【アニメ感想】LOST SONG 第12話(終)「始まりの歌」

 ロストソングの最終回を見て感想を書きます。
 ファンタジーの世界観に惹かれて見始めたら意外とハードだったのは今ではいい思い出です。
 はたしてみんなが笑顔になるハッピーエンドとなるのでしょうか。

【内容】
 リンたちが王都を目指す中、フィーニスが先手を打つように「終滅の歌」を発動させます。
 ヘンリー達は一足先に王城に到着して国王の身柄を確保しようとします。
 星が近づいていることが気になりますが……

 宮廷楽団が逃げ出しているのを見つけたポニーたちはそれを追いかけることに。
 アルはヘンリーの所に向かうところで自分の気持ちを押し殺して「信じている」と告げます。
 しかし、バズラは巨大な戦艦を操って国王たちを吹き飛ばしてしまいます。

 リンはフィーニスの元へ向かい、「助けに来たよ」と一言。
 フィーニスは「あの人のいない世界なんて意味が無い」とすでに終滅の歌を発動させたことを告げます。
 そしてポニーは自分が王家の人間(アレア)だと言い出し、周囲は騒然となります。

 ヘンリーは次々と仲間を失う中、アルが「考えがある」と一言。
 バズラのコアを破壊すると意気込むアルに続き、フィーニスは「もう耐えられない」と涙を流します。
 リンは自分もまた大切な人を失ったことを告げ、これ以上は失いたくないと決意を示します。

 リンは自分がフィーニスの癒やしの歌であると告げ、自分が改めて歌うのだと一言。
 王都は混乱状態となりますが、国王は死んだものの王子は普通に生きていたようです。
 王宮を吹き飛ばそうとするバズラにアルは特攻しますが、彼を倒すには至りませんでした。

 ヘンリーはバズラに飛びかかり、アルとともにバズラを貫きます。
 リンは終滅の歌と癒やしの歌が同じ図形譜であることには意味があるのだと告げます。
 アルはリンの元へ向かいますが、ヴァイゼンはそんな彼に「真実」を告げるのでした。

 リンは癒やしの歌を歌いますが、フィーニスに思いが伝わったのならばリンは消滅を免れないのだとか。
 アルを前に笑顔を見せたリンは宮廷楽団とともに癒やしの歌を発動させます。
 リンとフィ-ニスの歌が重なり合い、破壊された全ては元に戻っていきますが……

 フィーニスはリンの消滅に涙を流し、アルもまた涙を流します。
 ヘンリーが将軍となり、ポニーさんが女王様になり、アリューたちは実家に戻ったようです。
 アルは王都で研究をすることになり、フィーニスは身重の状態のようです。
 そして、リンの歌は星の運命すら変えたと結論づけるのでした。
 
【感想等】
 今期アニメも次々と終わりを迎え、この作品も終わりかと思うとなんだか寂しくなってきます。
 終わりは新たなお話の始まりということなのかもしれませんが……
 バズラさんのすがすがしいほどの悪役ぶりはラスボスにふさわしいと思います。

 ネタキャラだと思っていたポニーさんがお姫様というのを想像した人はほとんどいないはず。
 アルさんがここまで男を見せるのも期待をいい意味で裏切ったと思います。
 そしてリンさんの必死の訴えを聞いて、自分自身の失ったモノを思い出して思いっきり涙を流します。

 最後に奇跡が起こってリンさんが出てくるのかと思っていましたが、さすがにそれはありませんでした。
 考えようによってはフィーニスさんの子供がリンさんというオチなのかもしれませんが……
 色々なことを考えつついったんは筆を置きますが、また新しい作品を探すことになりそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年6月23日(土):新田さんの受難はまだまだ続くのかもしれません

 昨日は浮上したもののほとんどお返事できず寝落ちしました。
 出遅れつついつもどおりアニメを見ますが、この時期ゆえに最終回が多いです。

 あっくんとカノジョ(12話:終)は定番の夏祭りで終わりました。
 一方で、異世界居酒屋(11話及び12話)はもう少し続きそうです。

 ヒナまつり(12話:終)は、うまく1話につなげる形で終わりました。
 新田さんの受難はまだまだ続くのかもしれませんが……

 魔法少女サイト(12話:終)は、一応はハッピーエンドなのでしょうか。
 彩さんみたいに「天使」のような女の子になりたいです。

 刀使ノ巫女(24話:終)は、うまくまとめてくれたような気がします。
 一方で、ビートレス(19話)は相変わらずお話は難しいです。

 グランクレスト戦記(24話:終)は吸血鬼さんとの最終決戦でした。
 最後の最後まで綺麗にやってくれたのはよかったです。 

 お外を走ってきてから
 とらドラ!(23話)
 覇穹 封神演義(22話)
 七つの大罪 戒めの復活(22話)
 ガンダムビルドファイターズトライ(19~20話)
 を見させていただきました。

 できる限りお返事をして一旦離脱します。
 やることがいろいろある中で思いっきり眠ってしまったのは不覚でした。

 お昼からは家のお手伝いなどがあって浮上してないです。
 最近は人間が一番恐ろしいなとつくづく思います。

 夕方には、
 僕のヒーローアカデミア(50話)
 メジャーセカンド(12話)
 を見ました。

 家事などでかなり遅れつつも一応は浮上させていただきました。
 明日はちゃんと起きられるようにがんばりたいです。

【アニメ感想】メジャーセカンド 第12話「バッテリーデビュー!」

 メジャーセカンドの12話を見て感想を書かせていただきます。
 大吾さんのミスもあってピンチが続き、ちょうどいいタイミングで光さんが来てくれました。
 光さんがどんなピッチングで相手打線を抑えるのか、わたし、気になります!

【内容】
 大吾のタイムリーエラーもあって相手チームに同点に追いつかれてしまいます。
 心が折れた大吾の前に現われたのは群馬に引っ越したはずの光でした。
 大吾は冷静さを取り戻し、寿也も息子が来たことにちょっと安心します。

 回想シーンになり、大吾は速球からスローボールの練習をしていました。
 スローボールの方がタイミングが取りづらいとのことですが……
 練習を踏まえて大吾がヒットを飛ばして果敢に二塁へと進みます。

 「光に今の俺の全力を見せるんだ」と大吾は全力の走塁で勝ち越しに成功します。
 光はベンチに入れられないようにわざと遅れてきたとのこと。
 しかし、アンディと卜部という急造バッテリーのせいで危機が広がってしまいます。

 アンディは肉離れを起こして病院送りになり、代わりに松原が投げることに。
 寿也は「投げられるなら投げる気あるか」と息子に問います。
 松原はコントロールが定まらず、田代は光をピッチャーにすると言い出します。

 卜部は光の起用に反発し、ノーコンじゃねえかと罵声を浴びせます。
 田代は卜部をなだめ、寿也は光にプレーでチームの一員と認めさせるべきと告げます。
 光のボールが速くて卜部には捕球できず、そこで大吾をキャッチャーにすることになりました。

 ずっと練習してきたこともあり、大吾は光のボールを取ることができるようです。
 とはいえ一打逆転のピンチは初心者には厳しいシチュエーションですが……
 田代はタイムをとってセットポジションで投げろと言いますが、どうしても不安が残ります。

 セットポジションにフォームを変えた光ですが、今度は制球や球速が落ちてしまいます。
 大吾はワインドアップに戻すようにと告げ、光は連続でストライクを取ってまず1人をアウトに取ります。
 相手チームはスクイズを仕掛けてきて光はワイルドピッチをしますが、光は打球を体で止め、追加点を阻止します。

 光の速球で相手バッターを抑え、そのまま初戦を突破した三船ドルフィンズの皆さん。
 果たして次の試合相手はどんなところなのでしょうか。

【感想等】
 タイトルが軽いネタバレなのですが、早い段階で約束が果たせたのはよかったかと。
 前回の失敗からの流れを自分のヒットや走塁で変えてしまうところも好きです。
 一生懸命さが伝わってくるという意味では前作の吾郎さんよりも上のようにも思えます。

 アンディさんの負傷も光さんが出るためには仕方なかったのかもしれません。
 選手達の板挟みにあう田代さんも色々大変そうで、なんだか同情を禁じ得ません。
 若干強引な流れかもしれませんが、タイトルどおりバッテリーを組むのはよかったです。

 いろいろありながらも最終的に試合に勝てたのはよかったと思います。
 次回は2回戦かと思っていましたが、今度は睦子さんがメインのお話になるようです。
 個人的には彼女にも結果を残してほしいなと思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第50話「終わりの始まり 始まりの終わり」

 ヒロアカの50話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル的に最終回なのかなと思っていましたがそんなことはありませんでした。
 出久さんのお母さんの発言については親としては当然だと思われます。

【内容】
 ワン・フォー・オールの残り火を使い果たしたオールマイトは出久へ「次はキミだ」とメッセージを送ります。
 オープニングの後、警察では今回の事件を踏まえた会議が行われていました。
 オールマイトの引退と死柄木の「成長」を前に、警察もまた改革が必要だと結論づけます。

 入院中のオールマイトは引退を確定させつつも、死柄木のことが気になってしまいます。
 師匠であった志村菜奈は夫を殺されていたことから子供を里子に出していて、関わらないでほしいと言い残していました。
 それでも死柄木を探そうと考えるオールマイトですが、グラントリノに思いっきり反対されます。

 出久は轟くん達と合流した上でかっちゃんを警察に引き渡し、それぞれ帰路につきます。
 エンデヴァーはオールマイトの引退によってナンバーワンとなりますが、そんなことは認めんぞと暴れていました。
 出久は帰宅したものの、オールマイトに呼び出されて公園へと向かいます。

 言いつけを守らない出久を殴ったオールマイトでしたが、出久がはじめて怪我をしないで戻ってきたことがうれしいと告げます。
 校長先生はオールマイトたちに感謝をしつつ、生徒を守るためにかつてより考えていた「全寮制」への移行を決意します。
 オールマイトと相澤先生は保護者を回って説得するのですが、耳郎さんのご両親もかっちゃんの母親もあっさりと了承します。

 かっちゃんはオールマイトに「デクはあんたにとって何なんだ」と問いかけます。
 オールマイトは「生徒だよ」と事実を隠しますが、かっちゃんは察して「言いたくないならいいわ」と一言。
 続いてオールマイトは出久の家にやってきて雄英高校が全寮制になることを説明するのですが……

 出久の母(引子)は雄英に入ってから息子がボロボロになるのを見て、無個性の方がよかったのではないかと言い出します。
 今の雄英に息子を通わせたくないと言い出す母親に、出久は「雄英でなくてもいい」と言いつつ、洸汰からの手紙を見せます。
 出久の決意を見たオールマイトは土下座して頭を下げ、出久は自分の後継者であると告げます。

 これからの雄英高校を見てほしい、命に代えても出久を守ってみせると訴えるオールマイト。
 引子は「生きて守ってください」と告げ、出久が引き続き雄英に通うことを許可するのでした。
 一方、師であるオール・フォー・ワンを失った死柄木は一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 最終回ではないものの、一つの締めくくりともいえるお話でした。
 敵味方ともに「師」から「弟子」への世代交代を意識するお話で間違いないはず。
 オールマイトさんのあのムキムキを見られないと思うとちょっと寂しさを感じます。

 思わぬ形でナンバーワンとなったエンデヴァーさんの心中は複雑なのだと思います。
 轟くんのお姉さんが出てきますが、彼女は普通に育っている感じだったのでよかったかと。
 あと、かっちゃんのお母さんが息子にそっくりだった一方でお父さんの立場が危うい感じでした。

 生徒の安全のために全寮制にするとのことですが、序盤はあっさりと了解されたところに信頼が残っていたのだと考えます。
 出久さんのお母さんは反対しますが、子供を心配する親ならばむしろこの反応の方が普通だと思います。
 一瞬、出久さんが別の学校に転入するのかと心配しましたが、そんなことはなくてよかったです。

 次回は入寮するお話のようですが、時期的に見ると3期の最終回なのでしょうか。
 2期3期と順調に進んでいるだけに4期も期待したいですが、原作ストックがたまるまで時間がかかるのかもしれません。
 今度放送があるときには死柄木さんの過去が明らかになることを期待したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】七つの大罪 戒めの復活 第23話「英雄、立つ!」

 七つの大罪の2期23話を見て感想を書きます。
 前回がエスカノールさんの活躍ならば今回はメリオダスさんの復活とその活躍ということでしょうか。
 どう見ても2期では終わりそうはないのですが、そのあたりは3期の放送に期待しましょう。

【内容】
 エスカノールがゼルドリスやエスタロッサを退けますが、王都の危機は続きます。
 「十戒」デリエリに襲われたエリザベスを救ったのは、本作主人公のメリオダスでした。
 エリザベスは昔のメリオダスに会ったと告げ、改めて「おかえりなさい」と告げます。

 復活したなり「服装チェック」をするメリオダスに「もっと触って」と抱きしめるエリザベスさん。
 ザラトラスはメリオダスの「化け物」ぶりに驚いていましたが、そこに再びデリエリが立ちはだかります。
 メリオダスは「お前達を殺したくない」と言いつつ、モンスピートもろともデリエリを焼き払います。

 王都ではヘンドリクセンがドレファスを乗っ取ったフラウドリンと対峙します。
 グレイロードは女王種と呼ばれる特殊な魔神であり、自分の子供である魔神を生み出してしまいます。
 さらに魔神を殺してしまうと戒律に触れてしまい老化した末に亡くなってしまうのだとか。

 正体を現したビビアンはギルサンダーを逃がしますが、危機は続きます。
 グスタフは妹を助けようとし、そこでマーリンが遅ればせながらも登場して「十戒」をモルモットにすると言い出します。
 時間を停止したマーリンには寿命を奪うというグレイロードの「戒言」は通用しないようです。

 マーリンは自分の本当の名前を告げますが、なんでも人間には発音できないのだとか。
 あっさりとグレイロードを実験器具に捉えてしまいまうマーリンさん。
 「ドレファスを返してもらう」とヘンドリクセンがフラウドリンに迫り、さらにザラトラスが乱入してきます。

 ヘンドリクセンとザラトラスは共闘してフラウドリンと戦闘をします。
 パージでは十戒を浄化することはできないのならば、もう殺すしかないのでしょうか。
 魔神を吸収したホークが隙を作り、ザラトラスは自分の命と引き換えにフラウドリンをドレファスから引き剥がします。

 ヘンドリクセンはフラウドリンがメリオダスへの復讐に執着していたことを告げます。
 息子の声で復活したドレファスは「人間をなめるな」と必殺技を放ちます。
 ドレファスとヘンドリクセンは抱き合って互いの無事を祝い、ザラトラスはドレファスは強いなと言い残して消えていきます。

 倒したはずのフラウドリンは巨大化して生きていました。
 窮地に陥ったヘンドリクセンを救出したマーリンさん。
 そしてメリオダス(の分身)が現われ、フラウドリンと戦闘を始めるのですが……

【感想等】
 復活したメリオダスさんですが、セクハラも忘れないところが面白いです。
 彼のあまりの強さを見て、サイヤ人のように復活したことでパワーアップしたのではないかとすら思えてきます。
 マーリンさんもチートぶりを見せつけてきて希望が見えてきたような気がします。

 ザラトラスさんの活躍はよかったのですが、個人的にはギルサンダーさんとの父子の対面が見たかったです。
 父親と再会できたグリアモールさんは子供の姿に戻ったままなのでしょうか。
 1期からのわだかまりも解けたようで、なんだか肩の荷が下りたような気がします。

 1期からの因縁のあるフラウドリンさんが2期のラスボス扱いということでしょうか。
 Cパートの卒業式のホークさんもちょっと可愛いなと思ったりします。
 次でフラウドリンさんを倒して2期が終わりますが、映画はできれば見に行きければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム