【アニメ感想】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第24話「デラ=グラントの真実」

 ユーノさんの24話を見て感想を書かせていただきます。
 娘さんが洗脳されて敵として立ちはだかり、一体何が何だかよくわかりません。
 そもそも、神帝さんとは一体何者なのでしょうか。

【内容】
 たくやは洗脳されたユーノに攻撃され、ダイナマイトを爆発させつつその場を逃れます。
 仲間と合流したたくやは娘に殺されそうになったことにショックを受けつつも、一時的に記憶を失っているだけと考えます。
 たくやは囚人を助け出そうとしたら因縁のある龍蔵寺だったので驚きます。

 龍蔵寺は神帝が一枚上手だったと言い、彼は娘のことも知っていました。
 アマンダ達はサラと再会し、たくやは龍蔵寺に剣を突きつけると母親が巫女だったことを知って驚きます。
 巫女は神に一部を捧げる必要があり、母は視力を、セーレスは言葉を、ユーノは心を捧げたそうです。

 龍蔵寺は自分を解放すれば娘を救う方法を教えると言い、そこに絵里子先生がやってきます。
 たくやは先生の大胆な衣装に驚きますが、デオ達は龍蔵寺に操られ、その間に龍蔵寺は脱出して去っていきました。
 先生は龍蔵寺を追い、サラは扉を開いて去っていき、たくやは巫女の部屋までやってきていました。

 デオ、カーツがおとりになったおかげでたくやは部屋に入り、ユーノを「俺達は家族だ」と言って説得しようとします。
 たくやはユーノをハグして正気に戻し、アマンダ達は「記憶の間」なる場所にやってきました。
 娘をその場に残したたくやは神帝を攻撃しますが、その正体が亜由美だったことを知って困惑します。

 亜由美はセーレスのことについて土下座して謝罪しますが、たくやは義母が神帝だなんて信じられません。
 雷に撃たれてデラ=グラントにやってきた亜由美は龍蔵寺とともにマザーを調べていましたが……
 龍蔵寺の野望を知った亜由美はマザーと協力して彼を拘束し、自らが神帝となって現在に至るそうです。

 アマンダの前に現われた女性は全員の名前を知っているらしく、デラ=グラントの昔話をはじめます。
 「地球先住民」に大いなる危機が訪れ、神の涙という隕石で滅亡の危機にあったそうです。
 大きな島ごと安全な別次元に移動したのが「デラ=グラント」であり科学者グランティアが中心であったとのこと。

 人々は過酷な環境を生き抜くために自らの体を改造して青年期を長くしたものの、失敗した者も多く存在したそうです。
 怪物は元々は同じ人間であったことが明かされるとともに、デラ=グラントの人間は超念石がなければ生きられないとのこと。
 地球とデラ=グラントは400年の周期で接近するというのは400年周期説が事実であったことを示しますが……

 グランティアは自分の意識を投影したマザーを開発し、それには身体機能を停止してシンクロさせた女性が必要でした。
 このままでは地球とデラ=グラントが衝突するそうですが、巫女が儀式を行うことで2つの世界が助かるそうです。
 儀式が成功すれば巫女であるユーノが消滅するらしく、アマンダは真実に驚いていたら兵士に取り囲まれてしまうのでした。

【感想等】
 龍蔵寺さんが立ちはだかる展開を予感していましたが、実際は捕まっていたので少し驚きました。
 北斗の拳の「南斗最後の将」という前例を考えれば神帝さんが女性なのはそれほど驚くことではないですが……
 ハグして娘さんを助けるところを見ると世紀末でも異世界でもどの世界でも「愛」が最強なのだと実感します。

 神帝さんが女性……までは読めていたものの、まさか義理の母親がここで出てくるとは信じられません。
 デラ=グラントと地球先住民のお話などなど、一気に色々なことがわかって、終わりに近づいてきたことを実感します。
 25話で最終回と言っていませんでしたので、再来週の26話で終わり……ということなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ソウナンですか? 第12話(終)「水の補給方法」

 ソウナンですかの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 紫音さんを見つけ出したほまれさんですが、それだけでお話は終わらなかったようです。
 2人は島に戻ることが出来るのか、しっかりと見届けていきたいです。

【内容】
 ほまれは紫音を見つけ出したものの水はなく、このままでは2人とも脱水症状になってしまいます。
 オープニングの後、2人は洞窟にやってきて淡水を手に入れたもののコウモリのフンで汚染されていました。
 ほまれは「ひどい水だが、これでなんとかなりそうだよ」と言って帰る準備をします。

 いかだをこいで島を目指す2人ですが、脱水症状がますます進んできました。
 汚染された水を持ってきたのは紫外線消毒しているらしく、飲んだらそれ以上に水分を失うとのこと。
 水分は大腸でも吸収することが出来て、肛門から飲むことが出来るとのことですが……

 パンツを下ろせと言われた紫音は困惑し、口から移してもらうことでなんとか命をつなぐことが出来ました。
 今度はほまれに尻を向けられて「今日の出来事は絶対に秘密にしましょうね」とつぶやきます。
 苦労の甲斐もあって2人は島に戻り、抱きついて無事を喜び合い、ついでにパパの声も聞こえてきます。

 睦、明日香が食事を準備していてみんなで食べることに。
 紫音は水については堅く口止めしつつ、ほまれは疲れたのかすぐに眠ってしまいました。
 イノシシ用のトラップを仕掛けるためにフンを塗れと言われて困惑します。

 紫音がトラップにかかって名前つきのパンツをさらしてしまいました。
 そして、パパがモーターボートを使って島へと向かっているようですが……

【感想等】
 連載中作品の常なのか、無人島に漂着したままでお話が終わってしまいました。
 最終回で生命の危機のはずがそれを全く感じさせないオープニングには突っ込まない方がいいかも。
 登場人物の頭文字で「あほむし」というのはなかなかインパクトが強い名前だと思います。

 紫音さんもなんとか助かりましたし、離岸流の危険性が認知されれば目的は半分果たされたのかも。
 肛門から水を吸収する体験はそう簡単にはできない……と言いましょうか出来ればやりたくないです。
 最後にパパが島へと向かっていましたが、2期が放送されて色々な意味で彼女達が助かることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】手品先輩 第12話(終)「はやす先輩/失敗しない先輩/負けない先輩/サイレント先輩/バニー先輩」

 手品先輩の最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 15分枠ということもあって、あっという間に終わってしまったような気がします。
 助手さんは先輩のことをどう思っているのか、わたし、気になります!

【内容】
 掃除当番で遅くなった助手でしたが、まーくんと咲の話し声が聞こえてきました。
 何をやってるんだと突っ込みを入れたら先輩が風船を作るのを教えてもらっていたそうです。
 口で膨らませるにはコツがいるらしく、咲は鼻でも出来ると言ってどや顔を見せます。

 犬は「たらこひねり」だけで出来るそうですが、先輩が失敗して犬はたらこになってしまいました。
 先輩は自分はマジックを失敗しないと言いますが、助手は消費者センターに連絡すると言って突っ込みます。
 縛られてロッカーに閉じこもった先輩は「手錠を外すなんて言っていない」と言い訳しますが……

 助手はそのまま帰ってしまい、先輩はそのまま学校に放置されていました。
 斑さんのところに助手がやってきて部室に入ろうとしますが、斑さんはコーラの瓶を「過冷却」させてきました。
 先輩は2人の様子をうかがい、斑さんは慣性の法則の実験を開始してきましたが……

 助手が今までも密会をしていたのかとベヒモスくんをいじる先輩ですが、斑さんにのしかかっていた助手に困惑します。
 斑さんは気づいたらまーくんや咲まで増えていてさすがに帰ってもらうことに。
 助手は部室で眠ってしまい、先輩は一人で500円玉を飛ばすマジックをやりますが胸に挟まります。

 ハトが勝手に動いたりしますが、突っ込まれないのがちょっと寂しい先輩でした。
 先輩は助手を起こさないでその頭でトランプを立てて、助手は呆れるしかありませんでした。
 そして先輩はバニーさんの恰好をしてあがりを克服しようとしますが……

 助手はマジックよりもむしろ先輩の胸が気になるらしく、先輩はカップのマジックを成功させます。
 そして先輩は大きな胸のカップをさらしてしまうのでした。

【感想等】
 今季は短いアニメがこれと「ソウナンですか」の2つだけだったかと。
 15分という限りある枠の中で色々なお話をやっていくのはそれ自体がすごいなと思います。
 そういえば、作者さんが同じらしい「だがしかし」の2期も15分枠だったような……

 タイトルがタイトルだけに仕方ないかもしれませんが「先輩」のフルネームは最後までわからないままでした。
 先輩、助手さんだけでなく咲さんやまーくん、斑さんやベヒモスくん、ハトさんとオールスター出演は最終回にふさわしいかと。
 バニーさんになった先輩に今季アニメが「ウサギ」推しだったと確信しつつ、出来たら2期を期待したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年9月17日(火):低所得Pもミロ先生も愛子先生もちゃんと先生しているのが素敵です

 昨日は浮上が割と早かったからかお返事もしっかりと出来ました。
 今日はやや出遅れながらもアニメを色々と消化していきます。

 スタミュ(3期12話:終)は2年生の文化祭が始まります。
 大人数のステージは最終回にふさわしいものでした。

 胡蝶綺 ~若き信長~(11話)はまたも新たな混乱が巻き起こります。
 色々あっても帰蝶さんが戻ってきたからよかった……のでしょうか。

 かつて神だった獣たちへ(12話:終)はケインさんとのラストバトルでした。
 終盤は駆け足だったと思いますが、序章の終わりとしてはよかったかと。

 お外を走ってきてから、ありふれた職業で世界最強(10話)を見ました。
 低所得Pもミロ先生も愛子先生もちゃんと先生しているのが素敵です。

 コップクラフト(10話)は怪しかったモゼリーメさんが銃撃されます。
 セマーニ人と地球人との間のいざこざは一朝一夕では終わりそうもないです。

 それなりにお返事をしてから朝ごはんをいただきました。
 今日からフェアリーテイルの前作「レイヴ」を見ていきます。

 やや暑いのも事実ですが気温はわりかし安定してきたかなと思います。
 あと5度くらい下がればちょうどいいのではないかと。

 戻ってきてから、ダイヤのA(3期25話)を見させていただきました。
 好投を続ける栄純さんを見てちょっとうれしくなったのは内緒です。

 ブラッククローバー(101話)はアスタさん達の故郷が襲われます。
 辺境の村にまで攻め入ってきたエルフさんに深い意図はあるのでしょうか。

 一度浮上したはずが油断して寝落ちし、何をやっていたのかと思えてきます。
 明日はこんなことがないように気をつけたいです。

【アニメ感想】ブラッククローバー 第101話「最果ての村の命」

 ブラクロの101話を見て感想を書かせていただきます。
 あちこちで復活したエルフさんが大きな騒ぎを起こしているようです。
 わざわざ辺境の村にまでやってきた彼らの目的は何なのでしょうか。

【内容】
 アスタ、ユノは負けたくないという意地でクラウス、ハモンを退けるも本物のリヒトが立ちはだかります。
 ユノはマナゾーンでリヒトに攻撃を仕掛け、アスタと合体攻撃を放ちますが……
 リヒトはすさまじい魔力を濃縮して2人を吹き飛ばして大きな穴を開けてきました。

 ミモザはユノ、アスタを運び、向こうにはゾラだけでなくノゼルもいるのだとか。
 魔法騎士の体を奪ったエルフ達は仲間を迎えに、そして人間を滅ぼしに行くといってどこかに行ってしまいました。
 目を覚ましたアスタは目の前のアジトが消えていて驚き、ゾラによると王都に向かっているそうです。

 キノコの人はノゼルとともに脱出したそうで、メレオレオナは気を失って眠っていました。
 アスタは雑草を食べて体力を回復させますが、ノゼルが出てきて肉体の自然治癒力を増す魔道具を出してくれました。
 ノエルはボロボロになったキルシュを連れてきて、キルシュは美しいと連呼するのは相変わらずでした。

 王都の魔法騎士からは我々では手に負えないと連絡が入り、ノゼルは同胞を殺しても国を救わねばならないと言ってきます。
 ラックの攻撃はノエルには当たらなかったそうで、ラックがそうさせたのではないかと考えますが……
 ノエルは仲間を元に戻す方法があるのではないかと訴え、ノゼルもどこか安心したような表情を浮かべます。

 アスタ、ユノの故郷である「ハージ村」にエルフとなった魔法騎士が現われます。
 彼らは人間の間の差別を嘆くとともに「僕らは差別しない」と言って全員に平等な死を与えようとします。
 アスタは半裸でいてノエルに怒られ、キルシュはまたも美しいと言っていて妹に悪態をつかれます。

 故郷がピンチであることに困惑するアスタ、ユノですが、ノゼルは片付けてすぐに王都に来いとひと言。
 ノエルはアスタについていこうとしたものの、兄に認められたこともあって王都を目指すことに。
 エルフは毒草を作って村人を苦しめ、シスターが魔法で対抗しますが、人間は等しく無力だと言われます。

 シスターは村の人々が懸命に生きていると訴え、ナッシュはアスタが「可能性は誰にだってある」と言ってたことを思い出します。
 アスタ、ユノがナッシュやシスターのピンチを救い、後は任せろと戦闘態勢になりますが……
 そしてCパートではキルシュが「美しい」と連呼し、妹に「サクラのように散ればいい」と言われるのでした。

【感想等】
 本物のリヒトさんとかパトリさんとか時々ちょっとわからなくなるのは私だけでしょうか。
 叫び声が印象的だったアスタさんが名実ともに切り込み隊長になったことに隔世の感を覚えます。
 王族がエルフにならないのはわかっていたものの、キノコの人が助かっていたことに驚きです。

 ノエルさんが仲間を救うと張り切っているところ、そしてお兄さんに認められたことがうれしかったです。
 シスターさんの奮闘がうれしい誤算でしたし、ナッシュさんの初期のエピソードが拾われていたことも興味深いです。
 意外な形で故郷に凱旋(?)したアスタさん達は見事に人々を救うことが出来るのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム