来ます。
 まだ着替えていなかった穂乃果は、急いで着替えますが、その間に新年を迎えてしまいました。

 初詣のために神社へと向かった3人は、1年生と合流します。
 凛ちゃんのスカートも可愛いですが、真姫さんの着物も素敵です。

 さらにアライズの皆さんとばったり会った6人ですが、アライズは去り際に「優勝しなさいよ!」と一言。
 ここで、μ'sがアライズを破って本選に出場したことがようやく判明します。

 改めてラブライブ優勝を、そして皆で楽しく歌えるようにとお願いする穂乃果たち。
 なお、3年生は神社で巫女さんのバイトをしていました。
 黒髪だけに、にこさんの巫女姿もよかったです。
 ここで真姫さんと一緒に和風ユニットを結成などという話もちょっと出てきます。

 亜里沙(絵里の妹)が「音ノ木坂に合格して、μ'sに入りたい」とお願いしたことを聞いた絵里たちは、一度今後のことを話したほうがいいのではないかとつぶやきます。

 冬休み中ですが登校した穂乃果たちは、屋上で練習をします。
 ラブライブ本選は全くの自由、インターネット上でライブを見てもらい優勝を決定するというものでした。
 それまでに、チームをどう印象付けるのかが課題となり、キャッチフレーズを作ろうという話になります。
 μ'sを一言でどう言い表したらいいか、なかなか思いつきません。

 下校中に、アライズのリーダーのつばさが穂乃果に「話がある」と一言。
 つばさは、自分たちが負けた理由がわからないとして、μ'sを突き動かすもの、原動力はなにかと穂乃果に問いますが、穂乃果はうまく答えることが出来ませんでした。
 そのやり取りを電話で聞いた海未は、それこそがキャッチフレーズではないかと指摘します。

 穂乃果は、勉強中の雪穂(妹)へμ'sについて聞いて見ることにしました。
 危なっかしくて、心配ではらはらして……、でも応援しなきゃという気持ちになるというのがその答えのようです。

 ふと何かを思い出した穂乃果は、皆でおもちつきを始めます。
 みんなのおかげで本選に出場できたのに、何もお礼を出来ていなかったからとのこと。
 冬休み中にもかかわらず多くの生徒が集まって、おもちも喜んでもらえてようで何よりです。

 その直後神社の階段を全力ダッシュするトレーニングをする一同。
 神社の境内につるされた絵馬には、μ'sへの応援のメッセージがいっぱい込められていました。
 それを見て「わかった!」と穂乃果さん。
 がんばって、皆が応援してくれて、そして成長していく。
 それこそがμ'sの姿でした。

 そして、本選で発表されたキャッチフレーズは「みんなで叶える物語」でした。

3 感想
 冒頭の初詣のお話は、色々な衣装を見ることもできて良かったと思います。
 意外とあっさりですが、本選出場おめでとうございます。

 その後のみんなのおかげでここまで来られたという思い、素直にそう思えることが素晴らしいなと思います。
 やはり人間は一人では生きられないものなのかもしれません。
 私も、支えてくれている皆さんに感謝して生きていかないといけないとつくづく思います。

 余談ですが、雪穂さんがきんモザのカレンさんやゴマちゃん(スガオ君)と中の人が同じだったり、はたまた亜里沙さんはごちうさのココアさんと同じだったりすることに今更気づきました。
 現在の9人がμ'sだと考えると3年生の卒業と同時にμ's解散の可能性もあり、そうなると2人がどうなるのかも気にかかります。

 μ'sは優勝できるのか、そしてこれから彼女たちはどうして行くのか、私、気になります!
 (なお次回は9日の4時30分の放送です)

【感想】ラブライブ(2期9話)「心のメロディ」

 ラブライブ(2期9話)を見たので感想を書きます。
 なお、来週からはまた放送日が土曜日に戻るようです。

1 前回のあらすじ
 ラブライブの最終予選に際して、ラブソングはどうかと提案する希。
 その背景には、彼女の誰よりも強いμ'sへの思いがありました。
 ばらばらだった9人が力を合わせて一つのものを作ること、それが彼女の望みでした。
 その思いを知った絵里と真姫は、残りのメンバーを集めて作曲作業を始めますが、その時雪が降り出し、それぞれが自分の言葉を紡ぎます。
 詳細は、こちら(前回感想)を見ていただければと思います。

2 今回のお話
 最終予選当日、外は大雪で穂乃果の家ではお母さんと妹(雪穂)が雪かきをしています。
 当の穂乃果は海未、ことりが迎えに来るのを見て、雪を「神様のいたずらかな?」と一言。

 オープニングの後は、絵里は妹の励ましと希の顔を見て緊張が解けた模様です。
 1年生3人のやり取りでは、真姫のお母さんがカツサンドを作ってきてくれたようです。

 にこは妹の応援と弟の雪だるまに励まされ、絵里、希と合流して会場へと向かいます。
 希は「三年生3人で一緒に行きたかった」とのこと。

 1年生と3年生の合計6人が合流して会場に到着します。
 控え室へ向かいますが、その大きさに圧倒されてしまいます。

 一方、2年生の3人は学校説明会の挨拶を終えてから合流するてはずになっています。
 絵里からは「挨拶が終わり次第すぐに来て」とのことです。
 学校の前の雪かきを手伝おうとする穂乃果ですが、クラスメイトからは挨拶と最終予選に集中しろとのことでした。

 6人は控え室でアライズとばったり出会い、アライズは「私達は負けない」と勝利宣言です。

 穂乃果の挨拶は無事終わりますが、外の雪はますます強くなり電車も止まってしまったとのことです。
 穂乃果は「走っていこう」と言い出し、3人は走り出しますが、雪のため転んでしまいます。
 歩いていくことになった3人を吹雪が襲います。
 それぞれの思いを胸に突き進んでゆく3人です。

 学校の外では、生徒の皆が総出で除雪して会場までの道を開いてくれました。
 心強い応援を胸に、3人は会場へ到着し、残り6人と合流を果たします。
 9人のその目には涙が光っていました。

 改めて道を開いてくれた生徒にお礼を言うμ'sの皆さん。
 そして、「支えてくれる皆がいなかったらここに立つことができなかった」と穂乃果さん。
 たくさんのありがとうと、それぞれの思いをこめて新曲を披露し、無事最終予選を成功させます。
 
3 感想
 生徒たちが道を開いていたところで、感動して涙が出てきました。
 μ'sの9人ばかりがクローズアップされがちですが、それを支えてくれる人がいたからこそ、最後までたどり着いたということがよくわかるいいお話だと思います。
 新曲もそれぞれの思いが形になっていて、とてもよかったです。

 次回、ラブライブの結果はどうなったのか、私、気になります!
 (放送は再び土曜日の16:30にもどるようです)
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム