【アニメ感想】俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 第2話「俺の妹はどこまで高みを目指すんだ」

 俺が好き(以下略)の2話を見て感想を書きます。
 タイトル的に妹さん中心かと思っていましたが、舞さんが積極的にお話に絡むようです。
 一体彼女の正体は何者なのでしょうか(棒読み)。

【内容】
 妹の代理人として表舞台に出ることになった祐さん。
 小説がテレビで紹介されていることにますます期待を抱いてしまいます。
 オープニングの後、舞が祐に声をかけてきますが……

 屋上で、舞はいきなり自分の正体が「炎竜焔」だとばらしてしまいました。
 祐はサインを求めますが、むしろ舞の方が「永遠野誓」の大ファンだと言ってきてサインを求めます。
 嫉妬が吹き飛ぶほどの大ファンになった彼女は同じ本を50冊買うという行動に出たのだとか。

 舞は祐のプライベートを研究すると言い、祐はストーカーではないかと突っ込みます。
 祐が永遠野先生だとばらすと言われては従うしかありませんでした。
 そして涼花は兄が自宅に別の女性を連れてきたことに困惑してしまいました。
 
 部屋に入ってきた舞は写真撮影をはじめ、涼花は「お兄ちゃんはけだものです」と部屋に入ってきます。
 舞は「祐の好きなようにしていいよ」とベッドの上に転がり、涼花は「性犯罪者」がいると警察に電話してきます。
 さらには舞はノートを出してメモを捏造してきて、涼花は身内から性犯罪者を出したくないと言い出します。

 舞が帰宅してから祐は事情を説明し、対抗意識を燃やした涼花はお出かけ(=デート)してほしいと言い出します。
 編集者の篠崎さんは電話でいきなりあえぎ声を出してきました。
 涼花は色々と服を選んでいて、思いっきり兄に着替えを見られてしまいました。

 秋葉原にやってきた祐たちは店員さんが涼花の小説を強くおすすめしていたのを目の当たりにします。
 続いてダブルピース先生の絵のゲームに着目しますが、対象年齢的に色々と問題がありました。
 「アヘ顔」ダブルピース先生は本人が言うには「アヘ顔」という言葉が本体らしいのですが……

 ダブルピース先生は胸を見せつけてきて誘惑し、妹は「兄は大きい胸が好きなんですね」と一言。
 参考にと(エロ)同人誌をくれましたが、なんでもこれが「純愛」というものなのだとか。
 涼花は兄がこんな卑猥なことをしているなんてとショックを受け、最後は倒れてしまいました。

 帰宅した涼花は兄がああいうことを求めてくるのではないかと考えます。
 「女の子の価値は胸では決まりません!」と気合いを入れる涼花さん。
 果たして彼女は「お兄ちゃんの一番」の座をつかむことが出来るのでしょうか。

【感想等】
 お兄ちゃん大好きな妹はよくいますが、常に敬語なのはなにかあるのでしょうか。
 ラノベ作家うんぬんと言われると俺妹やエロマンガ先生(2期を期待してます!)をますます連想してしまいました。
 そして、舞さんが「ヤマノススメ」のここなさんと同じ声優さんと聞いて驚きました。

 舞さんが炎竜先生ではないかと思っていましたが、2話からあっさりとばらしてきたのは驚きました。
 もっとツンツンしてくるのかと思ってきましたが、研究熱心なタイプはこれまでにはあまりなかったように思えます。
 1話では完璧ぶりを見せた妹さんも妙な化学反応を見せてきていろんな意味で衝撃を受けました。

 秋葉原に行く兄妹というと俺妹ですが、さすがに桐乃さんのようにエロゲーに手を出すことはありませんでした。
 周囲の女性キャラが色々とすごいことになっていますが、ダブルピース先生はある意味エルフ先生に匹敵するかもしれません。
 涼花さんが今後どんな行動をするのかに期待しつつ、最後まで完走できるように努力したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】RErideD-刻越えのデリダ- 第3話「集まった者たち」

 デリダさんの3話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル的に色々な方が集まってくるのだと思いますが……
 それ以前に敵が攻めてくる可能性も否定できないのが恐ろしいです。

【内容】
 デリダはネイサンの家にやってきたもののいきなり銃を突きつけられます。
 マージュの親友だったユーリィはいきなり「マージュは死んだ」と言い出します。
 案内された先でマージュの墓を見せられたデリダは途方に暮れます。

 ユーリィは戦争でマージュが死んだと説明しますが、そもそも目の前の男がデリダだとは信じられません。
 そこに怪しい女性が出てきていきなり彼らに攻撃を仕掛けてきます。
 ヴィドーは戦闘を開始しつつデリダ達には「グラハム(車)」に行けと言い出します。

 先ほどの女性は悪名高い殺し屋の「ドナ」という人物なのだとか。
 ヴィドーは料金を上乗せするぞと言いつつも引き続きデリダたちを乗せていきました。
 アンドレイはデリダを取り逃がしたと聞いて憤りますが……

 「この世界は一体どうなっているんだ!」と憤るデリダさん。
 追加料金を示唆されつつもヴィドーとドナとの追いかけっこが始まります。
 映像を見たアンドレイは憤ってケーキをつぶしてしまいました。

 ヴィドーはデリダたちを車から降ろし、非常用の補給拠点に落ち着くことに。
 ユーリィは写真撮影を開始し、ヴィドーはデリダにさらに追加料金が必要だと言ってきます。
 デリダはマージュのことがどうしても気になってしまいますが……

 デリダたちは付近の町で食料を調達することになりました。
 とりあえずユーリィに案内され、市場を散策していきますが……
 この街は戦争から逃れてきた人達が作った町なのだとか。

 デリダはここでユーリィと別れようとしますが、ユーリィは彼をマージュの使っていた部屋に案内します。
 ハドソンというロボットは彼女たちにとって付き合いの長い存在のようです。
 続いてマージュの写真を見せられたデリダは、彼女がデリダは生きていると言っていたことを知ります。

 ユーリィはデリダの涙を見てマージュは生きていると言い出します。
 マージュが誰かに狙われていることからあえて嘘をついたとのこと。
 そして幼い姿のマージュらしい女の子が出てきますが……

 いきなり建物が爆発し、ユーリィは建物から落下しつつもデリダに助けられます。
 どうやらドナ以外の誰かが動いていたようですが、アンドレイは標的もろとも殺すと言われてびびってしまいました。
 ユーリィはマージュに会うためについて行くと言い、デリダはますます報酬を請求されるのでした。

【感想等】
 「マージュは死んだ」と言われてもいささか信じられないというのが多くの意見かと。
 タイトルどおりキャラが集まってきたのは事実ですが、ユーリィさんはただ巻き込まれたというのが正解かもしれません。
 所々で料金を請求されるマージュさんですが、おそらく最後まで払わ(え)ないような気がします。

 殺し屋さんとのバトルがメインかと思いきや、追いかけっこは迫力があってよかったです。
 戦争中という割には市場には割と物品が出回っているような気がするのは私だけでしょうか。
 実は公式サイトを見るまでグラハムというのが地名だと思っていたのはここだけの話です。

 もう一度タイプリープするのかと思っていましたが、マージュさんが生きているなら一安心かと。
 唐突に存在が明らかになったハドソンさんは今後再登場するのでしょうか。
 所々に出てくる小さなマージュさんが気になりますが、それも少しずつ明らかになるのだと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ソラとウミのアイダ 第3話「ルビー、スパイだからな!」

 ソラウミの3話を見て感想を書かせていただきます。
 ルビーさんと聞いて一瞬がんばルビィと頭に浮かんだのは私だけではないはず。
 これで主要人物は打ち止めということで間違いないのでしょうか。

【内容】
 海から魚がいなくなって宇宙に魚を取りに行くようになったご時世。
 実戦訓練をクリアしなければプールを使えないと言われた春たちは途方に暮れます。
 春、波乃のバランスがいいはずなのですが相変わらず言い争いをしていました。

 思い返せば、春は1匹でも大変だったのをわざわざ3匹捕まえると言っていました。
 なお、3匹という数字はかつて風祭さんが出した最高記録なのだとか。
 春は「大事なのは気合い」と言い、波乃は「もう付き合ってられない」と怒ってしまいます。
 
 周囲に言われたこともあって、春は波乃にアプローチを仕掛けますが……
 結局は波乃との関係はますます悪化してしまいました。
 他のメンバーが手伝うと言い出し、波乃についての情報を収集していきます。

 風祭さんによると波乃は甘くないパンケーキが好きなのだとか。
 色々食べ歩いてきますが、なかなかこれといったものが見つかりません。
 春は尾道らしさを生かしたパンケーキを作ると言い出しますが……

 波乃が走っていると、鍵谷が色々とちょっかいをかけてきます。
 寮に戻ってみると春たちがパンケーキ作りを失敗していました。
 とりあえず気を取り直して作業を再開しますが、波乃は日頃の行いが悪いと言ってのけます。

 真紀子たちはチームワークが必要だからパンケーキを作る(意訳)と言い出します。
 春はレモンを確保するために厳島までやってきたのだとか。
 波乃は思いっきり転んでしまい、春は日頃の行いうんぬんと言って口論になります。

 色々ありながらも一緒に料理を作ることになりますが、それを覗いている金髪の女の子(ルビー)が気になります。
 波乃はパンケーキを食べて笑顔を見せつつ、食べてからは特訓をすると意気込みます。
 心なしか春と波乃は行動を共にして息が合ってきているようですが……

 色々と訓練をした後、いよいよ「実戦訓練」の本番がはじまります。
 波乃から色々教わった春はアメノヒワシを呼び出そうとしますが、忙しいらしくてうさぎさんが出てきます。
 訓練用のロボットマグロにはこれまでの漁のデータが入っていて強敵でした。

 たちまちに真紀子はリタイヤ扱いとなりますが、波乃はなんとか1匹目を取ってきます。
 鍵谷はあと3分もないからもう無理だろうと言いますが……
 春はおばあちゃんに魚を食べさせるんだと意気込みますが、波乃と言い争いになってしまいます。

 残り1分を切り、鍵谷はこれ以上は時間の無駄だと言い出して係長と言い争いになります。
 そこに新しいロボットが出てきますが、中身は先述のルビーでした。
 ルビーはあっさりとマグロを2匹捕まえて訓練はクリア扱いになっていました。

 係長によるとルビーは6人目の女子部であり、プール使用に文句はないだろうと一言。
 本来は明日来るはずだったルビーはこれまで全員を見守ってきたのだとか。
 そして彼女は「スパイだからな」と意味深な発言をするのですが……

【感想等】
 毎回ながら突っ込みどころ満載……というか突っ込みだらけのアニメでした。
 別の人が言っていたのですが、養殖という選択肢はないのでしょうか。
 地域振興という意味では地方(広島)を舞台にしたのはいいことだと思います。

 いきなりピンチを作ってしまった春さんですが、今回はさすがに反省せざるを得なかったのかも。
 いちいちちょっかいをかけてくる鍵谷さんは実は波乃さんのことが好きなのでしょうか。
 そしてさりげなく出してくる地域要素は観光にも波及すれば言うことはありません。

 タイトルのルビーさんの登場は思ったより少なく、それ以前にパンケーキを食べた波乃さんがすごく可愛かったです。
 唐突におばあちゃんの話題を出してくるとおばあちゃん子としてはちょっと涙腺が緩みます。
 スパイといってももちろん某忍者とは関係ないと思いますが、これから一体どうなってしまうのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年10月17日(水):最近は「はなこ」というお名前のキャラが多いように思えます

 昨日は浮上も遅れ、あまりお返事も出来ていませんでした。
 今日は少し早く目が覚めたのでいつもどおりアニメを消化していきます。

 人外さんの嫁(3話)はクラスメイトも「嫁」みたいです。
 そもそも主人公が男性なのに「嫁」とはどういうことなのでしょうか。

 軒轅剣 蒼き曜(3話)は少しずつ戦いに巻き込まれていきます。
 主人公姉妹とショウさんはいずれ戦うことになるのでしょうか。

 風が強く吹いている(3話)はついに女性キャラが登場します。
 音楽少女、あそびあそばせに本作と、最近は「はなこ」というお名前のキャラが多いように思えます。

 CONCEPTION(2話)は「巫女」の紹介という位置づけかと。
 グランバニア=ドラクエ5というイメージがまだまだ抜けませんが……

 お外を走ってきて、お返事をしてから朝ごはんをいただきます。
 ゼロ魔2期はあのお方の意外な過去が明らかになりました。

 お天気は比較的安定していますが、朝晩との気温差は激しいです。
 夕方になるとすっかり暗くなり、冬が近づいたのだなと実感します。

 戻ってきてからゼロ魔2期をもう少しだけ見ます。
 このペースなら明日で完走できそうな気がしますが……

 ガンダムSEEDの4クール目をまとめてから浮上しました。
 あと2日、なんとか乗り切れるようにがんばろうと思います。

【アニメ感想】ラスボスに論破されつつ「機動戦士ガンダムSEED(のうち41~50話)」を見ました!

 今(2018年10)月と来月でSEEDを見ようかなと思っていましたが、気がついたら1ヶ月が経たないうちに最後まで見続けてしまいました。
 3クール目は親友との殺し合いやミリアリアさんの豹変など、視聴当時からやけに印象に残るシーンが多かったです。
 このあたりから最終決戦に向けて敵味方ともに役者がそろい、声優さんの演技にもひときわ力がこもっているように思えます。

【内容(4クール目)】
PHASE-41 ゆれる世界
 アークエンジェルの皆さんはオーブの皆さんとともに宇宙へ上がりますが、カガリは父を失ったショックで塞ぎ込んでいました。
 キラはカガリを励まそうとして抱きつかれ、オーブの「クサナギ」には技術者のエリカが乗っていたりします。
 ウズミは死に際にカガリにはきょうだいがいるといっていましたが、カガリはまだそのことを受け入れることが出来ないようです。

 一同は目的地をL4に定めますが、ムウはアスランに(父親がトップにいる)ザフトと戦闘する覚悟はあるのかと問います。
 アスランは自分の目指す世界はムウたちのそれとは同じだと説明し、ムウはオーブから託されたものは大きいのだと一言。
 彼らと同じように平和を望むラクスはオーブ国内では「反逆者」扱いされ、パトリックとの情報合戦を繰り広げます。

 パトリックはコーディネーターは進化した種であると告げますが、ラクスはそれを否定し、戦いの早期終結を訴えます。
 クルーゼは「様々な思惑が絡み合うのが戦争」とイザークに告げ、ラクスはダコスタとともに移動を開始します。
 ラクスはビクトリアは連合が奪還したこと、さらにはシーゲル(父親)が暗殺されたことを知らされます。

 アズラエルはフリーダム、ジャスティスは核エネルギーを使っているのではと推測し、自ら宇宙へ上がると言い出します。
 コーディネーターに返り討ちにされたことや母親に自分をコーディネーターにしてほしいと言われてビンタされたことを思い出すアズラエル理事。
 カガリはウズミが残した写真を見せ、キラとカガリは双子のきょうだいであることが本人の知るところになります。

 アズラエルは宇宙に上がり、クルーゼはフレイやイザークとともに本国に戻ることになりました。
 フレイはクルーゼに(中の人が同じ)父親の姿を重ねてますます依存し、カガリはウズミの実の娘ではないと考えて泣いてしまいます。
 アスランはプラントに戻って父親と話をしてくると言い出し、ナタルは「ドミニオン」の艦長に就任することになりました。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム