【アニメ感想】グランクレスト戦記 第15話「帰還」

 グランクレスト戦記の15話を見て感想を書きます。
 故郷を救ったテオさんでしたが、単純にそれだけでお話は終わりではなかったようです。
 血を流す方向にしか進まないミルザーさんでは人の心をつかむことが出来ないのではないかと。

【内容】
 シルーカは黒魔女を尋問し、彼女が大講堂の惨劇を引き起こしたのではないかと考えます。
 それゆえにろくに取り調べもしないで即刻処刑をするという教会の行動は大いに疑問を感じます。
 テオは伯爵の爵位や色々なアイテムを教会から受け取り、いよいよ黒魔女の処刑が始まりますが……

 黒魔女は「お前達の思い通りに死んでやるものか」とデーモンロードを召喚し、自らの首を斬らせてしまいます。
 一方で報告を受けても聞く耳を持たないミルザーは、テオよりもラシックを危険視していました。
 独立君主の反乱によって奇襲をうけたミルザーは、覚悟を決めて住民を殺すことを考えます。

 ミルザーは人狼の集落を襲う一方で、部下はテオの「王道」を気にしていました。
 テオはミルザーのことを聞いて、彼を倒さなければ未来はないと考えます。
 そしてラシックは改めてテオに従属を申し出ることを告げる一方で、テオを誰もが快く思っているわけではないようです。

 君主会議が行われる前に、テオの号令で亡くなった君主たちへ黙祷を捧げる一同。
 テオのシスティナでの活躍は大きかった一方で、故郷の解放を優先したのはどうなのかと突っ込みをうけます。
 エドキアはこのままラシックに士気を取ってもらいたいと考えますが……

 テオは自分の責任をあっさりと認めた上で、ミルザーを討つと言い出し、力を貸してほしいと告げます。
 ミルザーを倒さないと未来はないというテオの言葉に一同は同意せざるを得ませんでした。
 一方でマリーネはミルザーの手腕を高く評価しており、さらなる侵攻を考えますが、やはりテオが問題になるようです。

 テオは常闇の森を拠点とし、その当面の敵となるミルザーは領地に戻ることになりました。
 森では地の利があるとのことですが、最後に攻め落とすべき一角獣城は難攻不落の城塞でした。
 必要な人員を集めるために、スタルクの奴隷反乱を利用すべくジュゼルが動くことになりました。

 「テオごとき一ひねりだ」と出撃を決意するミルザーはそれを止めようとする部下に剣を向けます。
 果たしてこの強敵を前に、テオたちはどのように戦っていくのでしょうか。

【感想等】
 黒魔女さんの件は腑に落ちないまま終わり、ミルザーさんは相変わらず血なまぐさい方向に進みます。
 ミルザーさんの「覇道」とテオさんの「王道」がぶつかることも時間の問題かと。
 時間が進んでも、立場が変わっても、テオさんへの思いが変わらないラシックさんが癒やしかもしれません。

 テオさんの活躍は評価されるものの、故郷の解放だけで盟主になることは出来ませんでした。
 ミルザーさんを倒す流れは当然とは思いますが、彼を倒すことはなかなかに難しいように思えます。
 以前剣を交えたラシックさんはもちろん、前回仲間になったジュゼルさんの活躍が鍵を握るのかもしれません。

 次回タイトルは「前哨」とのことですが、大きな戦いの前哨戦ということで間違いないかと。
 常闇の森という「地の利」を生かした戦いではありますが、ミルザーさんは侮れない相手だと思います。
 ますます君主として貫禄を増したテオさんがどのように彼と戦うのか、最後までしっかりと見届けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】刀使ノ巫女 第15話「怠け者の一分」

 とじみこの15話を見て感想を書きます。
 今回は薫さんのお話のようですが、彼女はエンジンがかかれば動くタイプなのでしょうか。
 人間は時として休息することも必要なのかもしれません。

【内容】
 温泉でくつろぐ薫は仕事をしていないことをド畜生こと学長に怒られます。
 次々に仕事を与えられた薫はぶち切れしますが、学長は聞く耳を持ちません。
 今度の任務の場所は群馬県とのことですが、パスポートは必要ありません。

 アラダマを探してみたものの見つからないと言い訳をする薫さん。
 とりあえずポーズだけをとることを考えますが、同僚には「本音を隠せ」と突っ込まれます。
 怠け者の尻をたたくためにと沙耶香が派遣されてきました。

 お年寄りの証言を受けて捜索を開始しますが、薫は「適当に探せ」と一言。
 薫はまじめすぎる沙耶香は苦手だと言い出します。
 隊長の薫が頼りないことからか沙耶香に隊員の心はシフトしていました。

 温泉に戻った薫は夜も必死に特訓をする沙耶香の姿を発見します。
 可奈美に連絡を取った薫ですが、あちらは試合のことしか言っていません。
 舞衣は沙耶香が薫とともにいることを心配していましたが、エレンが言うには薫の一族はアラダマと400年ともにあったとのこと。

 「遊んだりするのも任務のうち」と卓球の試合を申し込む薫さん。
 負けてしまった薫はついには武器を持ち出しますが、本部長に報告すると言われて土下座します。

 夜見はかつての同僚であった結芽の墓参りをしていました。
 たとえ紫がいなくても彼女の忠誠は変わらないとのことです。
 一方で、薫、沙耶香たちは再び捜査を開始し、リスのようなアラダマを発見しますが……

 沙耶香は「仕事」としてアラダマを倒そうとしますが、薫は敵意のないアラダマを殺すことは「気に入らない」と反論します。
 ねねを斬ることができるのかと言われた沙耶香はしょんぼりしてしまいます。
 「よく考えて斬れ」と自分のありかたを語る薫に対し、沙耶香はこれからよく考えたいと告げます。

 アラダマは野生の熊のようなものだと告げる薫ですが、そのアラダマは巨大な敵に変貌します。
 覚悟を決めた薫はアラダマを撃退し、とりあえず先に戻ることにしましたが……

 例の襲撃犯が登場し、続いて彼女を探していたという真希が登場して戦いを始めます。
 襲撃犯は二刀流で戦闘を繰り広げますが、薫、沙耶香が来たころには去っていました。
 報告をした薫は学長をおばさんといって怒られてしまう一方、沙耶香は刀使として大切なことを知ったようです。

【感想等】
 薫さんがメインのお話なのですが、沙耶香さんとの絡みは新鮮です。
 群馬県と聞いたときにパスポートを持っていないと言い出す薫さんがなかなかシュールでした。
 ネットでは色々変な風に言われていますが、群馬県には一度足を運んでみたいです。

 適当すぎる薫さんとまじめすぎる沙耶香さんは足して二で割るとちょうどいいのかもしれません。
 卓球のお話(ギャグ)とお墓参りのシーン(シリアス)がうまく対照的に描かれていたような気がします。
 紫さんがもし生きていたら、今の現状をどう思っているのか聞いてみたいです。

 前回のノロの研究といい、今回の薫さんのお話といい、単純に「敵」と捉えるのは間違いなのかもしれません。
 容疑をかけられていた真希さんですが、その疑いが晴れる日も近いのかもしれません。
 そして、前回のラストで出てきていた「姫」というのは一体何者なのか、今後はそのあたりを考えていければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】魔法少女サイト 第3話「毒リンゴとお姫さま」

 魔法少女サイトの3話を見て感想を書きます。
 3話でお話が動きはじめるというのがアニメの「定石」ではあるのですが……
 この作品の場合は全くハッピーエンドが見えてきそうにありません。

【内容】
 「いぬあそび」はファンをオーナーとして考えているユニットなのだとか。
 メンバーのうち虹海(にじみん)はグッズを作るほどの辣腕を持つようです。
 そんな彼女に見せられているこの男性は一体何者なのでしょうか。

 リナは一命を取り留めたとのことですが、体がかなり衰えているようです。
 ステッキを集めていた彼女が言う「テンペスト」とは一体何なのでしょうか。
 なんでもこの腐った世の中を終わらせる存在とのことですが……

 ステッキを手にする前、露乃の母親は自殺していましたが「ありきたりのこと」とのことです。
 露乃はそれでもステッキに救われたとのこと。
 ステッキ所持者の中にリナの意識を取り戻すものがあるのではないかと考えます。

 彩、露乃はテレビの前の虹海に接触することになりました。
 そのにじみんは武道館ライブを行い、冒頭の男性もまたその場に来ていました。
 握手会の場に登場した露乃は時間を止め、彩の発想に感服します。

 彩は虹海をステッキで移動させますが、虹海のハイテンションに困惑します。
 露乃はリナの意識を回復させて情報を得るため、それが出来るステッキを探していることを告げます。
 虹海はいったんは去ることになりましたが、場所を指定して再び会うと言い出します。

 なれなれしく妙なあだなをつける虹海の警戒心のなさに不信感を抱く露乃さん。
 ファンを使役する虹海に彩は困惑を隠せません。
 なんでも虹海のステッキはパンツであるとのことで、一方で彩の兄は妹に憤ります。

 虹海の能力は相手に言うことを聞かせるという強力なモノでした。
 彼女の親友であるみかどはリナに殺されてしまったとのことです。
 豹変した虹海はリナを殺してやると言いだし、周囲をドン引きさせます。

 とりあえず連絡先を交換して立ち去る彩たちですが、彼女はもはや当てにならないようです。
 彩はパンツを奪取することも考えますが、露乃にあっさりと否定されます。
 一方で、さりなは復讐心で動き、彩が「魔法少女」という言葉を使っていることが気になります。

 彩の兄は「魔法少女サイト」という存在を知ります。
 また、さりなは管理人と対面し……

【感想等】
 冒頭からアイドルが出てきて別のアニメではないかと思ったりします。
 リナさんは今までの行いが行いだけにそのまま退場でもいいのかもしれません。
 テンペストがワルプルギスの夜ならば、彩さんはまどかさんになりうる存在なのでしょうか。

 ステッキを使って虹海さんと接触する方法はうまかったと思います。
 目を輝かせる彼女に驚かされる一方で、裏があるのではないかと思うのは当然の反応かと。
 ウィクロスのあきらっきーさん以来の衝撃かもしれません。

 虹海さんがリナさんの存在を知って敵に回る展開になるのでしょうか。
 さりなさんも魔法少女になって彩さんに復讐を企てるような気がします。
 次々と出てくる敵を前に、彩さんはどう戦っていくのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ヒナまつり 第3話「ホームレス生活入門編」

 ヒナまつりの3話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はアンズさんがホームレスに、瞳さんはバーテンダーさんになってしまいました。
 果たして彼女たちはどこに向かおうとしているのでしょうか。

【内容】
 ホームレスになったアンズは泥棒で食糧を確保しますが、大人達に執拗に追いかけられます。
 アンズは見知らぬホームレスのおじさんに助けられ、彼らの集落(?)にやってきました。
 おじさんは「盗みは犯罪だ」と正論を説き、缶を拾ったり釣り銭を拾ったりしてお金を稼ぐ方法を教えます。 

 お金を得ることの苦労を知ったアンズですが、ホームレス仲間のために酒を買うべきとのこと。
 缶を換金しただけでは足りず、おじさんはお酒を買うお金を出してくれたようです。
 色々と促されたアンズは「むしゃむしゃ」と歌を歌うと、急に打ち解けることが出来ました。

 アンズは缶を拾っていたところを新田に見つかり、ちゃんと食っているのかと心配されます。
 新田は持ち合わせの4万円を与えますが、アンズは「あんたの施しは受けない」と突っぱねます。
 一方で、ホームレスの仲間のことが気になって、謝罪して受け取って頭を下げます。

 4万円を得たかと思ったアンズでしたが、店の人間にほとんど取られてしまいます。
 アンズはホームレス生活が本格的に始まった一方、瞳は脅されてバーテンダーにされていました。
 そして学校の担任の先生がお店にやってきて、ばれないのかと恐れを抱いてしまいます。

 先生は目の前のバーテンさんが教え子ではないかと考えてしまいます。
 気がついたら瞳は「味にはうるさい」という先生にカクテルを与えることになっていました。
 一流店でもお目にかかれない技量は中学生に見えないという結論に至り、一方で瞳の通帳にはすごいレベルでお金が貯まるのでした。

 新田はアンズがホームレスをやっていることに言及し、ヒナは捨てられるのではないかと考えます。
 一念発起したヒナはお部屋の掃除をすることにしましたが、部屋を散らかして、さらに布団を外に飛ばしてしまいます。
 さらには「ヒナへのご褒美」として準備されていたいくらを食べ、さらに腹痛になってしまい、お皿を割ってしまいます。

 そして、「たまにはほめてやろう」と帰宅した新田は一体何を見たのでしょうか。

【感想等】
 ちゃんと学校に通えているヒナさんに比べるとアンズさんの不遇が際立ちます。
 ヤクザな人がメインキャラで、なおかつホームレスの方の生活を垣間見るアニメというのはかなり珍しいです。
 4万円を気前よく出してくれる新田さんはいい人ですが、「お金を得ることは難しい」というのは紛れもない事実なのだと思います。

 アンズさんに続き、瞳さんもまた(お金の入りは缶拾いより良さそうなものの)受難が続くようです。
 学校の先生がやってきたものの、実力で退けたところはすごいなと思います。
 すごい勢いでお金が増えていったという瞳さんがちょっとうらやましいです。

 ヒナさんが彼女なりに一生懸命になったのは言いと思いますが、ことごとく裏目に出たという感じかと。
 たまには褒めてやろうと帰ってきた新田さんがどんな表情をしたのかが気になります。
 次回タイトルに「勘当」という言葉が入っていたところを見ると、ヒナさんが追い出される展開かもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】あっくんとカノジョ 1~3話

 あっくんとカノジョを見て感想を書きます。
 気がついたら今期は短いアニメが妙に多いような気がします。
 ちゃんとお話をまとめきれるのか不安ですが、自分なりにがんばりたいです。

【内容】
第1話「彼氏の実態」
 あっくんに話しかけてくるのんですが、あっくんは冷たくあしらってしまいます。
 そうかと思ったら一人で尾行して写真を撮り、天使だと絶賛する人でした。
 次の日の放課後、あっくんが妙な絵を「下手くそ」といいつつ、その反応に喜ぶのん。
 あっくんは転びそうになったのんを非難する一方でその写真を保存することを考えるのでした。

第2話「手慣れた彼女」
 のんはあっくんに写真を撮ろうと迫りますが、あっさり断られます。
 彼女が言うにはあっくんはツンデレで優しいところがあるのだとか。
 そしてあっくんは「天使」の背中を撮影します。

 のんが言うには22日は夫婦の日とのこと。
 あっくんはどうでもいいとつれない反応をしますが、のんはまだだよねと一言。
 一緒に帰る途中で思わず抱きしめるあっくんですが、次の日はガン無視してきます。
 のんが言うには「あっくんは比例式」とのことなのでした。

第3話「咀嚼(そしゃく)回数」
 あっくんの妹の千穗はのんちゃんが大好きで、兄に悪態をつきます。
 兄は妹の部屋を物色してのんの写真を奪い取ろうとします。
 そしてのんからの連絡を受けた千穗ですが、あっくんが電話を取らないとのこと。

 わざわざ連絡を取りつつも悪態をつくあっくん。
 あっくんの友人である真砂はギャルゲーをやっていました。
 兄・妹ともにのんに首ったけなところがそっくりなのでした。

【感想等】
 あっくんの2面性とそれを手玉に取って楽しむアニメということでいいのでしょうか。
 時間的に2人だけでも手一杯なのかもしれませんが、そのうち新しい子も出てくるはず。
 そんなことを考えつつ、3話まで様子を見てみました。

 1話、2話はタイトルどおりなら、3話は妹さんのお話でした。
 本人を前にした時の反応は対照的ながらも、どちらものんさんが好きという意味ではそっくりなのではないかと。
 のんさんみたいな愛された異質になってみたいと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム